スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

『VERY LOVE -0.5℃』 MAO/d 

VERY LOVE -0.5℃主に2000年~2001年にかけて活躍するも、惜しくも表舞台から退いてしまっていた女性DIVA・傳田真央が、この度MAO/dに改名し、1stシングル『VERY LOVE -0.5℃』を(11月22日発売)遂にリリース!!いやぁ~待ってましたよー。というのも俺、大の傳田ファンなもんでww ちなみに今夏のケツメイシのシングル『男女6人夏物語』にもゲストVo.として参加していたのですが、イマイチしっくり来ずに思いっきりスルーしましたww やっぱ彼女名義の楽曲じゃなきゃ萌えないっす(*´д`*) テレビ朝日系ドラマ『アンナさんのおまめ』主題歌にもなっているタイトル曲は、直向な恋愛観を歌った可憐な胸キュンポップ・ソング。今回のプロデュースには、東京事変のベーシストとしても知られる辣腕・亀田誠治を起用しており、『売れる曲』をコンセプトにMAO/dと相談しつつ作り上げられたんだとか。売れる曲て・・・(;´Д`) まぁ結果的に、一般受けのよさそうな耳馴染みのいい1曲に仕上がりましたけど、古株ファンは、やはり物足りなく感じてしまうんやろうなぁ。昔は同じくキャッチーながら、R&Bの流れを汲んだ独特のグルーヴが息づく先鋭的な楽曲がほとんどだったので、それを念頭に置きながら聴くと、相当な肩透かしを喰らわされて結構なショックを受けるかもしれませんww 何でこんなはっちゃけてるんやとww ただ、艶を纏ったエレガントなVo.は傳田時代から一切衰退してなくて、そこは安堵しましたね。やっぱ彼女の歌唱は素敵すぎるわぁ(ノ´∀`*)

ちなみに以前は音楽性やビジュアル、アーティスト名の語感などから倖田來未としょっちゅう比較されてたんですが(てか今でもか)、倖田はそれから着実に腕を上げ、今やエロカッコいいで一世を風靡した言わずと知れたJ-POPクイーン。となると、次は傳田さんあらためMAO/dがブレイクする番じゃまいか!?(・∀・)ニヤニヤ・・・ と、興奮して支離滅裂な戯言を吐いてみるww( ´_ゝ`) でもマジでそうなる事を心から願ってますよー(,,゚Д゚) ガンガレ!

カップリングの『NARENAI BAD DAYS』は、彼女のしゃがれ歌唱も窺える緩やかなナンバー。『SOUL BELL』は、神秘的なオーラを放つ彼女お得意のスローバラード。彼女のシルキーな歌声が楽曲のムードを一気に高めます。

★★★★★★★★★☆
公式ページ(TOPで試聴できます)

スポンサーサイト

>『売れる曲』をコンセプト
工エエェェ(;´Д`;)ェェエエ工

復活は絶望的とまで言われてたから、
こうやって再びシーンに戻ってきてくれたのは凄く嬉しいけど、
また前みたいなカッコいいR&B曲をやって欲しいなぁ~(*´д`*)
[ 2006/11/25 07:34 ] [ 編集 ]

>>ピタくん

有り得ないよなぁーそんな事を端からコンセプトとして掲げてたなんて・・・"( ´゚,_」゚)ヒッシダナ"

1stALがネ申がかってただけに、どうしてもその頃の音楽を彼女に求めてしまうんよねぇ。 メインシーンから退いてた時はバンドやってたらしいから、今の音楽はそっから影響した部分が結構あるんやろうけど・・・。
[ 2006/11/25 09:56 ] [ 編集 ]

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://ondon.blog56.fc2.com/tb.php/603-75f71adc








上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。