スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

期待のヒカリ #02 『風味堂』 


さぁて、今日の期待のヒカリは!!

俺がお世話にもなっている、このアメーバブログにオフィシャル・ブログを儲けている
風味堂をご紹介します!

まずは、彼らのプロフィールを!

渡和久(vo&piano)、中富雄也(dr&cho)、鳥口マサヤ(ba&cho)の3人からなる。

2000年10月、結成。福岡市内にて活動開始。
全員九州出身で、メンバー募集の張り紙を見た渡が中富に連絡を取り意気投合。

01年からコンテストで優勝するなど名前が知られるようになり、03年に上京。

同年から首都圏でライヴ活動を開始し、1stミニ・アルバム『花とりどり』と2ndミニ・アルバム『sketchbook』をインディーズ・レーベルからリリース。

04年になると、これまでの地に足のついた活動が実を結び、日本各地で人気が急上昇。

7月にリリースした限定シングル「真夏のエクスタシー」は初回限定だったにもかかわらず、2千枚以上を売り上げた。

この人気を受け、同年11月に「眠れぬ夜のひとりごと」でメジャー・デビュー。

ちょっとフォーキーでソウルフルな味わい深いロック・サウンドは、年代を問わず幅広い世代に人気がある。

Vo.ワタリによるソウルフルな声、歌い回し、オリジナリティと温かさあふれる詞曲の世界に、

音楽のルーツが全く異なる3人の個性が混じり合い、それらが「風味」となり、

POPな中にジャズのスパイスを効かせ、ロックを奏でる、彼ら独自の世界を構築している。

そして、2005年1月25日、ニューシングル『ナキムシのうた』が発売されたばかり。


・・・という3人組なんですけれども、

これがもの凄く(・∀・)イイネ!!(・∀・)イイネ!!(・∀・)イイネ!!


・・・すみませぬ、取り乱しましたが、それぐらい(・∀・)イイネ!! ぇ



ピアノ・ベース・ドラムという結構新鮮な編成なのですが、これがまたドツボだったりするんですねぇ。


僕が風味堂と出会ったのは、『ナキムシのうた』で、当時、CS放送でヘビーローテーションされていて、聴く機会が凄く多かったんです。

でも、その『ナキムシのうた』が始まる度、飽き性のはずの俺が、結局最後までPV見てしまってるんですよww

ライトリーなピアノの音色が、心にビックリするぐらいスッと入ってきて、

ジワーッっと一気に広がって、忘れられなくなります。


その音色に、『泣きたい時には思い切り泣けばいいのさ』という聴く人聴く人を優しく見守るような前向きな歌詞が、本当にマッチしています。


それで、気がついてたらハマっていたと。w


そして、あれよあれよと、『ナキムシのうた』、そして1stミニ・アルバム『花とりどり』をamazonにて購入・・・。

それまでの過程がもの凄く短期間だった気がしますw

それほど、魅力に取り付かれてしまっていた、という事なんでしょう。


『花とりどり』は、言ってみれば『風味堂の味詰め合わせ』とでも言いましょうか。

とにかく、『ピアノ・バンド』という形を最大限に生かして作られた秀作だと思います。

1. Swinging Road
2. Rainy day
3. 罪深きヒガイ者
4. ラヴ・ソング
5. 花とりどり
6. ママのピアノ
7. Have a goodnight sleep...


1曲目の『Swinging Road』の、風味堂節全開のアップテンポで始まり、

3曲目の『罪深きヒガイ者』では、少しダークな一面も見せつつ、

6曲目の『ママのピアノ』では、3拍子の哀愁漂うメロディーを、情感タップリに歌い上げています。

しかも、このアルバムは、聴けば聴くほど味がどんどん染み出てくる『スルメアルバム』だと思うので、

きっと、皆さんを飽きさせない事でしょう!


ピアノやジャズがお好きな方や興味のある方には特にオススメしたいアーティストですね!


何をするのも気分が乗らない時だったり、少し落ち込んでしまった時だったり、また"ナキムシ"となってしまった時なんかに、

この、『素晴らしい風味のハーモニー』は絶大な力を貸してくれる事でしょう!



ということで、今回は、『風味堂』をご紹介しました!

いかがだったでしょうか?

それではまた!!


公式ページ(『花とりどり』の視聴コーナーあり)

『花とりどり』以外のシングルの視聴はこちら




今日ご紹介したCD




アーティスト: 風味堂, Kazuhisa Watari, 森俊之
タイトル: ナキムシのうた








アーティスト: 風味堂
タイトル: 花とりどり

スポンサーサイト
[ 2005/03/02 03:02 ] 期待のヒカリ | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://ondon.blog56.fc2.com/tb.php/857-5e0c54cb








上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。