スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

『LOVE PiECE』 大塚愛 

LOVE PiECE(DVD付)

大塚愛のニューアルバム『LOVE PiECE』(9月26日発売)。
『LOVE COOK』以来約1年9ヶ月ぶりとなる通算4枚目のオリジナルアルバムで、ヒットシングル『フレンジャー』『CHU-LIP』や、先行ヒット『PEACH』などを収録した全11曲仕様です。

01. 未来タクシー
02.ユメクイ
03.Mackerel's canned food
04. PEACH
05. クムリウタ
06. 星のタンゴ
07. 蚊取線香
08. フレンシ゛ャー
09. CHU-LIP
10. HEART
11.恋愛写真

えらくスペーシーなデジタル・アレンジが清清しいOPチューン①『未来タクシー』、自身が主演した映画「東京フレンズ The Movie」主題歌だった中島美嘉の「WILL」酷似曲②『ユメクイ』、大胆にもタイトルに「サバ缶」と冠しながらも、内容は割と正統派で奥深い爽やかギターポップ③『Mackerel's Canned Food』、ヒットドラマ「花ざかりの君たちへ~イケメン♂パラダイス~」主題歌に起用されヒットを記録した夏のおふざけチューン④『PEACH』、浜崎あゆみの「CAROLS」からのインスパイヤ臭が芳しい、その化け物メイクにも驚愕したPVにも注目のスロー⑤『クムリウタ』、その名のとおりタンゴの要素を効果的に取り入れた幻想的なミディアム⑥『星のタンゴ』、蚊の煩わしさをパンク調で「蚊っ蚊っ蚊蚊蚊っ!」とコミカルに訴えるアルバム恒例のネタソング⑦『蚊取線香』、その半ば奇怪な振り付けとダンサーも話題になった中毒性の高い1曲⑨『CHU-LIP』、そしてな懐古的なムードでアルバムの幕切れにしっとりと華を添えるバラード⑪『恋愛写真』などなど、

今作もエンターテインメント性の高い、大衆向けの1枚になってます。
また、「LOVE COOK」以降のアルバム未収録シングル曲6曲をすべて収録しているので、ミーハーにとってはお徳感十分ですが、その反面、新曲はたったの5曲というボリュームの少なさ。ファンからの批判が相次ぐのも頷けます。特別ファンでもない俺でも「ハァ?」と首を傾げたぐらいやし。しかも当の新曲も、特別(・∀・)イイ!と思うような楽曲が見当たらんかったしなぁ・・・。 そのくせ初回盤のパッケージの種類は6種類も。もう勝手にやってくださいって感じでよろしいでしょうかw

★★★★★★☆☆☆☆

『クムリウタ』

[ 2007/09/26 19:53 ] アルバムレビュー(2007年発売) | トラックバック(-) | CM(6)

『How to use SEXY』 後藤真希 

How to use SEXY(初回生産限定盤)(DVD付)  How to use SEXY

後藤真希のニューアルバム『How to use SEXY』(9月19日発売)。
前作『3rdステーション』以来およそ2年7ヶ月ぶりとなる通算4枚目となる新作アルバムは、タイトルの示すとおり、3rd以前の作品とは確実に一線を画せるセクシー路線の楽曲が軒を連ねています。

主な収録曲を追っていくと、
奔放なシンセサウンドにのっけから魅せられる①『How to use Loneliness』、最近ではリア・ディゾンのアルバムに楽曲提供していた江上浩太郎によるラテン・フレイヴァー溢れるじっとりアッパー②『GIVE MY LOVE』、放送コード擦れ擦れのPV&歌詞が衝撃的だった昨年10月のシングル③『SOME BOYS! TOUCH』、サビでの低音パートが色気を一層引き立たせている哀愁系ミッド⑤『ねぇ 寂しくて』、この曲からセクシー路線へと大幅な軌道修正を図ったキャッチーなナンバー⑥『ガラスのパンプス』、彼女の生々しいウィスパーヴォーカルにとことん悩ましくなるジャズ・チューン⑦『DAYBREAK』、AKIRAお得意のR&B風POPアレンジに思わずにやけてしまった、このアルバムでは数少ない彼女の”可愛らしさ”が垣間見える⑧『WOW 素敵!』、そしてシンセ・オーケストラを大々的にフィーチャーした、アカペラパートにも注目のゆとりあるバラード⑩『LIFE』などなど、

