スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

期待のヒカリ #13 『久嶋美さち』 

このブログにカムバックして初の期待のヒカリです。

という事で、13組目の期待のアーティストは、久嶋美さち


小さい頃から民謡を歌い、全国大会ではなんと2年連続日本一(12歳、13歳)という、元々は民謡界のプリンセスだったわけですねぇ。そんな彼女が、2年前上京し、遂に昨年12月に、シングル『Missing You』でJ-POP界にかなりの鳴り物入りでデビューいたしました。


本来なら、この『Missing You』発売の時点で期待のヒカリとしてご紹介したかったんですけど、その頃はブログ作業を休止していたので、今回発売のシングル『リタの場合』(2月1日発売)を機に、こうしてご紹介させていただきました。


民謡で培ったキレのいい堂々とした歌いまわしには爽快感を覚え、スムーズな歌声には安心感を覚える、まさに一度聴いたら記憶にしっかり残る声の持ち主だと思います。


既発のシングル『Missing You』では、あの松井五郎が作詞を手がけ、静の中に動を盛り込んだミディアムロックチューンに挑戦、その悲哀ごもった繊細な歌いまわしで、すぐに虜になってしまいました。


そして、続く今回のシングル『リタの場合』も、前作に負けないロックをベースにした楽曲。

Lita(歌詞の主人公のニックネーム)の愛の葛藤の日々を綴った歌詞は、深く、寂しく、そしてロック


これを彼女が歌うんだから、そりゃあ最高のものにもなります。


3月8日には、自身初となるフル・アルバムがスタンバイしてるようで、その中でどんな”世界”が造られているのか、非常に興味深いところです。個人的には、彼女作詞した楽曲を期待してます。



久嶋美さち 公式ページ(試聴あり)


期待度 ★★★★★★★★★☆
こんなアーティストが好きな方に! Mr.Children・Cocco・鬼束ちひろ・くるり・柴田淳

スポンサーサイト
[ 2006/02/06 17:04 ] 期待のヒカリ | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://ondon.blog56.fc2.com/tb.php/66-6e792914








上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。