スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

『明日のために ~Forever More~』 上木彩矢 


                      『ミセカケのI Love You』
明日のために~Forever More~(初回限定盤)(DVD付)  

(着色している曲の見方は次のとおりです→赤色:注目曲、オレンジ色:シングルA面曲、ピンク色:シングルA面曲かつ注目曲、緑色:シングルカップリング曲、青色:シングルカップリング曲かつ注目曲、下線付き+太字:シングルレビューのリンク有)
1. 世界中の誰もが  2. 明日のために(ALver.)  3. YOU & ME  4. Tears  5. ココロが..もう少し  6. 夢の中にまで  7. 眠っていた気持ち 眠っていたココロ(ALver.)  8. もう帰らない  9. Forever More  10. youthful diary  11. ミセカケのI Love you(ALver.)  12. 叶わないなら~winter lovers~  13. 星の降る夜には  14.A constellation ~2007 (Bonus Track)


GIZA所属のガールズ・ロッカー上木彩矢のニューアルバム『明日のために ~Forever More~』 (10月10日発売)。前作『Secret Code』以来約1年3ヶ月ぶり通算2作目のオリジナルアルバムで、シングル曲②⑦⑪も収録しています。

混沌とした雰囲気を醸すキャッチーなミディアム①『世界中の誰もが』、これまでの影のあるイメージを一気に払拭したとことんポジティブなアッパーチューン②『明日のために』、「ユアンミー♪」という開放感タップリのコーラスが気持ちよい③『YOU&ME』、畳み掛けるように展開するAメロに注目の感傷的な⑤『ココロが...もう少し』、浜崎あゆみの楽曲に顕著にみられる歯切れのよいギターリフが印象的な⑥『夢の中にまで』、Bメロから一転して一気に加速するサビが病みつきになる上木流儀のロックチューン⑦『眠っていた気持ち 眠っていたココロ』、②とは全くの対を成すネガティブ・バラード⑧『もう帰らない』、センセーショナルな歌詞に元気をもらうアルバムタイトル曲⑨『Forever More』、 メロ展開やギターフレーズが激しく後期のDo As Infinityっぽい儚げなスロー⑩『youthful diary』、ペーソスを十分に含んだ歌唱が聴き手の心を激しく揺さぶる疾走チューン⑪『ミセカケのI Love You』、そしてストリングスを大々的に使用しロックを完全に封印してみせたインディ時代の楽曲の新ヴァージョン⑭『A constellation ~2007』などなど、

彼女なりのポップロック・スタイルを炸裂させていた前作とは対照的に、本格派バラードや落ち着いたミディアムナンバーが多く軒を連ねており、新たな彼女の一面を窺える半面、全体的にもうちょっとボルテージ上げた方がよかったんじゃない?っていうのが正直な感想。アッパーなシングル曲が要所要所に挿されていたのが幸いです。

★★★★★★★☆☆☆
公式ページ(全曲試聴できます)

『Secret Code』レビュー
『もう君だけを離したりはしない』レビュー
『ピエロ』レビュー
『Communication Break』レビュー
スポンサーサイト

某店で抽選会やってたんだけど、
大々的に店頭DAYやるほど売れてなくてヤバかったwww
しかも、抽選箱に手を入れた瞬間にボールの色丸見えで
あんまり抽選の意味無かったし(ノ∀`)アチャー
特賞がサイン入りヘッドフォンだったよi-61
アルバム曲では「ココロが...もう少し」が気に入ったかな~。
「もう帰らない」とか“…もう少し”とかって字面でZARDを思い出したw
[ 2007/10/14 23:29 ] [ 編集 ]

上木は一般層に迎合したのが見事に裏目に出た気がします。
初期のファンも結構離れましたしね・・・売上げもやばいです。
中途半端なミディアムやバラードやる位ならこの声質なら
もっと先鋭的なロック曲ガンガン歌った方が個性も出せる気がしますね。

[ 2007/10/15 00:04 ] [ 編集 ]

>>ピタくん
マジかーww つかその抽選会色んな要素がやる気なさすぎやなww ただサイン入りヘッドフォンは欲しい!w
スタイルは大きく変わったけど、何だかんだでまだGIZA臭は芳しいよねぇ。別に楽曲自体はどれも悪くないんやけど、素直に(・∀・)イイ!!って頷ける楽曲が少ないんよなぁ・・・。
[ 2007/10/15 00:24 ] [ 編集 ]

>>蒲鉾さん
今回思った以上に壮絶にコケそうです(;´Д`)
1st ALの時点で若干の半端さを懸念してたんですけど、まさかここまで迷走しちゃうとは思ってもみなかったです。
とりあえずは、このアルバム後の動向に注目したいと思います。
[ 2007/10/15 00:26 ] [ 編集 ]

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://ondon.blog56.fc2.com/tb.php/794-915f4bf6








上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。