スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

本日のシングルレビュー:2006年12月8日 

cherry girl/運命(仮)(DVD付)まずは倖田來未のニューシングル『Cherry Girl/運命』(12月6日発売)。今年12枚目(出しすぎ!)となる新作は、両A面仕様。1曲目は、ソリッドなギターが大活躍するスタイリッシュなアッパーチューン。昨今の作品ほどにキャッチーには作られてはいない、所謂実験的要素を色濃く含んだ1曲なんですが、低音で展開するサビなんかは結構刺激的で、彼女の象徴である”エロカッコいい”を如実に具現化出来ていると思うので、そういった面では、どなたでも難なくのめり込める娯楽性と中毒性を兼備しているんではないかなと思います。 ただその反面、従来に比べて非常に歌詞のクオリティが低いのは否めませんww それはおろか、語感の歯切れもどうも悪く、無理やりメロに嵌め込んだ感ありありの窮屈な歌い方をするので、もうちょっとどうにかならんかったのかなぁともどかしい気持ちで一杯になったのでした。

一方の2曲目は、仲間由紀恵主演の映画『大奥』主題歌に決定した品のあるミディアム・バラード。映画を意識してか、音から若干和のフレイヴァーも感じさせます。ただそれ以外は特に当たり障りがない感じで、すっかり王道という名の定型的な枠に収まりきっちゃってます。やっぱり量産的精神を高らかに掲げるJ-POPシーンでは、これが限界なんかなぁ・・・(´・ω・`)ショボーン ちなみに読みは「うんめい」ではなく「さだめ」です。

12月20日には、これらのシングル曲を網羅した5thアルバム『Black Cherry』のリリースが控えています。個人的に、付属DVDドラマでの彼女の大根ぶりに大いに期待してますww

★★★★★★☆☆☆☆
公式ページ

『Cherry Girl』                   『運命』
 



クリスマスター(初回限定盤)(DVD付)次に今年ブレイクしたものの、来年落ち目へと急降下する画が鮮明に目に浮かぶ桜塚やっくんのニューシングル『クリスマスター』(12月6日発売)。デビュー作ではヘビメタ、前作ではダンス・ポップに挑んだ彼の新作は、一昔前に流行ったような無駄に明るいメロディーラインに失笑寸前のポップ・ロックナンバー。はいもう彼、完全に調子に乗ってますww 近年パッと出(キャリア自体は長いけど)の芸人がそう淡々と3枚もシングル出せないしな・・・w でもこれが結構クセになっちゃうっていう。 ぁ メロディーラインをなぞるオルゴールの音色や開放的なギターなど、音だけとってみればウンザリするほどオーソドックスやけど、彼にかかればそれらも不思議と辟易しないんですよね。多分”コミック・ソング”っていうジャンルも上手い事織り交ぜてあるからだとは思うんですが。ジャケの女装も一段と気合入ってんなーw 絶対下からライト当てまくりやろうけど・・・(;´Д`)

カップリングの『桜・・・・かぞえ唄』では、一転し男性として(?)凛々しく歌い上げており、そのギャップも楽しめるんではないかなとw でもこのメロディー、絶対一世風靡セピアの「前略、道の上より」からのインスパイヤやん・・・('A`)

★★★★★★★☆☆☆





This timeラストは名取香りのニューシングル『This Time』(12月6日発売)。これまた上同様、クリスマスを意識した光沢のあるアレンジ一色に包まれたキャッチーなダンス・ナンバーになっており、ドラマチックな展開や一途な歌詞などから、前々作「Lovespae」を彷彿させられました。前作「Stay」では、「息苦しい~息苦しい~('A`)」と超鬱々しいフレーズをサビで連呼して聴いてるこっちが息苦しくなったもんですが、今作では「ララララララ~♪(ノ゚ー゚)ノ 』と随分ご機嫌なご様子w 曲調も、デビュー当初のような奥行きのある打ち込みサウンドに立て直されつつあるようです。 ぁ てか彼女の場合、声がこの上なく麗々しいだけに、こういう曲の方が絶対シックリ来るんよなぁ。まぁ前作みたいなのもたまにはいいかもしれんけどね、たまには。

カップリングには、同曲を更に華やかに仕立て上げた『X'mas Ver』や、上でも名前が出ている「Lovespace」を半沢武志ことFreeTEMPOがリアレンジした『FreeTEMPO Remix』を収録。

★★★★★★★☆☆☆
公式ページ(試聴できます)


スポンサーサイト

FNS歌謡祭の時に、アナウンサーが「うんめい」ってずっと言ってたから
最後までちゃんと話を合わせてたあげてたよねw>倖田さん
せっかく『大奥』の主題歌になったわりに大した事ない曲で
( ´_ゝ`)フーンとしか思えなかったなぁ…。
[ 2006/12/09 00:45 ] [ 編集 ]

倖田さんてこんな歌ヘタクソだったっけ?(^□^;
運命がどーしても苦しそうに聞こえるんだけど…
ポニー♂さんのアルバム売り上げ予想は120万枚くらいにしておこう(・∀・)ニヤニヤ
[ 2006/12/09 09:37 ] [ 編集 ]

>>ピタくん

うんうんww>歌謡祭
『大奥』の予告見るたびに、楽曲が全然馴染んでなくて笑えてくるんですけど・・・w
[ 2006/12/09 12:34 ] [ 編集 ]

>>ポニちゃん

歌謡祭のときも苦しそうやったしねぇ。まぁあの高音の時のしゃがれボイスが好きっていう人も、決して少なくなさそう・・・w

俺も売上げ予想しとこーっとw
|´д`)つ 148万枚(あえてハンパでw
[ 2006/12/09 12:36 ] [ 編集 ]

倖田來未って飽きられつつあるような・・・・・・・

去年の今頃が一番ピークだったのかもしれませんね。
[ 2006/12/10 03:03 ] [ 編集 ]

>>柴犬さん

12週はインパクトありましたしねw>去年
ほんま次のALが飽きられるかどうかの正念場といったところではないかなぁと。
[ 2006/12/10 10:35 ] [ 編集 ]

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://ondon.blog56.fc2.com/tb.php/651-470ae0ff








上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。