スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

倖田來未・12週連続シングルリリース 大総評! 

と、いう事でですね!いよいよ12週連続シングルリリースが今週で終わりを迎える、という事で、このブログでは大総評と題しまして、PVから何までを思いっきり振り返りたいと思います。


ひとまず、12週目を迎えた時点での俺個人のランキングは以下のようになりました!(Boys♥Girlsは両A面にはなっていますが、12週に合わせて、対象から外させていただきました。ご了承ください。)


1位:D.D.D feat.SOULHEAD

2位:Lies

3位:you

4位:Shake It Up

5位:Someday

6位:WIND

7位:Birthday Eve

8位:今すぐ欲しい

9位:feel

10位:No Regret

11位:KAMEN feat.石井竜也

12位:Candy feat.Mr.Blistah


すべての総評は、一番↓にしてあります^-^それではまず、シングルをひとつずつ振り返ってるので、どうぞ!(記事書くのに3時間かかったのはナイショ)


you

1週目:you

最終的評価 89/100点

店主ランキング:3位

PV内容:ストーリー仕立て第1弾。俳優の塚本高史が出演。写真家の彼とそのモデルの主人公との、恋人同士のもどかしいすれ違いを描いた作品。映像綺麗です。→PVを見る



1週目から勢いよく初登場1位を獲得したこのナンバー、ジャケットのビジュアルイメージはアラスカ

当時Mステで、これから始まる12週の事について話してたのがなんだか懐かしいです。(それでも約2ヵ月半前・・・)無難すぎるバラードっていうのも、もしかしたらあるのかもしれないですけど、これは発売後から今まで、安定して聴いていたような気がします。


Birthday Eve (5万枚限定生産盤)  

2週目:Birthday Eve

最終的評価:74/100点

店主ランキング:7位

PV内容:彼氏の誕生日の前日に、ケーキを作ろうと奮闘する主人公。途中、今思えば10週目の兆し?ともいえるKAMEN男とのダンスシーンがありぃので、コミカルに仕上がっています。→PVを見る



12週全体を通しても珍しいキュートでポップなナンバー、ジャケットのビジュアルイメージはアメリカ

2週目にして”エロカワ”を封印してきたのにはビックリしましたが、色んな自分を見て欲しいという向こうの意向が見受けられ、かなり好感持てました。


D.D.D.feat.SOULHEAD (5万枚限定生産盤)  

3週目:D.D.D feat.SOULHEAD

最終的評価:100/100点

店主ランキング:1位

PV内容:牢獄を前に、倖田來未とSOULHEADの三人が、ムキムキ男性を引きずったり、鞭でひっ叩いたり、強烈SMプレイを炸裂。3人は回転台の上に乗り、カメラの前で歌い踊り狂います。倖田來未のゴスロリ風ファッションが非常に◎ ぇ →PVを見る



俺の中で堂々の1位に輝いたのはやっぱりこの曲!ジャケットのビジュアルイメージはロンドン

熱ーいグルーヴが飛び交うアグレッシブなこの曲は、聴いてすぐに恋に落ちました。

SOULHEADとの相性も◎ 続くSOULHEAD名義の『XXX』にもベタ惚れでした。

今度は是非、これを歌ってる倖田來未を見たいと思いました。LIVEしかないか^-^;

ちなみに『D.D.D』とは『3 Diamonds』の意。


Shake It Up (5万枚限定生産盤)

4週目:Shake It Up

最終的評価:82/100

店主ランキング:4位

PV内容:バーチャル的要素を多く含んだこの舞台、タイトルどおりサビでは、振り付けを是非マスターして!と言わんばかりにキャッチーなダンスをアピール。3人の倖田來未が合成で同時に登場するのは、撮影大変そうですな。。前3作に比べてシンプルな構成に。→PVを見る



リスナーから安定した人気だったのがD.D.Dとこの曲。ジャケットのビジュアルイメージはブラジル

彼女曰く、ジャケットは楽曲のイメージとフィットするものを選んだらしいのですが、これが一番合ってたんじゃないかなぁ。躍動感のあるジャケというか。『おいおいおー』というかなりインパクトのあるサビで、曲を覚えやすかったのも事実で、俺も気が付けばハマッてました^-^;