終始洗練された雰囲気のもと展開していく、アイドル発のアルバムながら、非常に完成度の高い1枚になっています。その主因としては、⑦のジャズ、②のラテン、そして④『City Wind』のボッサといった、一般的に「大人っぽい」イメージの強い音楽を歌うことに積極的に試みているという点にあるかと思います。しかもそれぞれ歌ってて全然違和感ないからねー。彼女にはすっかり生粋の色気が備わっちゃってるようですw ただもうジャケとかPV観てても、目と鼻にしか目がいかないんですけどwww 

★★★★★★★★☆☆

『SOME BOYS! TOUCH』

[ 2007/09/22 23:10 ] アルバムレビュー(2007年発売) | トラックバック(-) | CM(4)

『TODAY』 アンジェラ・アキ 

TODAY(初回生産限定盤)(DVD付)

アンジェラ・アキのニューアルバム『TODAY』(9月19日発売)。
前作『Home』から1年3ヶ月ぶりとなる今作は、シングル曲①⑤⑪を含む話題曲満載の1枚になっています。

1.サクラ色 2.Again 3.TODAY 4.愛のうた 5.たしかに 6.Silent Girl 7.モラルの葬式 8.乙女心 9.One Melody 10.友のしるし 11.孤独のカケラ 12.On&On 13.Surrender


主な収録曲を追っていくと、
卒業シーズンに発売されロングヒットを記録した正統派バラード①『サクラ色』、「めざましテレビ」テーマソングに起用され発売前から話題沸騰だった溌剌としたアッパーチューン②『Again』、日々の中の普遍さこそ素晴らしいという大衆的なメッセージを込めた③『TODAY』、禁断の恋を3拍子の緩やかなリズムに乗せて物憂げに歌う④『愛のうた』、シングルA面曲での初めてのアップ・テンポ楽曲となった⑤『たしかに』、誰しもが持つ感情を擬人法で捉えた歌詞と劇的な曲調が奥深い空気を放つ佳曲⑦『モラルの葬式』、世間の女性たちを風刺しつつも独特の言い草で激励する、低音の清清しい⑧『乙女心』、彼女特有の美メロが炸裂するポップバラード⑧『One Melody』、大コケドラマ「孤独の賭け」主題歌になっていた悲愁タップリのスロー⑪『孤独のカケラ』、そして十分に抑揚をつけた歌唱に心を打たれるストリングスが麗しい全英語詞曲⑬『Surrender』などなど、

シンガーソングライターとしての彼女の手腕が最大限に発揮された上質の1枚になっています。
前作以上に収録楽曲のタイプに幅を持たせているため、一本調子に終始せず、何度でも聴き返せる素晴らしい鑑賞作品だと思います。また歌詞面においても、より彼女のパーソナリティが色濃く投影されているものがほとんどなので、是非歌詞を追いながら、その意味を深く噛み締めながら聴いて欲しいですね。

★★★★★★★★★★
公式ページ(全曲試聴できます)

『Again』

[ 2007/09/20 19:23 ] アルバムレビュー(2007年発売) | トラックバック(-) | CM(8)

『Destiny Line』 リア・ディゾン 

Destiny Line [通常盤]

グラビアのみならず、タレント、そして歌手とマルチな活動をこなし、今まさに乗りに乗っているリア・ディゾンの1stアルバム『Destiny Line』(9月12日発売)。TOP10ヒットを記録した3枚の先行シングルを含む、全14曲を収録しています。

01.IMPOSSIBLE

02.Everything Anything

03.Missing

04.恋しよう

05.運命線

06.Could you be that one?

07.Are you feelin' for me?

08.Softly

09.Time (Clock Of The Heart)

10.アイシテル~Love Story

11.Wonderlin'

12.L・O・V・E U

13.Drive me crazy

14.Again and Again

    
通常盤 Bonus Track

15.恋しよう♪ (yasutaka nakata-capsule mix)

主な収録曲を追っていくと、
「付き合っている男性に愛想をつかす」というOPから大胆な内容で飛ばす①『IMPOSSIBLE』、浜崎あゆみやV6に楽曲提供を行うCMJKによる空虚なトラックが別れの切なさを掻き立てる③『Missing』、PVでのリアのウィンクに悩殺された正統派胸キュンアイドルポップ④『恋しよう♪』、爽やかなサウンドに十分な透明感を含んだ歌唱が絡む儚いアルバムタイトル・チューン(アルバムタイトルは今楽曲のタイトルを英訳したもの)⑤『運命線』、コーラスの据え方が美しい起伏の激しいR&B/POP⑦『Are you feelin' for me?』、洗練されたトラックと垢抜けない歌唱とのコントラストが良くも悪くも印象的な記念すべきデビュー曲⑧『Softly』、「カーマは気まぐれ」などでお馴染みのCulture Clubのヒット曲のカヴァー⑨『Time(Clock Of The Heart)』、エッセ・メロウことSTYが手がけたリズミックなR&B⑩『アイシテル~Love Story~』、④同様名ポップメイカー・平田祥一郎とリアとの相性の良さをあらためて実感したライトな2STEPチューン⑫『L・O・V・E U』、実弟であるブラッドと初の作曲に挑んだ流麗バラード⑭『Again and Again』、そして最近株急上昇中の中田ヤスタカによる重低音にウェートを置いた④のド派手Mix⑮『恋しよう♪(yasutaka nakata-capsule mix)』などなど、

