スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

Groove! #02 『HI-D』 

=====================================================

という事で、Groove!第二発目は、HI-D(ハイディー)


  

●プロフィール&Grooveポイント●


1990年、北欧・フィンランドへ渡り、『3rd Nation』というハウスユニットの専属ダンスメンバーとして活躍、シングル『I Believe』がビルボードのクラブチャート8位に入り、成功を収めます。
その後日本に帰国し、ボーカルユニット『Fore Ground』で活躍した後、1999年、遂にソロシンガーとして活動を開始。インディーズでシングルをリリースしたり、DABOなど様々なアーティストとのコラボレーションを遂げて、2003年夏、あのZEEBRAとの楽曲『Girlfriends』で遂にメジャーデビューを果たします。
以後、シングル3枚、アルバム(コラボレーションアルバムなど含む)4枚をリリース。(06.2.13現在)
他アーティストとのコラボレーションも多く、R&B/HIPHOPファンならおそらく誰でも1回は彼に触れる機会があったと思います。それ以外にも楽曲プロデュースなども行っており、マルチな才能で音楽業界を揺るがし続ける歌って踊れるR&Bシンガー、それがHI-Dです。

HI-Dでまず特筆するべき点は、線の細い繊細なボイスです。クラブ系シンガーと謳われながらも、決して重過ぎずないライトな声を持っているんですが、時折男臭い一面が顔を覗かせるそのギャップがとてもいいアクセントになっており、女性の方は彼が歌うと瞬時でコロッといっちゃうんだとかw

まぁ男女問わず、この声には毎回たくさんの人が酔いしれ、魅了されてるようです。


そして彼の書くリリックの主人公は、それこそ女性から見る”理想の男性像”であろう姿を見事に表現していると言える、相手思いなお人好しの男性が多く、思わず現実逃避をしてしまう人も決して少ないことでしょう。


去年の12月に3枚目となるニューアルバム『ME Ⅱ YOU』を発売しました。



●主な代表作(ディスコグラフィー/提供曲/客演)●

『Girlfriends feat.ZEEBRA』 (メジャーデビューシングル/03.07.02)

『君がいるから』 (2thシングル/03.10.22)

『WORD OF MAJESTY』 (1stアルバム/03.11.05)

『GET BACK IN LOVE/夢のキオク』 (3thシングル/04.07.14)

『GREAT SECOND』 (2thアルバム/04.09.08)

『LOVE or HATE』 HI-D&TWIGY (コラボレーションアルバム/05.07.13)

『ME Ⅱ YOU』 (3thアルバム/05.12.07)


◎HI-D 詞提供曲◎

『Be Shining』 三浦大知 (from Single "Free Style")

『Make It Happen』 三浦大知 (from Album "D-ROCK with U")

『SLOWLY』 Rain(ピ) (from Single "SAD TANGO")

『Get Ready- NITE 2 Remember- feat.Sowelu&BIG-O』 JHETT


◎客演曲◎

『恋はオートマ』 DABO (02.08.28)

『男一匹 feat.HI-D』 童子-T (from Album "童夢"/05.02.23)

『Welcome 2 Da Party feat.HI-D,AI』 DJ WATARAI (from Album "HARLEM ver.3.0"/04.06.23)

『I know you love me duet with HI-D』 Tyler (from Album "Amethyst"/04.02.18)

『I'm Your Sea feat.HI-D』 Meyou (from Single "花"/04.02.04)

『VOICE OF LOVE~上を向いて歩こう~』 Voice of Love (03.12.10)




●木津健レビュー●

 

『Girlfriends feat.ZEEBRA』 (メジャーデビューシングル/03.07.02)  <PVを観る>
ZEEBRAをフィーチャリング、そしてZEEBRAの所属するFIRSTKLASがプロデュースを行ったメジャーデビューシングル。ZEEBRAの脱力系フロウ・海中をイメージさせるぼやけたトラック・そして艶っぽいHI-Dの歌声が見事なケミストリーを起こしているアッパー・チューン。PVも彼のセクシーな一面満載で(ちと度がすぎてるところもありますが・・・)見ごたえありです^-^
『君がいるから』 (2ndシングル/03.10.22)
HI-D=スウィートバラードという構図の原点ともいえる楽曲。
いつもは強がってるけど、こうして頑張れるのは君のおかげと、ひしひしと歌う彼に感極まってしまうナンバー。シンプルなトラックが◎です。
『WORD OF MAJESTY』 (1stアルバム/03.11.05)
上で紹介した2枚のシングルを含む1stアルバム。
客演もほとんどがラッパーで、R&BアーティストながらかなりHIP HOP色が強い1枚に。
DABOやTWIGYらをフィーチャーした威圧的なナンバー『What's going on?』、ファンの間では1,2を争う人気の名バラード『Missing you feat.Asiah』、クラブでの盛り上がりが目に浮かぶ『Raise the roof feat.BUTCHER』、そして終盤を飾る美しい『How many times』『We are the music』などなど、彼の多彩な世界が際限なく広がる名盤。
『夢のキオク/GET BACK IN LOVE』 (3rdシングル/04.07.14)