Lies (5万枚限定生産盤)

5週目:Lies

最終的評価:95/100点

店主ランキング:2位

PV内容:ストーリー仕立て第2弾。モデル兼俳優の尚玄が出演。シャワーの中裸で抱き合うショットや、ポールを使ってのパフォーマンスなど、かなり大胆なPVです。ショウ・ガールの主人公と、同じくショウ・ボーイで浮気性でもある彼。そんな彼にとうとう愛想を付かせた彼女が、PVのラストにちと逆襲をします^-^それは是非、ご自身の目で、お確かめください。。。→PVを見る



当初地味ーな楽曲だなぁと思っていた5週目、ジャケットのビジュアルイメージは中国

単に自分の好みの楽曲だっただけかもしれないですが、聴けば聴くほど味が出る出る。まわりにも評判がいいみたいですし、ほんと先入観というものほど当てにならないものはないなぁと思いました。


feel (5万枚限定生産盤)

6週目:feel

最終的評価:64/100点

店主ランキング:9位

PV内容→ストーリー仕立て第3弾。といっても、正確な時系列は(Candy)→you→feel→Lies→Somedayと微妙に違っていますのでご注意を^-^ 俳優の忍成修吾出演。12週の中でも飛びぬけて性描写があからさまな作品。もう暗示どころじゃないわw 歌い手と、男の恋・・・なんですけども、実はこれにはとんでもなオチがあります。それをしかとご覧下さい。。。→PVを見る



サビが全英語詞のミッドナンバー、ジャケットのビジュアルイメージはスペイン

これ発売当初は思いっきり酷評してて我ながら『これは酷いな・・・☆』と思ってたんですけど、12週終わった現在、かなり印象UPしました。まぁそれでもアルバム向け楽曲なのは確か・9位ですけど(;´∀`)

なんか、あれはあれでああいう空気を楽しむものなのかなぁと少し視点を変えてみたら、なんだか心地よくなっていく自分がいました。


Candy feat.Mr.Blistah (5万枚限定生産盤)

7週目:Candy feat.Mr.Blistah

最終的評価:46/100点

店主ランキング:12位

PV内容:舞台は架空のお話。金や地位に興味のなく、味気ない日々を送っていたお城のお姫様(倖田來未)に、ある日地底の王子(Mr.Blistah)が魔法の箱を持って出向き、姫を満足させようとしますが、なかなか上手くいきません。が、最後には、愛(ハート)の入った箱を気に入り、その瞬間姫は現代にタイムスリップ。その現代にたどり着いた時の衣装が『you』の時の衣装だったので、時系列は『you』の前じゃないかと推測されています。このPVで着ている彼女の衣装が浜崎あy(ry にそっくりで、一瞬見間違えました。→PVを見る



MIC BANDITZMr.Blistahをフィーチャーしたこの曲、ジャケットのビジュアルイメージはアフリカ

アラビアテイストの幻想的な楽曲なのですが、最後の最後まで一番影が薄くCGを使った折角の大掛かりなPVさえ話題にならず・・・。 よく言えば、12週だからこそシングル化が実現したものなんでしょうがね(;´∀`)


No Regret

8週目:No Regret

最終的評価:60/100点

店主ランキング:10位

PV内容:光沢感と疾走感のある映像がPVを活気づけているように思います。エロカッコいいの、”カッコいい”の部分を上手く強調出来ている作品です。中盤以降、倖田來未が大掛かりなアクションに挑戦しているのも見所。→PVを見る



1週目以来7週ぶりに発売された永続盤シングル、ジャケットのビジュアルイメージはインド

アニメ『うえきの法則』OPで、タイアップ効果も狙っての永続盤なのかもしれないですけど、思った以上に売上が伸びなかったんですよね。まぁそれもそのはず、この週のはじめ、倖田來未のベスト第2弾の発売が遂に正式に発表されたのです。これに落胆したファン・リスナーがどれだけいた事か・・・分かってます?クソさん? ぇ  彼女自身は、先日のめざましテレビでこのベスト発売の事について『ファンの皆さんをぼったくってるような気がして』と辛そうな面持ちで心境を語っていて、彼女もなんだかんだ言って会社の思うがままなのね・・・と思った瞬間でもありました。


