スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

『カレイドスコープ/孤独のヒカリ』 加賀美セイラ 

カレイドスコープ/孤独のヒカリ(DVD付)

モデル兼女優でもある加賀美セイラの歌手デビューシングル『カレイドスコープ/孤独のヒカリ』(10月24日発売)。まず1曲目『カレイドスコープ』は、作詞に吉元由美(加賀美と共作)、作曲に杏里という豪華な布陣を迎えた、セカインドラインに通じる軽やかなリズムを用いたカラフルなナンバー。前述のリズムやギターの明朗なストロークなど、全体的に躍動感に溢れながらも、まるでそよ風のような優しい聴き心地を与えてくれるのは、杏里のペンによる落ち着いたメロディーラインと、加賀美自身のナチュラルな歌唱が癒しをふんだんに含んでいるからだと思います。英語の発音も、カナダ人と日本人のハーフという事もあり流暢やし、なかなかの好印象です。

2曲目『孤独のヒカリ』は、哀感のこもったブルース調のスローナンバー。こちらでは一転して、線の太い歌唱を披露しており、1曲目とはまた一味違った彼女が窺えるんではないでしょうか。てかこれ聴いてると、若干声質が木村カエラに似てるなーと思ったw

★★★★★★★★☆☆

公式ページ(試聴できます)
PV

『花の名』&『メーデー』 BUMP OF CHICKEN 

花の名   

BUMP OF CHICKENのニューシングル『花の名』『メーデー』(ともに10月24日発売)。
『涙のふるさと』以来約11ヶ月ぶりとなるシングル作は、彼ら初の試みとなる2枚同時でのリリース。

まず1枚目『花の名』は、アコギの音色が心をくすぐる素朴な風情のスローナンバー。大ヒットを記録した映画の続編「ALWAYS 続・三丁目の夕日」主題歌に起用されています。楽曲は同映画のために脚本などを元にして書き下ろされたもので、歌詞では同映画の重要なコンセプトである”人と人との繋がり合い”を彼ららしい人間味あるタッチで綴っており、歌詞を意識しながら聴くと、Vo.藤原の歌唱も相まって、あまりの温かさに涙が出そうになります。音の1つ1つをとっても徹底して”素直な響き”を追求しており、”シンプル イズ ベスト”の極みとも言える1曲に仕上げています。実を言うとBUMP自体は言うほど好きではないんですけど、この楽曲を聴けば、BUMPが世間から絶大な支持を得ている理由が自ずと分かる気がします。

カップリングには、藤原が初めてハーモニカを用いた、「車輪の唄」を彷彿させる軽快なアルペジオが印象的な新曲『東京賛歌』と、アンニュイな歌いまわしにハマる恒例のシークレットトラック『柿』を収録。

★★★★★★★☆☆☆
公式ページ


『エトセトラ』 ONE OK ROCK 

エトセトラ

元NEWSの森内貴寛がVo.を務める5ピースバンド・ONE OK ROCKのニューシングル『エトセトラ』(10月24日発売)。前作『努努-ゆめゆめ-』以来3ヶ月ぶりとなるニューシングルは、別れに対して複雑に交錯する感情を荒々しく吐き出す鈍重ミディアムチューン。メジャーデビューからの前2作も割とシリアスな世界観でしたが、今作ではそれを更に掘り下げており、尚且つサウンドやハイトーンを駆使したVo.により聴き手の心を掻き立てる物々しい雰囲気も十分に醸されています。作詞は今作も森内扮するTakaが担当、キャッチーなメロディーラインを十分に生かした言葉選びが秀逸です。ただメロディーフロウの仕方が、あの押尾学先生を激しく彷彿させるんですよねぇ。おそらく多分に影響を受けているのかとw

カップリングの『後悔役に立たず』は、起伏の激しいメロディーが癖になる爽やかミクスチャーチューン。アグレッシブなギターフレーズがいちいち格好よすぎるw(*´д`*)ハァハァ

そして11月21日には、メジャー後初となるフルアルバム『ゼイタクビョウ』のリリースも控えています。将来を有望視出来る希代のティーンズ・バンドなので、購入予定です。

★★★★★★★★☆☆
公式ページ(試聴できます)
PV

『Urban Mermaid』 伊藤由奈 

Urban Mermaid【初回生産限定盤】

伊藤由奈のニューシングル『Urban Mermaid』(10月24日発売)。
「Mahaloha」以来4ヶ月ぶりとなる新作は、世の中の女性たちへ贈る等身大の応援ソング。ラックス「スーパーリッチシャイン」のCMソングとして、発売前からオンエアされていました。ギターに天才ギタリスト・押尾コータローを迎えたライトなポップチューンで、燦々と光を照り返す水面のような瑞々しいアレンジと、清涼感溢れる彼女の歌声が魅力です。これまでR&B、2STEP、ハワイアンなど様々なタイプの楽曲に果敢に挑んできた彼女ですが、こういう正統派なアレンジによるポップチューンは、シングルでは『Pureyes』以来かな?

