スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

本日のシングルレビュー:2006年12月4日 

*いずれも11月29日発売です。


クリスマスの約束まずは小田和正とゆずからなるSPユニットのシングル『クリスマスの約束』。同名タイトルのTV番組での共演を機に結成されたユニットで、クリスマスに相応しいハートウォーミングな歌詞と幻想的なアレンジが楽曲を彩る3拍子ミディアムナンバー。楽曲は2組の共作で、小田の洗練された感性とゆずの大衆的bなポップ・センスとが見事なまでに織り交ざった器用な1曲になっており、ついつい聴き耽ってしまいます。ユニゾンやハーモニーを巧みに使い分けたヴォーカル組みもさすがなもの。しっかし小田さんのハイトーンボイスは相変わらず透き通ってて素敵ですな(ノ´∀`*) 

カップリングの『大好きな君に』は、小田和正のアルバム「そうかな」に収録されていた名バラードを、『いつか』は言わずもがなのゆずの代表曲をそれぞれゆずおだVer.で収録したもので、お互いがお互いを立てようとしている彼らの謙虚なスタンスが窺える正統派コラボになっています。

★★★★★★★★☆☆
特設ページ





一色 [Maxi]続いて中島美嘉扮するNANA starring MIKA NAKASHIMAのニューシングル『一色』。大ヒット原作の映画化第2弾「NANA 2」の主題歌になっている今楽曲は、作詞を前作に続き原作者の矢沢あいが、そして作曲をGLAYのTAKUROが手がけた勇壮なロック・バラード。GLAY色丸出しの落ち着きのないメロディーラインがただただ印象的な1曲になっているんですが、映画の世界観や中島が劇中で演じる主人公・大崎ナナの野心的なキャラクターにも割と似合ってますし、違和感などは言うほど抱かなかったです。柔軟なヴォーカルと重層な音使いによって生み出されるドラマチックな展開も魅力的です。

カップリングの『EYES FOR THE MOON』は、映画の劇中歌としても使用される事が決まっているスピード感溢れるヘヴィーロック・チューン。サビでの高尚なファルセットが、楽曲に締まりとゆとりの両極端ともいえる要素をもたらしています。

★★★★★★★☆☆☆
中島美嘉 公式ページ(試聴できます)





小さな星ラストは倖田來未の「夢のうた インスパイヤ疑惑」の一件で一躍世間に名を馳せたシンガーソングライター・奥華子のニューシングル『小さな星』。豪壮なまでのストリングスから幕を開けるこの楽曲は、インディーズ時代から高い人気を誇っていた至極のラブソング。飾り気のない筆致で綴られる歌詞や、シンプルこの上ないアレンジは健在で、彼女の素朴な感性を直に感じ取る事のできる1曲になっています。そしてやはり特筆したいのは、あどけなさ残る天性のボイス。彼女の歌声を聴くと、体中の全神経が和らいで、一気に脱力出来るんですよねぇ。普段混沌とした毎日を送っている方は是非この曲を聴いて、癒しを実感して頂きたいなぁと思います。(カップリングには同曲の「おやすみ version」も収録。ドリーミーなアレンジが施されているので、睡眠前にどうぞw)

カップリングの『僕の知らない君』は、終幕した恋を嘆く切ないミディアムナンバー。曲中の『問題集めくるように 答え合わせ出来ないね』というフレーズが印象強いです。

★★★★★★★☆☆☆
公式ページ(試聴できます)
アルバム『やさしい花の咲く場所』レビュー

スポンサーサイト

昨日、FNS歌謡祭に中島さん出てましたよね。

あゆと同じ席に座ってたけど、すごい雰囲気が異様だった・・・・・・・不仲ってのはあながち嘘じゃないのか??って思ったり。曲はまあまあ好きですね。
[ 2006/12/07 14:31 ] [ 編集 ]

>>柴犬さん

俺もそれちょっと思いましたw でもあれはあれで、普段見れない取り合わせが見れたりして結構面白いですよねw
[ 2006/12/07 14:59 ] [ 編集 ]

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://ondon.blog56.fc2.com/tb.php/635-20dc886b








上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。