佐藤江梨子がPVに出演しているダンスR&Bナンバー『夢のキオク』と、山下達郎の名バラードのカヴァー『GET BACK IN LOVE』の両A面シングル。特に後者は、ヤマタツの原曲とは違った、静と癒が混同するアレンジに、HI-Dの豊かな表現力が備わった歌声が心に響き渡る心あったまる楽曲です。泣けます。俺は泣きました。 ぇ

『GREAT SECOND』 (2ndアルバム/04.09.08)

前作から1年経たずしてドロップされた2枚目のアルバム。

前作同様R&BとHIP HOPが絶妙に絡まりあった構成になっておりますが、今作の方が若干歌で聴かせるものが多いかなと思います。オリジナリティを追求し続ける力強いリリックがあまりにも眩い『Guess who's back』、『Girlfriends』を彷彿させる軽快なノリの『Give me some more』、濃厚な愛を綴ったミディアムR&B『Deeper』、ラストを飾る心地よいグルーヴがたまらないバラード『what kinda man would I be』などなど、まさにタイトルどおり『素晴らしい二枚目』になってます。

『LOVE or HATE』 (コラボレーションアルバム/05.07.13)

大型HIP HOPクルー・KAMINARI-KAZOKUやプロデュースなどで活躍しているTWIGYと共に作り上げたスペシャルなアルバム。

歌い手とラッパーという客演ではよく見られるこの組み合わせでアルバムを1枚作ってしまったわけですが、全体的に、それぞれがお互いの個性を打ち消してるような気もして、それは少し残念なんですけど、ほぼ真逆のキャラクターがこうして1枚のアルバムによって混同するっていうのはなかなかない機会なので、そういうところで楽しめたのは確かです。

『ME Ⅱ YOU』 (3rdアルバム/05.12.07)

前作のコラボアルバムから間髪入れずに届けられたのがこのアルバム。前2作のオリジナルアルバムのようなHIP HOP色はほぼ皆無で、ラッパーのフィーチャーもなし。変わりにポップ色が強まり、まさにHI-Dの真髄である”歌で魅せる”アルバムに仕上がっております。『ディープなHIP HOPがちと苦手』っていう人は、まずこのアルバムから聴いてみる事をオススメします!

力強いメッセージが込められた『Don't Stop』『Light Up』、PVも制作されたバラード2曲『Be With You』『My Life』、MIHO BROWNをフィーチャーしたこのアルバム唯一のシャープ・チューンともいえる『Can I Getta』など、前2作が好きだった人には、物足りなく感じるかもしれませんが、俺は新たな一面をたくさん見せてもらった、と大変満足です^-^




●何でもBEST●


スウィート・ラブソング BEST5


No.1:君がいるから (2thシングル。男臭いリリックと絡み合う優しいメロディーを体感せよ!)
No.2:Missing You feat.Asiah (from Album"WORD OF MAJESTY") 
No.3:Be With You (from Album"ME Ⅱ YOU") 
No.4:MY LIFE (from Album"ME Ⅱ YOU") (3枚目のアルバムからのナンバー。リリックがストレートな分、胸にじわりと広がるその安らぎの感覚がかなりヒーリング。)
No.5:What kinda man would I be (from Album"GREAT SECOND") 


客演ソング BEST5

No.1:Welcome 2 Da Party feat.HI-D,AI (DJ WATARAI) (クラブで流したらアゲアゲ間違いなしの、HI-D+AIのGOLDEN TAGによるスペシャルパーティーチューン!)
No.2:Uh with HI-D And JUN 4 SHOT from FIRE BALL (Sowelu)
No.3:恋はオートマ feat.HI-D (DABO) (DABOのガラ悪フロウに、HI-Dのウィスパー・ファルセットが心地よいHookは必聴!)
No.4:I know you love me duet with HI-D (Tyler)
No.5:You said,You did feat.HI-D (日之内絵美)



●最新情報●


3月15日リリースのthree NATIONの2ndアルバム『Dance Floor Lovers』に収録される『AIR 2006』に客演で参加決定!どんなものになっているのか、カナリ楽しみです!


歌にも踊りにもそして男にも磨きがかかる彼、今後の活躍にも期待がかかります。


こんなアーティストが好きな方に! EXILE・Sowelu・Rhymester・三浦大知

キーワード
HI-D 公式ページ
three NATION 公式ページ   Sowelu 公式ページ   DABO 公式ページ   ZEEBRA 公式ページ
=====================================================

いかがだったでしょうか?二発目なんですけど、今のところいい感じでいってます、自分の中では。

それでは、次のピックアップアーティストのヒントです。難易度 ★★★★☆☆☆☆☆☆


ヒント1:ティーンの男性ソロアーティスト。


ヒント2:変声期が彼のターニングポイント。


ヒント3:HI-D同様、ダンス上手すぎ。(HI-Dとも親交が深いです。)


ヒント4:小さい頃から業界にいて、その頃から話題になっていました。


ヒント5:携帯の画像が、変わるよ☆


1~2で分かった方は、素晴らしい!

それでは!

スポンサーサイト
[ 2006/02/22 00:53 ] Groove! | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://ondon.blog56.fc2.com/tb.php/98-19d5f161








上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。