カップリングには可愛らしいシンセサウンドから幕を開けるスムージーなダンス・チューン『Colorful』と、元Def TechのMicroとのコラボも話題になった前シングルのトロピカルなリミックス『Mahaloha-Gira Mundo“City Lights at Night”Remix-』を収録。

★★★★★★★☆☆☆
公式ページ(試聴できます)

『最期の川』 CHEMISTRY 

最期の川

CHEMISTRYのニューシングル『最期の川』(10月24日発売)。
R&B路線に回帰した前作『This Night』以来約3ヶ月ぶりとなる新作は、全人類の永遠のテーマである「生と死」について厳かに歌い上げるシンプルな構成のピアノバラード。10月27日公開の映画「象の背中」主題歌に起用されています。作詞にはこれまで数々の楽曲を世に送り出した日本を代表するプロデューサー・秋元康を迎えており、シリアスな世界観を、実に柔らかな筆致で具現的に描き出しています。ここらへんは大御所の手腕の見せ所といった感じです。歌い手二人の、情感溢れる繊細なVo.が織り成す余韻も、十二分に後を引きます。死は誰にも必然的に用意されているこの上なく儚いものですが、これを聴くと、だからこそ精一杯人生を生きていこう、という力強い意志が漲りました。

カップリングにはピアノのみの構成によりハーモニーがより際立っている同曲の『Pf Ver.』を収録。

★★★★★★★★☆☆

『iNNOVATiON』 TRF 

iNNOVATiON(DVD付)

デビュー15周年を迎えたTRFのニューシングル『iNNOVATiON』(10月17日発売)。
新曲音源としては7月の配信シングル以来、CDシングルとしては約1年振りとなる新作は、アラビアンな雰囲気を漂わせるサウンドで聴き手を異世界へといざなう眩いダンスアッパー。イントロのどっしりとしたベース音に始まり、サビでのYU-KIのセクシュアルな魅力が映えるエネルギッシュなボーカル、そしてキャッチーながらも細部にスパイスの効いた構成など、まさに”革新的”なアプローチ満載で、15周年という節目を迎えて、更にネクストレベルへの覚醒を遂げた彼らが窺える1曲になっています。アレンジ・作曲は「Where to begin」なども手がけた原一博。どうりで「Where to begin」にも通じる燦々としたアグレッシブさがあるなーって思ったわけだw
PVもこの上なく荘厳で、必見です!

カップリングの『one love-Sun on the moon-』は、明解なタッチの爽やかポップナンバー。加えていかにも夏っぽい楽曲なので、みんなでワイワイ出来そうですw

ETSUさんお大事にー(-∧-;)

★★★★★★★★☆☆
公式ページ

『イッツ マイ ソウル』 関ジャニ∞(エイト) 




関ジャニ∞(エイト)のニューシングル『イッツ マイ ソウル』(10月17日発売)。
今年2枚目となるシングルは、一途に好きな女の子に邪険にされてもめげずに尽くすという、言わば誇らしき日本男児魂を歌ったファンキーなアッパーチューン。前作同様、晴れやかな曲調とポジティブで率直な歌詞に、元気をもらう1曲になっています。作曲にはSMAPの青いイナズマなどで知られる林田健司を起用しており、彼の明解ながらも奥深さの追求されたメロディーによって、全体のツカミはバッチリなはずですww 個人的には、メンバーの渋谷すばるのいつも以上に気合のこもったビブラートに注目していただきたい!w

カップリングには、1曲目同様ホーンをフィーチャーした2曲を収録。『あの言葉に』は、ビートの効いた大らかなミディアムチューン。『ヨリミチ』は、3曲中最も親しみを感じる溌剌とした激励ナンバー。歌詞のさりげない筆致に、勇気付けられるはずです。

★★★★★★★★☆☆

『都会っ子 純情』 ℃-ute 

都会っ子 純情(初回生産限定盤)(DVD付)

全員がハロプロ・キッズ出身の7人組アイドル・グループ℃-ute(キュート)のニューシングル『都会っ子 純情』(10月17日発売)。メジャーデビュー後3作目となる新作は、昨今のモーニング娘。のシングル楽曲に顕著見られるようなパンキッシュなデジタルサウンドを用いたキャッチーなダンス・チューン。曲の最初と最後に寒い台詞(特にラストの「心のなか見抜いてほしい」の垢抜けない台詞回しには笑ったw)を言わせたりと、相変わらずつんく♂の異端なプロダクションぶりには色んな意味で恐れ入るんですが、歯切れよいメロディーやシリアスな歌詞、いやに直向な曲調など、中身自体は割と硬派な仕上がり。まぁ台詞に関しては今に始まったことでもないし、一見洗練されたタイトルとの好適な対比にもなってていいんじゃないっすかね┐(´∀`)┌ てかメジャー後の作品は今作が初聴きとなったんですけど、インディ時代より格段に歌が( ゚Д゚)ウマーくなっててビックリ!