今すぐ欲しい (5万枚限定生産盤)

9週目:今すぐ欲しい

最終的評価:65/100点

店主ランキング:8位

PV内容:とにかく全体的に濃厚で、不思議な世界観。エロの度合いも半端ないです。ストーリーはおそらく、お偉いさん(倖田來未)が、自分に合う相棒のオーディションを実施。(何の相棒かはry)何人か候補者が出てきて、順番にパフォーマンスをしてみせますが、なかなかいい相手にめぐり会えずに居ます。ですが、ラストには無事、自分に見合う相手を発見できたようで、彼女が立ち上がり、その人の元へ・・・と、なんとも意味深なカットで終わります。クネクネと気味の悪い動きをするダンサーや、怪しいおばさんなど、変な組織を想像させます。→PVを見る



Sugar Soulの名曲のカヴァー、ジャケットのビジュアルイメージはフランス

あからさまなセックス描写のおかげで、”エロカッコイイ”が一層定着すると策略したんでしょうけど、PVともに、これじゃただの”淫乱女”でしかないっすよ。もっと清潔感のある色っぽい仕上がりにしてほしかったのがひとつと、倖田來未のラップがやはり最後の最後まで慣れませんでした。手の施しようによっては、かなりいいものに仕上げる事も出来ただろうに・・・そこが惜しくてしかたないっす。


KAMEN feat.石井竜也 (5万枚限定生産盤)

10週目:KAMEN feat.石井竜也

最終的評価:54/100点

店主ランキング:11位

PV内容:布団にくるまる彼女が、自然体過ぎて何だか怖いww タイトルどおり、仮面を被った石井竜也と倖田來未が軽く揺れながらイチャイチャしてるシーンがずっと続く感じです。ただ、楽曲との相性は抜群といっていいでしょう。→PVを見る



石井竜也をフィーチャーしたこのシングル、ジャケットのビジュアルイメージはハワイ

石井が作詞作曲を担当、しかしあまりに彼の色が強い+イロモノを狙いすぎたのか、あまりに路を外れた渋いムード歌謡に。確かに12週もあるんだから、1週ぐらいこういうのもあっていいと思いますが、肝心のリスナーからは相当敬遠されてるようですしね・・・。”倖田來未”が霞みすぎてしまったのが一番の原因かも。ちなみに当初のジャケは、9週目の『今すぐ欲しい』に使用されるはずが前後してしまい、結果この楽曲のイメージには程遠いハワイのジャケが使われる事になったそうです。



11週目:WIND

最終的評価:76/100点

店主ランキング:6位

PV内容:『愛の発明』と題して、次々と発明品を編み出していく主人公。が、思うように上手くいきません。しかしそれでもめげずに試行錯誤を繰り返していく彼女。発明品は『温暖化防止フリスビー』→竜巻発生で吹き飛ばされる。『どこでも咲く花の種』→食虫植物ならぬ食人植物が咲き、倖田食われる。『好きな人の元へとひとっ飛びのジャンプマシン』→飛びすぎて空の彼方に消える。『巨大化クッキー&小人化クッキー』→愛犬ラムちゃんが巨大化・倖田小人化。『絶滅生物製造機』→シロナガスクジラ(かな・・)が発生。空を泳ぐ。こんな感じですね。→PVを見る



フジテレビ系『トリノオリンピック』テーマソングで今やたらと流れているこの曲、ジャケットのビジュアルイメージはトリノのあるイタリア。散々話題に挙がってますが、ほんとhitomiっぽい楽曲なのは確かですね。作曲者が一緒なので、無理もないかもですが。でも歌詞の内容が、トリノ五輪に出場する選手だけじゃなく、様々な人を励ましてるのはも確かかなぁと思いまして。もんの凄いベタな内容ではあるんですけど、ベタな方が無駄に頭を使わずに、色んな事が感じ取れたりするのも確か。展開のメリハリもついてますし、俺は結構気に入っております^-^