歌 に対してドッシリと構えたスタンスと、向上心を備えたバラエティ精神のもとで制作されたであろう抜かりのない1枚になっています。シングル曲を聴いてきた 方なら分かるかと思いますが、”そこらのグラビアアイドル歌もの”と同等だろうと侮って聴くと、おそらく度肝を抜かれる事でしょうw 1曲1曲のクオリ ティは、SUPALOVE所属の作家陣が中心になって丁寧に作り上げているので安定してるし、何よりも前述のとおりバラエティ豊か!リア自身の歌唱にはま だ若干の覚束なさを覚えるものの、それでも独特の色気を放っている点や、外国発アイドルという点を考慮すれば十分及第点だと思います。この調子で更にブレ イクして忙しくなっても、歌手業だけは辞めないで続けてほしいと切に願うばかりです。


★★★★★★★★★☆



[ 2007/09/17 23:01 ] アルバムレビュー(2007年発売) | トラックバック(-) | CM(2)

『ALL YOURS』 Crystal Kay 

                          『Dream World』 PV
ALL YOURS(初回生産限定盤)(DVD付)      


1. こんなに近くで... 
2. Dream World 
3. Anytime 
4. あなたのそばで 
5. Cherish 
6. STILL 
7. Butterfly's Garden 
8. きっと永遠に 
9. ESCALATOR 
10. Sugar Rain 
11. I WANNA BE 
12. Lonely girl 
13. Midnight Highway 
14. Last Kiss 


Crystal Kayのニューアルバム『ALL YOURS』(6月20日発売)。
通算7枚目となる今作は、今年に発売されたシングル曲3曲のをはじめ、すべてをラブ・ソングで統一した、ある種のコンセプト・アルバム的内容になっています。

主な収録曲は、
アニメ「のだめカンタービレ」のEDテーマに起用されたクラシカルなアッパー①『こんなに近くで・・・』、ラテン・フレーヴァー溢れる熱情ナンバー②『Dream World』、クリちゃん自身も作詞に参加した一途なラブソング③『Anytime』、この曲を引っ提げ『HEY!×3』にも出演した先行シングル曲④『あなたのそばで』、配信限定曲だったスケールの大きいバラード⑥『STILL』、ピアノの旋律で静かに幕を開ける映画「僕は妹に恋をする」主題歌⑧『きっと永遠に』、クラブ受けの良さそうな巧みなサウンド・プロダクションが好印象なダンサーチューン⑨『ESCALATOR』、現在のシーンで飛ぶ鳥落とす勢いのSTYがプロデュースした甘くもほろ苦いR&B⑩『Sugar Rain』、これまで彼女に多数の名曲を提供してきたT.Kura&michico夫妻と久々に手を組んだリズミックなメロウ・チューン⑪『I WANNA BE』、ICEDOWNらしい清涼感のあるトラックに心奪われる⑬『Midnight Highway』、そしてサビメロが倖田來未の『奇跡』に似ている切ないラスト・ナンバー⑭『Last Kiss』などなど、

中盤、比較的単調なスロー路線が続いて退屈だったんですが、それを脱した⑨以降のブラックな流れは、文句なしに素晴らしかったです。作家陣も、倉夫妻、STY、Shingo.S、ICEDOWNらと実に多彩で豪華!古株ファンも満足しそうな1枚です。

★★★★★★★★★☆
[ 2007/06/25 15:16 ] アルバムレビュー(2007年発売) | トラックバック(-) | コメント(-)

『HEART』 伊藤由奈 

HEART (通常盤)      


(着色している曲の見方は次のとおりです→赤色:注目曲、オレンジ色:シングルA面曲、ピンク色:シングルA面曲かつ注目曲、緑色:シングルカップリング曲、青色:シングルカップリング曲かつ注目曲、下線付き+太字:シングルレビューのリンク有)
1. WORKAHOLIC  2. ENDLESS STORY  3. losin'  4. Know-how  5. Precious  6. Tender is the Night  7. Fragile  8. Nobody Knows  9. Faith  10. Stay for Love  11. Truth  12. Perfume  13. Precious -wedding extended ver.-


