スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

本日のシングルレビュー:2006年12月9日 


まぁ季節柄仕方ないけど、さすがこの週、冬ウタ&X'masソング多すぎ・・・('A`)


Top of the World (期間生産限定盤)まずはCHEMISTRYのニューシングル『Top of the World』(12月6日発売)。先日リリースしたベスト盤「ALL THE BEST」に唯一新曲として収録されていた楽曲のリカットとなる今作は、彼らの生みの親でもある松尾潔をプロデューサーとして久々に起用した、音の粒子がリズミカルに弾ける華やかなアッパーチューン。”リオのカーニバル”を自ずと彷彿させるサンバを主とするラテンのテイストが終始溢れかえしており、それによって生じているエレガントで整ったグルーヴは、初期の作品にも通じるものがあります。デビュー5周年という節目を越え、一風変わったアプローチでの”原点回帰”を成し遂げたと断言してもいい1曲ではないでしょうか。ミリオンヒットとなったデビュー曲「PIECES OF A DREAM」のフレーズやコーラスを随所でサンプリング使用している点などからも、少なからず制作サイドのそういった意志が伝わってきますし。 

カップリングの『10 Minutes of CHEMISTRY』は、その名のとおり約10分間の間、彼らの過去の楽曲がメドレー形式で次々登場する楽しくも感慨深い内容になってます。楽曲登場順は、『Top of the World』→『PIECES OF A DREAM』、『Point of No Return』→『It Takes Two』、『Let's get together now(一瞬)』→『君をさがしてた~New Jersey United~』→『My Gift To You』→『BROTHERHOOD(一瞬)』→『Now or Never』→『So In Vain』→『BROTHERHOOD(二回目)』→『愛しすぎて』→『Wings of Words』→『キミがいる(Remixと思われる・・・)』→『You Go Your Way』→『最後の夜』→『almost in love』→『PIECES OF A DREAM』→『Top of the World(締め)』・・・となっている、はずですww 

★★★★★★★★☆☆
公式ページ(試聴できます)





キミノキセキ/いつまでも...続いて今年のツアーも大成功を収めたSOULHEADのニューシングル『キミノキセキ/いつまでも・・・』(12月6日発売)。今作はX'mas/冬ウタを潔くコンセプトとして掲げた2曲をコンプリートした両A面仕様になっており、そのそれぞれがメンバーのYOSHIKAとTSUGUMIをフィーチャーしたソロ・トラックになっています。まず1曲目は、姉YOSHIKAソロのミディアム調の切ないクリスマス・ソング。銀世界を想像させる繊細な音使いは、彼女らの良き相棒であるトラックメイカー・OCTOPUSSYの粋な計らいといった感じですけど、終わり方があっけなすぎるのが玉に瑕かなぁ。余韻にドップリ浸りたいタイプの曲やのに・・・w でも歌っているのが一人やと、やはり違和感ありますねww それでも十分成り立ってはいるんやけどw

一方の2曲目は、妹TSUGUMIソロの愛する人への一途な想いを歌った温もり滲むミディアムスローナンバー。YOSHIKAよりも多彩な歌い方で対応しており、つくづくTSUGUMIは達者やなぁと実感しましたw また、ビートを薄味に施すに留めたスムーズで幻想的なアレンジは、気分の尖りを落ち着かせるのに適しており、恋人と居る時間だけではなく、様々なシチュエーションで活躍してくれそうです。 尚、その両方のPVに、俳優の玉山鉄二が出演しています。

★★★★★★★★☆☆
公式ページ(試聴できます)

 



粉雪のシュプールラストは”和製インリン・オブ・ジョイトイ”ともいえる顔つきの女性シンガー・一十三十一(ひとみとい)のニューシングル『粉雪のシュプール』(12月6日発売)。秀逸だった前作『ウェザーリポート』に続く新作は、冬をイメージした内容ながら、火照ったラテン・ビートにより気分がぐんぐん高揚するまるで魔法のようなダンス・チューン。音だけ聴くと、MONDO GROSSOの大沢伸一が作ったものだと錯覚してしまいそうになりますww 彼女の寝起きのような独特の覚束なさを纏った歌唱も健在で、楽曲のいい意味での泡沫的な部分を効果的に引き出してます。余韻も決して形容できないほど美しく、総合的に見て、最近リリースされたウィンターソングの中では群を抜いての出来かと!

カップリングには同名曲の別ヴァージョンが多く収録されています。個人的には、ドラムンベース調の『powder snow mix』がお気に入りです♪

更に来年1月24日には、これまでの楽曲からセレクトしたコレクション・アルバム『TOICOLLE』のリリースが控えています。

★★★★★★★★★☆
公式ページ(試聴できます)


スポンサーサイト

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://ondon.blog56.fc2.com/tb.php/643-1c90dde1








上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。