12週目:Someday/Boys♥Girls

最終的評価:79/100

店主ランキング:5位

PV内容(Someday):ストーリー仕立て完結篇。『you』『Lies』『feel』での3人の恋模様のその後が少しずつ描かれています。『you』→二人がすれ違って終わりでしたが、ちゃんと出会い、よりを戻す。

『Lies』→復讐をしてその場を去るが、すぐさま彼が謝り、こちらもよりを戻す。

『feel』→彼の○○で終わったはずが、その後その○○のはずの彼女が後ろから声をかけてくる。

という3人とも一応ハッピーエンドで終わってます。そして、各PVで見せた衣装でこの『Someday』を交互に歌っています。『Someday』オリジナルのカットでは、非常にナチュラルな黄色いシャツに身を包んだ彼女が。12週最後となるPV、色々な感情を噛み締めながらご覧下さいw→PVを見る



そして最終週は両A面、ジャケットのビジュアルイメージは日本

PV・歌詞の内容ともにこの12週の集大成ともいえる内容で、彼女の根底にあるポジティブ精神・ナチュラルな一面がよく表れている温かい曲だなぁと思いました。

12週をシメるには、最適な楽曲ですね。





長々と見てくださった方、どもありがとです(_ _(--;(_ _(--; ペコペコ



12週を終えて


まー個人個人好きな曲・嫌いな曲あったとは思いますが、12週っていうのをやり遂げてしまうっていうのは、あらためて、やっぱりすごいなぁと思いました。まぁ例の会社の話題集めにすぎないのかもしれないですけど、彼女の慌しい中でもひた向きに自分の音楽を作り上げていく姿勢はかなり評価してあげたいところです。明らかにアルバム向け楽曲なんかもありましたけど、それは12週だからこそ成せる特権でもあり、その点では色々挑戦・冒険出来てプラス要素につながってるんではないでしょうか。

それにしても、下手すればすぐ飽きられてしまうであろう状況下の中で、ここまで検討してるって事は、ほんとに今最も勢いあるアーティストっていうのは間違いないですよね。

こりゃベストも売れるんだろなぁ・・・。


主な特殊曲の構成は12曲中、featアリ3曲、エロ払拭2曲、カヴァー1曲でした。


個人的にはですが、7週目あたりからダレてきて、興味ははじめのときの半分以下になりました。

やけど、生温かく見守ってはいたよ? ぇ

俺から見て12週連続という試みは、はじめは『えぇ、無謀すぎるだろ・・・』って感じではありましたけど、毎週毎週それなりに楽しませてもらったし、結果的に実に有意義な期間だったと思います。





て事で最後になりますが、12週・3ヶ月間ずっと倖田來未と走り続けて来た方、実際にCDショップへ必死になって走り続けて来た方(ぇ、本当に御疲れ様でしたーーー。ъ(゚Д゚)グッジョブ!!

そして何より、実際に精一杯走り続けてきた倖田來未に、お疲れ様と言ってあげたいっすね^-^


このまま半年ぐらい休んだら本当にエロ女としか人々の頭には残らなそうですが・・・ ぁ ぁ ぁ

ひとまずBEST第2弾は3月8日発売ですー。



倖田來未 公式ページ






・・・っと、よかったら、これを見てくださってる貴方様の意見も聞かせてください!^-^


テンプレを用意したので、コメント欄・トラックバックでも全然構わないのでどなたでも気軽にご参加ください♪(以下の項目はすべて12週連続リリースシングルのみが対象です。尚、テンプレは自由に改良してくださって結構です。)


【好きな曲 BEST5】

1位

2位

3位

4位

5位

【好きなPV BEST3】

1位

2位

3位

【好きなジャケット BEST3】

1位

2位

3位

スポンサーサイト

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://ondon.blog56.fc2.com/tb.php/89-b1147d95








上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。