スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

『関風ファイティング』 関ジャニ∞(エイト) 


関風ファイティング (通常盤)関ジャニ∞(エイト)のニューシングル『関風ファイティング』(12月13日発売)。演歌からポップスへの華麗なシフトを遂げた、「関風=カンフー」だけにチャイニーズフレイヴァー溢れるファンキーな1曲に仕上がっており、失恋を楽天的に捉えた歌詞は、まるで彼らの生まれながらともいえる性分がことごとく反映されたようです。全体的に新規ファンも多く取り込めそうなキャッチーな内容になってはるんですが、間奏では相変わらずのコミカルな掛け合いが聞けますし、歌詞にもさりげなくチャイナにかけて「~ちゃいなよ」というジャニーさんでおなじみのフレーズが盛り込まれていたりで、遊び心は依然一切忘れていない模様ww ただ如何せん、やっぱりメンバーの錦戸の歌唱が鼻につくなぁと。あの度を越したハスキーさがどうも生理的にダメなんですよねぇ、音も安定してないし。ほかはみんな揃ってある程度の歌唱力を持っているだけに、それだけがどうも口惜しいww

カップリングの『プロ∞ペラ』は、カントリーベースの朗らかなアッパー。和気藹々としたコーラスが微笑ましいです。『サムライブルース』は、その名のとおりブルース調に味付けを施した男気溢れるナンバー。合間のブルースハープが大人な雰囲気を掻き立てます。そして『未来の向こうへ』は、アルバムのラストに収録されそうなスケール感を持たせたスローバラード。ここでも錦戸氏のきも汚い歌唱は大炸裂ww

最後に。いつもこの手の記事の際には言ってるんですが、この記事に対する誹謗中傷は一切受け付けてませんので悪しからず。

★★★★★★★★☆☆
公式ページ



スポンサーサイト

いやージャニーズ人気は、相変わらず凄いですよね?
オリコンでも堂々の一位ですし、アルバムもキンキが1位になってます。
でも、勢いがあるのは最初だけなんですよね。
[ 2006/12/19 01:01 ] [ 編集 ]

>>M♪Boyさん

まぁ固定ファンが発売日周辺に一気に買い込むので、後々尻すぼみになるのはしょうがないですよねぇ。でもそれでなければジャニって感じはしないですからねww
[ 2006/12/19 16:11 ] [ 編集 ]

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://ondon.blog56.fc2.com/tb.php/661-4b68042b








上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。