スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

『リアル/She』 榎本くるみ 

リアル/She

これからが期待される女性シンガー・榎本くるみのニューシングル『リアル/She』(10月17日発売)。5月発売の『NOTEBOOK Ⅰ~未来の記憶~』以来となる新作は、しなやかさと刺々しさを兼備したリリカルなロック・ナンバー。主人公が、タイトルにもある”リアル”という存在に対峙出来るまでのプロセスを描いた歌詞は、誰にも一度は経験のある現実に対する逃避や嘆きを率直に綴っており、聴いていると、まるで隠していたものが急に露になった時のように、一瞬ハッとさせられるはずです。イメージとしては、Coccoや鬼束ちひろの筆致を柔らかくストレートにした感じかな。なので上に挙げたアーティストが好きな方には是非一度聴いてもらいたいです。 編曲も、Coccoの楽曲を手がけてきた根岸考旨氏やしw それにしても、ラストの鬼気迫るシャウトが何とも意味深や・・・。

彼女の楽曲はこの名義でデビューした当時から聴いているんですが、アルバムを経て更に凄みを増したというか、特に声における独自のオーラが凄絶なんですよね。圧巻です。

2曲目『She』は、「愛」という目に見えないものを深く突き詰めたヘビーなミディアム・ロックナンバー、そして『Cure』は、ほぼピアノのみで構成される涙なしでは聴けない至極のスローチューンになっています。

★★★★★★★★★☆
公式ページ


スポンサーサイト

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://ondon.blog56.fc2.com/tb.php/805-e986d539








上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。