伊藤由奈のニューアルバム『HEART』(1月17日発売)。一昨年、REIRA starring YUNA ITOとしてリリースしスマッシュヒットを記録したデビュー曲『ENDLESS STORY』から、同名義でリリースされた最新シングル『Truth』までのシングル曲を収録した、ベストアルバム的な意味合いも少なからず兼ねている1stアルバムです。ただこうして無事発売に至れたのでよかったですけど、もうちょっと早い時期に出せなかったものかなぁ・・・。

主な収録曲を追っていくと、
”働く事が生きがい!”というまさに現代のキャリアウーマンを象徴した限りなくリズミックなOPチューン①『WORKAHOLIC』、映画「NANA」挿入歌に起用され息の長いヒットを記録した、気品なオーラに満ち溢れたデビュー曲②『ENDLESS STORY』、”Cool”をテーマに作り上げたという泡沫的な雰囲気漂う2ステップ/UKガラージ楽曲③『losin'』、パーカッシブな打楽器が臨場感を増幅させているミッド・ダンサー④『Know-how』、映画「LIMIT OF LOVE 海猿」主題歌に起用され、①以来彼女2作目の代表作となった壮大なラブ・バラード⑤『Precious』、80's臭芳しいフラットで落ち着いたサウンドが引き立つミディアムスロー⑥『Tender is the Night』、ハウス特有の軽妙なグルーヴ感を堪能出来るALならではの1曲⑧『Nobody Knows』、歌いだしの彼女のアカペラ部分がとても印象深いドラマ「アンフェア」主題歌⑨『Faith』、ゆとりのある曲調だからか、彼女の日本語発音がこれまで以上に鼻につく最新シングル⑪『Truth』、そして未練をテーマに柔軟なヴォーカルで聴かせる控えめなバラード⑫『Perfume』などなど、

ミディアム~スローナンバー中心に構成された、終始落ち着いた佇まいの1枚に仕上がっています。これまで数々の名バラードを輩出してきた彼女の歌声を思う存分味わうには適した作りになっていますが、あまりにシングル楽曲のインパクトが強いために、AL曲の地味なことといったらw 結構色んなテイストに挑んでるんやけど、どれもイマイチ印象に残らんしww あと散々指摘されていますが、初のアップテンポ楽曲としても話題になったシングル『stuck on you』が収録されていないのが、何とも心残り(´・ω・`)ショボーン 他の既発のアッパー楽曲も悉く収録外になってるし、コンセプトを固め過ぎたね・・・。

★★★★★★☆☆☆☆
公式ページ(全曲試聴できます)

『ココロフィルムノート』 SOFFet 

                          『Life』
ココロフィルムノート(初回限定盤)(DVD付)      

(着色している曲の見方は次のとおりです→赤色:注目曲、オレンジ色:シングルA面曲、ピンク色:シングルA面曲かつ注目曲、緑色:シングルカップリング曲、青色:シングルカップリング曲かつ注目曲、下線付き+太字:シングルレビューのリンク有)
1 Join The Party Tune!!  2 everlasting one  3 Life  4 Close To You  5 2度目のファーストキス  6 音遊技~三段~ feat.スキマスイッチ  7 へその緒  8 Happy End  9 Good Mornin'good Rollin'-Soffet&佐藤竹善 With "No Name Horses"Directed By Makoto Ozone-  10 SKY JUICE feat.Gagle  11 Hitch Hike  12 キグルミマスター  13 Simple Days

YoYoとGooFの男性2MCからなる幼馴染ラップユニット・SOFFetのニューアルバム『ココロフィルムノート』(1月17日発売)。avex内のレーベル・rhythm zoneに移籍後初となるアルバムで、移籍後にリリースされたシングル2作のほか、ワーナーミュージックでリリースした2枚のシングル曲も収録されています。

