スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

『青春の影/交差点』 CANCION 

調子づいてるので、一気にあと2つ記事書いちゃいます。


CANCION, 財津和夫, 伊藤心太郎, 笹路正徳
青春の影/交差点

という事でCANCIONのニューシングル『青春の影/交差点』(2月1日発売)。


古谷智志(フルヤサトシ)と繁本穣(シゲモトミノル)の二人組。

2004年にメジャーデビューをしてから、通産4枚目のシングルとなります。

『青春の影』はご存知、チューリップの名曲のカヴァー。

原曲よりも、おとなしくアコースティック感があります。てかこれ歌詞あらためて読みかしたんですけど、いいですよねぇホント。やっぱ名曲は楽曲も歌詞も(・∀・)イイ!!のが定説っすかね。

『交差点』の方も、シンプルなアレンジで、繊細なメロディーラインが浮き彫りになる分、シンミリ聴ける1曲です。


これがCANCIONデビューとなったんですけど、

ストリート出身という事や、楽曲の雰囲気、ヴォーカルの声なんかから、どうしても”サスケ”を連想してしまい、なかなか素直に聴けないところが個人的な難点ではありますが、安定感があり、でも決して展開が予想できないヴォーカルに結構惹かれてしまったので、他の楽曲も聴いてみたいと思います。アルバムも近々出るようですし。


★★★★★★★★☆☆


CANCION 公式ページ

スポンサーサイト

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://ondon.blog56.fc2.com/tb.php/65-ad5bd17d








上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。