スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

『しあわせの箱を開くカギ』 植村花菜 

                        『紙ヒコーキ』
しあわせの箱を開くカギ   

(着色している曲の見方は次のとおりです→赤色:注目曲、オレンジ色:シングルA面曲、ピンク色:シングルA面曲かつ注目曲、緑色:シングルカップリング曲、青色:シングルカップリング曲かつ注目曲、下線付き+太字:シングルレビューのリンク有)
1:紙ヒコーキ 2:物語 3:私でよければ・・・ 4:やさしさに包まれたなら 5:ホントの気持ち 6:プカプカ 7:想い 8:冷たい雨 9:しあわせのカギ 10:光と影 11:花


今年メジャーデビュー3年目を迎える女性シンガーソングライター・植村花菜のニューアルバム『しあわせの箱を開くカギ』(1月1日発売)。前作からジャスト1年ぶりとなる通算2枚目のオリジナルアルバムで、よりしなやかに成長した彼女の音楽性を堪能できる1枚になっております。

主な収録曲を追っていくと、
本人が初めて恋愛以外の事柄を題材にして書いたという歌詞も必見の、浮遊感タップリの3拍子チューン①『紙ヒコーキ』、清清しいファルセットが躍動感あるギターチョーキングと絶妙に絡み合う②『物語』、友達へ向けたやさしさの詰まった歌詞が胸を打つピアノ・ソング③『私でよければ・・・』、ユーミンの言わずと知れた名曲を、アコギ主導でカヴァーしたシンプルな作りの④『やさしさに包まれたなら』、生活感溢れる謙虚なサウンドが特徴のアンビエント⑥『プカプカ』、虚ろなメロディーラインとシリアスな歌詞で新境地を拓いた⑧『冷たい雨』、心の迷妄と闘いながらも自分の幸福を探し求める・・・という現実的な内容を軽やかなアコギに乗せ歌う⑨『しあわせのカギ』、そしてPSP用ゲーム「テイルズオブザワールド レディアンドマイソロジー」テーマソングのためバイト先で嫌ほど垂れ流されている厳しいアッパーチューン⑩『光と影』などなど、

前作同様、アコースティックさを全面に押し出した気持ちよいナンバーが並んでいる一方、全体を通してどうも落ち着きが過ぎてるような気がして、アルバムの起伏というか、脈の部分をあまり感じられなかったような気がします(´・ω・`) 曲単位でいえば、どれも言う事なしなんですけどねぇ・・・。ちなみに、ラストの「花」終了後、シークレット・トラックとして新曲「ヘイホー」が収録されています。和気藹々とした生テイクになっており、素の彼女がとくと窺えますよ(・∀・)ニヤニヤ

★★★★★★★☆☆☆
公式ページ

スポンサーサイト

この人デビュー仕立ての頃にラジオのイベントでライヴを見たことがありますよ。
曲とかもなかなか印象良くて当時気に入ってました。
[ 2007/01/09 23:22 ] [ 編集 ]

>>M♪Boyさん

ほーそなんですかー!
この人のLIVE行きたいんですよねぇ(´・ω・`)
2ndもよければ聴いてみてくださいな♪
[ 2007/01/10 09:49 ] [ 編集 ]

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://ondon.blog56.fc2.com/tb.php/686-5f766a63


★「しあわせの箱を開くカギ」 植村花菜

 シンガーソングライター、植村花菜さんの2nd Album 「しあわせの箱を開くカギ」 をレンタルしてきました。 シングル曲では、「紙ヒコーキ」 「光と影」 などが収録されています。 感想ですが、予想以上に素晴らしいアルバムで驚いた! 1st Albumのイメージで聴くと痛い..
[2007/01/24 21:07] URL 日本の歌姫たち






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。