主な収録曲を追っていくと、
小気味なビッグバンドをバックに構えた華々しいOPチューン①『Join The Party Tune!!』、Fantastic Plastic Machineをプロデューサーに迎えた最高にピースフルなRZ移籍後初のシングル②『everlasting one』、彼らのシングル「春風」を彷彿させる”出会いと別れ”をテーマに仕上げたしっとりキャッチーなバラード楽曲③『Life』、是非とも海に持って行きたい淡い爽やかさを放つミディアム④『Close To You』、「表題=一度別れた元カノにまた恋をしてしまった・・・」という微笑ましい内容のリリックを、甘酸っぱさ全開のジャズ・サウンドに乗せてYoYo主導で歌う⑤『2度目のファーストキス』、奇抜な音を奏でるアフリカ産の楽器・カズーなども用いて客演のスキマスイッチとともに奔放に演奏する、教育テレビ+昼下がり的アプローチのインスト曲⑥『音遊戯~三段~』、母への感謝の気持ちを包み隠さず歌う現代版「母に捧げるバラード」⑦『へその緒』
清清しいホーンが洗練されたファンクイズムを醸す大御所・佐藤竹善とのコラボ楽曲⑨『Good Mornin' Good Rollin"』、客演に迎えたラッパー・GAGLEと同様の流儀で泥臭くフロウする様が新鮮な本格HIP HOP⑩『SKY JUICE』、畳み掛ける展開と、似非優等生な人間に活を入れるユニークなリリックに自然と元気が沸き立つパーティーチューン⑫『キグルミマスター』、そしてほのかな懐かしさを運んでくるハーモニーが心地よい親しみあるカントリー⑬『Simple Days』などなど、

自身のルーツであるHIP HOPをはじめ、カントリー、ジャズ、ボッサ・・・と挙げれば限がないほどの多様な音楽が絶妙な具合に盛り込まれた、J-POPシーンの最高傑作ともいえる非常に完成度の高い1作です。正直これまで彼らの事は言うほど好きというわけでもなかったんですが、今作を聴いてそのイメージが最良へ向けて一気に加速しました。とにかく以前と比べて、音楽キャパのデカさが桁違いになっててビックリ。やっぱりレコ社を移って、環境が様変わりしたのが大きかったのかもー。あと付属のDVD観てたらLIVEにも行きたくなりましたw 5月にあるらしいので、早速参戦してみようと計画中ですww 良質なPOPグルーヴを体感したいなら有無を言わずに聴くべし!

★★★★★★★★★★
公式ページ

『MADE IN TWENTY(20)』 BoA 

                          『七色の明日~brand new beat~』
MADE IN TWENTY(20)      

(着色している曲の見方は次のとおりです→赤色:注目曲、オレンジ色:シングルA面曲、ピンク色:シングルA面曲かつ注目曲、緑色:シングルカップリング曲、青色:シングルカップリング曲かつ注目曲、下線付き+太字:シングルレビューのリンク有)
1. Lady Galaxy  2. 七色の明日~brand new beat~  3. Winter Love  4. STILL.  5. SO REAL  6. KEY OF HEART  7. OUR LOVE~to my parents~  8. no more make me sick  9. Revolution-CODE 1986-2006 Feat.RAH-D  10. Your Color  11. Prayer  12. Candle Lights  13. Gracious Days  14. LAST CHRISTMAS  15. Winter Love(Live ver.) 


BoAの通算5枚目のニューアルバム『MADE IN TWENTY(20)』(1月17日発売)。
昨年11月にめでたく20歳を迎えた彼女の、十代期の集大成ともいえる重要な位置づけの出来る1枚です。

主な収録曲を追っていくと、
弁解不可のレベルまで達しているBlack Eyed Peasの「My Humps」のインスパイヤをはじめ、米アイドルアーティストの現行フレイヴァーがふんだんに盛り込まれたクランク調OP①『Lady Galaxy』、あどけない歌詞とチャーミングなヴォーカルが楽曲一杯に弾ける甘酸っぱいポップ・チューン②『七色の明日~brand new beat~』、季節を存分に意識した切ない”冬バラ”③『Winter Love』、その③の流れを引き継ぐリズミックなミディアム④『STILL』、彼女の作品にしては比較的地味な作りの爽やかダンス・ポップ⑥『KEY OF HEART』、彼女が作詞作曲に関与した、オリエンタルな風情漂うメロディアス・トラック⑧『no more make me sick』、JAMNUTSの盛り上げ役・RAH-Dを客演に迎え、野郎臭いパーティーチューンに仕立てた今井大介作の⑨『Revolution-CODE 1886-2006』、パーカッションがポコポコと沸き立つ直球エレポップ⑪『Prayer』、そして軽調子でポジティブなリリックを歌う大団円⑬『Gracious Days』などなど、

以前と比べて、他所(特に米産音楽)からの焼き直し的アプローチが著しく目立つようになっているのが激しく気にはなりましたが、相変わらず全体の構成にはメリハリが利いているので、終始愉楽な気分で聴く事が出来るんじゃないかなぁと思います。

★★★★★★★☆☆☆
公式ページ







上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。