スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

『レトルト』 扇愛奈 

生まれてこの方、レトルトカレーを一度も湯煎して温めたことがありません。 ぇ



という事で、扇愛奈のニューシングル『レトルト』(2月1日発売)。


先日の期待のヒカリ で、ご紹介した彼女ですが、それからジャスト1ヶ月後に発売されたこのシングル、

人間くさいミディアムロックナンバーに。静かに囁くように始まる歌いだしは『輪廻』と一緒です。前作『輪廻』とは一味違った世界観だったので、はじめはやっぱり困惑したんですが、これはこれで彼女でしか成せない事なのかなぁと思いながら詞をじっくり読んでいると、結構深いです。


彼に”いい彼女”に見られたいがために『レトルト』という手軽さを利用していた”私”。その甲斐もあってか、二人はいい関係を築き上げていたかのように思えた。しかし実はその”私”をうまく利用していたのは彼の方。 それに気付いてしまった”私”は『私こそがあなたのレトルトだったのね』と彼の元を去ることを決意するのでした・・・。


こんなところでしょうか。

かなり比喩が多く、多少あざとい感じはしますが、楽曲全体を包んでいる人間味のある空気が、それさえも案外すんなり受け入れさせてくれます。


そして、メロディーラインにもツボは用意されており、サビの『レンジでーチンしてもー』っていうところが、『笑えるところだけど、真剣に聴くところでもあるよね・・・』という気持ちのコントロールがうまく出来ないところではあるんですが、この微妙な具合が結構ハマります。


ただ惜しいのは、上でも言いましたが『レトルト』や『チン』といった比喩単語を必要以上に散りばめ過ぎだということでしょうか。その方が歌詞を見る方にとっては分かり易くはなるんやろうけど、笑い易くもなるよ。 ぇ


カップリングの『勝利宣言』は、前作『輪廻』を真っ先に思い起こさせる激しいチューン。

やっぱ彼女はこういう曲が向いてるんかなぁ。


★★★★★★★★☆☆



扇愛奈 公式ページ(試聴できます)

スポンサーサイト

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://ondon.blog56.fc2.com/tb.php/59-e97578ed








上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。