カップリングの『私立共学』は、恋に浮き立つ今時の女子を爽やかに描いたミディアム・ポップチューン。お茶目なユニゾンに不覚にも聴き入ってしまった自分がいる・・・w

★★★★★★★☆☆☆


『リアル/She』 榎本くるみ 

リアル/She

これからが期待される女性シンガー・榎本くるみのニューシングル『リアル/She』(10月17日発売)。5月発売の『NOTEBOOK Ⅰ~未来の記憶~』以来となる新作は、しなやかさと刺々しさを兼備したリリカルなロック・ナンバー。主人公が、タイトルにもある”リアル”という存在に対峙出来るまでのプロセスを描いた歌詞は、誰にも一度は経験のある現実に対する逃避や嘆きを率直に綴っており、聴いていると、まるで隠していたものが急に露になった時のように、一瞬ハッとさせられるはずです。イメージとしては、Coccoや鬼束ちひろの筆致を柔らかくストレートにした感じかな。なので上に挙げたアーティストが好きな方には是非一度聴いてもらいたいです。 編曲も、Coccoの楽曲を手がけてきた根岸考旨氏やしw それにしても、ラストの鬼気迫るシャウトが何とも意味深や・・・。

彼女の楽曲はこの名義でデビューした当時から聴いているんですが、アルバムを経て更に凄みを増したというか、特に声における独自のオーラが凄絶なんですよね。圧巻です。

2曲目『She』は、「愛」という目に見えないものを深く突き詰めたヘビーなミディアム・ロックナンバー、そして『Cure』は、ほぼピアノのみで構成される涙なしでは聴けない至極のスローチューンになっています。

★★★★★★★★★☆
公式ページ


『LALALA feat.若旦那(湘南乃風) / FUTURECHECKA feat.SIMON, COMA-CHI & TARO SOUL』 加藤ミリヤ 

LALALA feat.若旦那(湘南乃風)/FUTURECHECKA feat.SIMON,COMA-CHI&TARO SOUL

加藤ミリヤのニューシングル『LALALA feat.若旦那(湘南乃風) / FUTURECHECKA feat.SIMON, COMA-CHI & TARO SOUL』(10月17日発売)。今年4枚目のシングルとなる今作は、その両方の楽曲に客演アーティストを迎えた両A面仕様。

まず1曲目『LA LA LA』は、トータル・プロデュースと客演に湘南乃風の若旦那、そしてトラックメイカーにはその伴侶・MINMIというラガコンビを迎えた、リアル言葉が胸を打つ長編ラヴ・ソング。とは言うものの実はこれ、彼女の愛犬・ララに向けて綴られたリリックなんですよねぇ。
そう思って聴くとなんかビミョw まぁ解釈の仕方なんて人それぞれなんで、大切な人を思い浮かべながら聴くといいんじゃないですかねw まぁそれはそうと、今作は前述のとおり演奏時間が約7分半と従来の作品と比べて比較的長いんですけど、これはもう大方若旦那の所為でしょうねw 彼(というか湘南乃風)が関与する楽曲って無駄に長い曲多くて途中でだれるんよなぁ('A`)まぁ今回は幸いにも、若旦那自身のフロウが楽曲にいいアクセントを生んでいたのでさほど長く感じませんでしたけど、そのフロウが薄っぺらいんで素直に喜べないっていう・・・w

2曲目『FUTURECHECKA』は、ZEEBRAとDJ KEN-BOによる孤高の名曲『PARTEECHECKA』へのアンサーソングになっており、客演にはSIMON,COMA-CHI,TARO SOULら気鋭ラッパー衆を迎えています。トラックも勿論原曲ネタで、原曲のクラシック特有の泥臭くアナーキーな世界観を踏襲しつつも、全体的に若者受けの良さそうなライトなパーティーチューンに仕上げています。てかマイクリレー自体はまぁ納得するけど、ミリヤパート少なすぎやろw 思わずZEEBRA『Do What U Gotta Do』の安室ちゃんを思い出しましたw

そのほか、もはや彼女のカップリングではお馴染みとなった切な要員のミッド『honey』を収録。

★★★★★★★☆☆☆
公式ページ(試聴できます)

『LA LA LA』                    『FUTURECHECKA』
 







上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。