スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

『サライの風』 MAY 

サライの風韓国出身のアコースティック・シンガーMAYのニューシングル『サライの風』(1月11日発売)。前作『木枯らしの純情』に続き”風モノ”タイトルになる今作は、プロデューサーに前作同様、椎名林檎らを手がけてきた亀田誠治を、そして作詞にはELTの持田香織をそれぞれ迎えた贅沢なミディアムチューン。王道的なポップ・コードの上を、韓国人独特のクセを持たない彼女のシルキーなヴォーカルが、小気味に流れていきます。もっちーの紡いだ歌詞も、メロに難なく馴染んでおり、もっちー自身が歌っても何ら違和感は抱かなさそうww ただ以前の作品と比べると、プロデューサーが亀田氏のためか、彼女自身が爪弾く生粋のアコースティック性が随分と薄められ、その分大衆ウケのし易いポップな要素が劇的に強くなっている気がします。それこそ亀田氏解禁の前作以降。これに関しては、もうちょっと彼女のカラーを出してもいいんじゃないかなぁという気がしなくもないですが、そもそもそのカラーを判然と放っていたデビュー当初から彼女を知っている人が、果たして何人いるのやら・・・('A`)
PVには今人気急上昇中の女優・戸田恵梨香や広末涼子らフラーム所属の女優たちがこぞって出演、オーラのある振る舞いで好演しています。

カップリングの『I'LL DO ANYTHING』は、しゃくりあげるギターサウンドが印象的なリズミカルなミディアム。てか彼女英語も達者なんですよねぇー。ナチュラルな節回しで嫌味も感じないし(・∀・)イイネ!!

1月31日には、初のフルアルバム『a Little Happiness』のリリースが控えています。

★★★★★★★★☆☆
公式ページ

スポンサーサイト

ねーねーこの人と持田氏って何か関係があるのー(・∀・)??
だいぶ謎な繋がりだよw
[ 2007/01/13 20:13 ] [ 編集 ]

>>ポニちゃん

んー同じエイベ繋がりってとこじゃない?wあと考えられるのはプロデューサーの亀田氏を通じての縁とかw まぁどっちみちいい具合に仕事してくれたからいいんやけどね(*´д`*)ハァハァ
[ 2007/01/13 23:44 ] [ 編集 ]

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://ondon.blog56.fc2.com/tb.php/689-81d6e32b








上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。