スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

本日のシングルレビュー:2006年12月6日 

Everything (DVD付)まずはEXILEのニューシングル『Everything』(12月6日発売)。新メンバー・TAKAHIROが加わり、7人編成になって初となる新作は、今や彼らの音楽の主流となっているポップなキャッチーぶりが冴え渡るポジティブなアッパーチューン。竹野内豊主演のドラマ『家族』主題歌に起用されています。サウンドや歌詞内容に関しては、相変わらず無難に収まりすぎているんですが、TAKAHIROが入るにつき気合を入れたのか、コーラスは従来に比べると若干重厚な組み方をされているように感じました。 TAKAHIRO自体の歌唱に関しては、この1枚を聴く限りでは可もなく不可もなくといったところかなぁ。 まだ歌う上での”遊ぶ”という感覚を十分に会得出来ていないようで、生粋のぎこちなさを彼の声から感じて瞬間先行きを危惧してしまったんですけど、初めの内は誰だってこんなもんなでしょうし、今後に期待しましょう!w

カップリングの『Giver』も、ラフな気持ちで聴けるベタベタな激励ソング。『HOLYNIGHT』は、今の時季に持って来いなウィンターバラード。'06版『ただ...逢いたくて』と比喩すれば分かり易いかもw 『EVOLUTION』は、日本テレビ系海外ドラマ『プリズン・ブレイク』主題歌に起用される、サイレンから幕を開ける濃厚なR&Bチューン。TAKAHIROには、これから是非ともこういう楽曲で多くのものを吸収して欲しいと思いますw プロデューサーはもうじきGiant Swingの新作をドロップ予定のT.Kura&michico夫妻!必聴ですよ!

更に来年1月17日には、そのTAKAHIROを輩出した新メンバーオーディションの課題曲として起用され話題沸騰だった楽曲『Lovers Again』の発売が控えています。

★★★★★★★☆☆☆
公式ページ(試聴できます)





actuality(初回限定盤)(DVD付)続いて女優としても活躍する柴咲コウのニューシングル『actuality』(12月6日発売)。今年3枚目となる新作は、本人出演のCM「フレシネ」のイメージソングに起用されているソフト・タッチなクリスマス・ナンバー。3拍子の優雅なリズムに乗せて描かれるのは、やはり彼女自身が綴ったこの上なく純粋で可憐な乙女心で、ムードあるサウンドと相まって、聴き手の気分をやさしく緩めていってくれるはずです。あと気づいたんですがこの楽曲、彼女のシングルA面曲史上初のCMソングという事らしいんですよねぇ。普段は映画やTV番組と結びつく事が専らなだけに、彼女にしては何とも珍しい1曲ですww

カップリングの『一色に暮らそう』は、メロウなピアノが技巧的な展開を見せるミディアムナンバー。タイトルにただただドキッとさせられますw 『線の雪』は、幼少の頃の”冬”を懐古するジャジーなポップチューン。終盤のファルセットがポイントです。

★★★★★★★☆☆☆
公式ページ





Stop Playin’A WallラストはZEEBRAのニューシングル『Stop Playin' A Wall』(12月6日発売)。今年2月に発売したAL以来初となるリリース作品は、彼ららしい奔放なリリックが心を淫らに刺激してくるスムージーなパーティーチューン。ちなみにタイトルには『踊ってみ?』という意味を込めたらしく、何でも直訳した『壁の花になるな!』に由来しているとのこと。半ば強引な変換にも感じますが、それが彼らしくもありますww リリック内容は至ってオーソドックスなフロアーものになっててちょっと残念だったんですけど、相変わらずライミングにキレとインパクトがあるので、その分は十二分にカバー出来ているように思います。それに湿っぽいトラックがやけに洗練されたノリを生み出してるので、つまりは無心に踊りたい、または感覚的に楽しみたい人には打って付けな1曲って事ですww

カップリングの『雲の上のHeaven』は、陶酔的なシンセを操るトラックに微睡むミッド。リリックでの英語の置き方が絶妙で、個人的にお気に入り(ノ´∀`*) 更にボーナストラックとして、問い合わせが殺到したという「2006世界バスケテーマ・ソング」『Top Of The World』を初CD化しており、ファンには堪らない1枚です。

★★★★★★★★☆☆
公式ページ

スポンサーサイト

柴咲コウ・・・あまりスキじゃなかったけど

このPVの柴咲コウは不覚にもカワイイと思ってしまったorz

意外に歌うまいし・・・(・`∀・´;)
[ 2006/12/10 22:38 ] [ 編集 ]

>>yopoさん

ウタ上手いんすよねー普通に>柴咲
あと書く詞の世界観も素晴らしいですし。
ああいう尖った美人が好きな俺・・・(*ノ∀`*)ペチッ
[ 2006/12/11 07:54 ] [ 編集 ]

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://ondon.blog56.fc2.com/tb.php/639-c6926e41








上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。