スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

『景~hikari~/手紙』 河口恭吾 

さぁて今年のCDレビュー一発目です!しまってこーヽ(`Д´)ノ

「景~hikari~/手紙」

という事で、河口恭吾のニューシングル『景~hikari~/手紙』(2006年12月27日発売)。昨年の締めと同時に2007年の幕開けを彩るこの1枚は両A面仕様。1曲目は、昨年の12月9日にフジテレビにて放送されたドラマ『戦場の郵便配達』EDテーマに起用されていた、彼ひさびさとなるしとやかなバラードナンバー。昨年リリースしたシングルはいずれも朗らかなアッパーチューンだったので、まさに従来の音楽に”回帰”したと言い切ってもいいであろう今作ですが、とにかくどこをとっても美しいんです。ピアノ、ギター、ストリングス、そして彼の歌声といった穏やかな音を奏でる”楽器”のみで構成された清くも儚い世界観は、彼にしか生み出す事の出来ない目映いオーラを放っています。まぁ若干滑らか過ぎる印象も否めませんけど、ここまでシンプルなバラードをここ最近聴いていなかったので、あっさり心打たれちゃいましたよww

2曲目は、今は亡きかけがえのない人への想いを痛烈なまでに曝け出し綴った、尊きスローバラード。こちらの方が、1曲目よりもアコースティック色が強く打ち出されています。か細いVo.もいい味出してて◎。シングル『桜』がヒットした2004年頃の彼の音楽が好きだった方は、是が非でも一聴あれ!

★★★★★★★★★☆
公式ページ(試聴できます)

スポンサーサイト

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://ondon.blog56.fc2.com/tb.php/676-53322e1e








上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。