スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

期待のヒカリ #11 『MONKEY MAJIK』 



という事で、今日4つ目の記事です。
なんか書きたい事が溜まってるのか・・・。





Fly


Fly
posted with amazlet on 06.01.18


MONKEY MAJIK Blaise Maynard tax Misao
エイベックス・マーケティング・コミュニケーションズ (2006/01/18)





 



これまでの女性アーティストの記事ばかりの流れをぶった切るのが、期待のヒカリ・4組目にご紹介する『MONKEY MAJIK』


このアーティストを知ったのは、先週の事。新曲『Fly』(1月18日発売)のPVを見て、なんかビビビッ(とっくに死語)ときてしまい、現在、ご注目しているアーティストなんです。


プロフィールはというと、


Maynard(Vo・G)、Blaise(Vo・G)、tax(Dr)、DICK(Ba/by-SOUL ADDICTION)の4人組。(以下公式ページより引用)


ツインヴォーカル&ツインギターを務めるプラント兄弟が生み出すカナディアンロックは、他に類をみないサウンドを生み出し、噂が噂を呼び一躍人気バンドとなった。
2005年2月にリリースされたファーストミニアルバム「Lily」は、2月という季節にぴったりはまり、切ないメロディーが多くのリスナーの心に沁みた。もちろん仙台地区主要6店舗では全店初登場1位を記録、オリコンインディーズチャート16位を記録。
そのわずか2ヶ月後、セカンドミニアルバム「Get started」をリリース、仙台で行われたサイン会には延べ2000人以上のファンが駆けつけ、オリコンインディーズチャート8位を記録 そしてインディーズラスト盤となる「eastview」が2005年9月にリリース。


そして、このシングルでメジャーデビューを果たしたようです。


そうなんだよなぁ、ビビビッときたと同時に何かが引っかかっていたんですけど、”声”だったんですね。
ヴォーカルがカナダ人という事で、少しクセのある日本語なんですが、それがね、もんのすごいイイんですよ。 一度聴いたらなかなか忘れられない、際立った少しハスキーな声。誰かのたとえると、少ーしSOUL'D OUTのDiggy-Mo'のエッセンスが入ってるかも、ちょっとですがw


曲は、センセーショナルなメロディーが聴き手を魅了しそうなカナディアンロック。
この、『カナディアンロック』というもの、俺は当然のごとく全然知らないです^-^;
『Fly』からは、あまりにコテコテロック、というのではなく、非常に爽やかな印象を持ちました。(まぁカナディアンロックが一概にこれだとはとても言い切れないので、念のため^-^;)
でも、ここまでなんというんでしょうか、虜にしてしまうものだとしたなら、もう少しリサーチしてみる甲斐は十分あるかも!


普段バンド系統の曲は苦手で、よっぽどの事がない限りじっくり聴いたりしないんですが、たまぁにあるんですよ、こうしてのめり込んでしまう事が。
なので、女性アーティストばかりやポップス、クラブノリの楽曲をよく聴く人でも、一聴の価値はあるかも!


2月には早くも2ndシングル『Around The World』が発売決定しており、この曲は、香取慎吾主演の月9『西遊記』の主題歌に大抜擢されております!こちらも要チェックです!(さすが、西遊記=MONKEY MAJICですね)


★★★★★★★★★☆


こんなアーティストが好きな方は是非!→レミオロメン・ORIGINAL LOVE・湘南探偵団・Def Tech



MONKEY MAJIK 公式ページ(試聴できますよ!)





スポンサーサイト
[ 2006/01/18 04:27 ] 期待のヒカリ | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://ondon.blog56.fc2.com/tb.php/848-848804de








上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。