スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

『もう君がいない』 FUNKY MONKEY BABYS 

もう君がいない

FUNKY MONKEY BABYSのニューシングル『もう君がいない』(10月31日発売)。
「ちっぽけな勇気」以来約5ヶ月ぶりとなる新作は、哀愁を掻き立てるストリングスで幕を開ける失恋を題材にしたミディアムナンバー。シングルA面楽曲での失恋ソングは初となるわけですが、これが案外聴き応えがあるんですよねぇ。初めこそ「うーん今回もやっぱりこういう路線なのね・・・」程度に思ってたのが、リリックの言葉選びにおけるセンスはなかなかやし、品のあるアレンジも冬特有の物悲しい風情を表現できてるしで、オリジナリティの部分とは違う、言わば+αの要素が上手く際立てられています。一見、シーンに蔓延る他の同系統アーティストと音楽性のコンセプトなどはさほど変わらなく見られがちな彼らなんですが、彼らの場合、その同様の売れ線アーティストに顕著に見受けられる”あざとさ”がほとんどないという点に好感が持てるんですよねぇ。キャラクターもどうも憎みきれないしw ちなみに今回のジャケット&PV担当は、今のU-20女優の代表格・戸田恵梨香です。

カップリングの『ぼくはサンタクロース』は、タイトルからも見て取れるように、メルヘンチックなクリスマスソング。程よい気だるさを放つフロウに寧ろ強い説得力を感じます。軽快な4つ打ちビートも、誰しもが抱くクリスマスに対する高揚感を忠実に表現出来てて(・∀・)イイネ!!

12月12日には、2枚目となるアルバムがリリース予定です。

★★★★★★★★☆☆
公式ページ(試聴できます)


スポンサーサイト

こんにちは!
ボクも初めて聴いた感想は、ケンイチさんと同じように感じました。しかし、意外と何度も聴いているうちに、評価も変わってきました。ちょっと意外性を感じた楽曲でした。
[ 2007/11/03 17:01 ] [ 編集 ]

>>ワールダーさん
俺も若干ですが意外性を感じました。今回はマジでストリングスGJ!って感じの1曲かなとw
[ 2007/11/03 17:50 ] [ 編集 ]

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://ondon.blog56.fc2.com/tb.php/830-050e7e04








上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。