スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

本日のシングルレビュー:2006年12月15日 



A Street StorySony Musicとよみうりテレビ主催のストリートミュージック・オーディションでグランプリを獲得した6人(女性Vo.2名+男女各2名のダンサー)からなるストリート・ユニット・RSPのデビューシングル『A Street Story』(12月6日発売)。彼ら自身の出演するよみうり系ドラマ『REAL STREET』主題歌にも起用されている今楽曲は、最近引っ張りだこの今井大介がプロデュースを請け負った晴れやかなポップチューンになっており、ポジティブなメッセージは、彼らの”CDデビュー”という名の門出を力強く後押ししています。曲調は今井大介にしては珍しくどポップな仕上がりになっているんですが、合間には鋭いラップも盛り込んでいたりと、なかなか侮れない構成になっています。Vo.の松尾さんは歌の節回しが若干BENNIE KのYUKIっぽいです。芯があるけど、抑揚も手堅く効かせている、という。ただ一応「ダンス」に重きを置いたユニットにしては、曲からメンバーの踊ってる光景がどうも想像出来ないんですよねぇww それに関してはどうなんでしょww

カップリングの『この街の片隅で』は、彼ら自身が作詞に関与した感傷的なミディアムナンバー。妙にしんみりするムードから、LIVEではラストの方に歌われる事請負かなとww
『platinum』は、今井氏らしいクリアなハンドクラップ・ビートが和やかなフロア・チューンになってます。

★★★★★★★☆☆☆
公式ページ(試聴できます)





shyne.jpg続いて元々は韓国で活躍していた双子姉妹によるR&B系ユニット・Shyneの1stシングル『DO ME DO ME』(12月13日発売)。Hookでの『ドゥミドゥミドゥミライクダー(・∀・)』というフレーズが超爽快なグルーヴィーなダンス・チューンになっており、1回聴いただけですぐ病み付きになってしまいましたw 作曲・編曲には、今年5月に発売された日本デビューミニアルバムやKAT-TUNのシングル「SIGNAL」のソングライティングも手がけていたJOEY CARBONE&LISA HUANGのコンビが参加しており、日本でも十分に通用するキャッチーな世界観を生み出す事に成功しています。実は現時点で彼女らの基本情報がほとんど入ってきていないのですが、歌唱力も両者ともなかなかあるし、アドリブセンスも予想以上。5月のミニアルバムにはまだ手を出してないんですけど、HI-DやAKIRAら日本のR&Bシーンを牽引するメンツが多数参加しているという事もあり、今シングルを受けて一気に自分の中での注目が高まりました。今後の活躍が気になる~!

カップリングの『JUST 4 ME』は、ブリちゃんことBritney Spearsの楽曲にありそうな不穏なシンセビートが敷かれたセクシーなアッパーチューン。とにかくUSのアイドルが一度は手を出していそうな曲調ですww

★★★★★★★★★☆

スポンサーサイト

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://ondon.blog56.fc2.com/tb.php/657-7a906a2c








上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。