スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

『きっと永遠に』 Crystal Kay 

きっと永遠にCrystal Kayのニューシングル『きっと永遠に』(1月17日発売)。兄妹の禁断の恋を描いた映画『僕は妹に恋をする』主題歌に起用されている今作は、シングルとしては久々になる、スタンダードなアプローチで送る壮大なラブ・バラード。ひっそりと静まり返ったムードの中ピアノの旋律でやさしく幕を開け、1番のサビからはストリングス・オーケストラを引っ提げ、胸中に秘めた愛する人への無常な想いをソウルフルなヴォーカルで吐露します。約1年ぶりのシングルという長いブランクの後のリリースと言う事もあり、歌唱面を中心に気がかりな部分が正直多々あったんですが、ヴォーカルにはまた少し重厚さや優雅さが新たに備わっており、どうやら心配の必要は全くなかった模様w またブレスも従来より強調されており、言葉の一片一片が非常に温かく、そして意味深く感じ取る事が出来るようになってます。今作は歌詞が非常にキモになっているだけに、今回の措置は的確この上ないように思いました。 映画の内容とも激しくオーバーラップしているので、映画と連動して、楽しんでいただければと(・∀・)ニヤニヤ

カップリングの『As One』は、昨年から配信限定でリリースされていた、全英語詞のミディアムナンバー。R&B調のトラックを使用していながらもメロディーの起伏が激しいので、R&B/POPの位置づけがまさしく相応しいかと。一方で、90's R&Bっぽいサウンドにリアレンジされている同曲Remixも収録!

更に来月28日には、早くも次のシングル『こんなに近くで・・・』のリリースも控えています。
こちらは「Two As One」を彷彿される爽やかポップ・チューン。さぁて今年は、一体何路線で突き進むんだ、クリちゃんよww

★★★★★★★★☆☆
公式ページ(試聴できます)


スポンサーサイト

クリチャソ1年見ない間にキレイになったよねー
健ちゃんも★8/10って感じで結構高評価だね(・∀・)ニヤニヤ
俺はどれも結構好きだけど、やっぱり俺はA面曲よりもカップリング曲よりも、カップリングのREMIXが一番好きww
この好みはなんか間違ってる気がするのは気のせい?w
[ 2007/01/22 13:36 ] [ 編集 ]

>>ポニちゃん

俺も前に比べると格段に綺麗になったと思う(*´д`*)ハァハァ 評価も上々♪ ポニちゃんの推してるリミは俺も結構好きよ~(・∀・)ニヤニヤ
[ 2007/01/22 22:05 ] [ 編集 ]

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://ondon.blog56.fc2.com/tb.php/952-350d58f2


Crystal Kay 「きっと永遠に」

アフリカ系アメリカンの父と韓国人の母を持つシンガー・Crystal Kayの、約1年ぶりとなるシングル「きっと永遠に」の感想文です(´∀`)今作は映画「僕は妹に恋をする」のエンディングテーマに、カップリング曲も
[2007/01/22 14:58] URL PONY♂ ENTERTAINMENT INC.






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。