スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

『seraphic』 faith 

Seraphic”Classic meets HIP-HOP”をコンセプトにした音楽を提示している女性2人組グループ・faithの通算5枚目となるニューシングル『Seraphic』(11月8日発売)。今作もブラック・ミュージックとクラシックとが見事なまでに融合された高品位なミディアム・チューンに仕上がっており、エレガントこの上ないクラシカル・ストリングス&ピアノと、彼女ら自身が紡ぎ出す繊細なHIP-HOP/R&Bグルーヴとの相性は無論、抜群でございます。この自分たちの掲げたスタンスを何が何でも貫徹しようとする立派なプライドとも言うべき”スタンス”にこそひたすら頭が下がるわけなんですが、ただ曲調やメロディーラインに関しては前作以上にマンネリ化が進行しているようで、この部分に一番力を入れて欲しいところなんですよねぇ。実際前作『Feel』との区別がつかない人もちらほら出てくるはず。確かに琴線は毎回絶妙な具合に刺激しては来るんですけど、どの曲もがそうやって第一に楽曲のキャッチーさに重点を置きすぎてしまうが故に、こういう結果を招くんじゃないかなと。クオリティが低いわけではないんやけどねぇ・・・。 リリックは依然奥ゆかしい神秘さを帯びてて◎。

カップリングの『KARASU』は、コアなアニソンを沸々とさせるおどろおどろしいメロディーラインが新鮮だったミステリアスなナンバー。さりげなくリズミックな点が、聴いているとどうも気分が落ち着かない最大の動因であるのは確実な模様w 『Precious Place(play the piano mix!!)』は、彼女らの1stアルバム『Letter To The Future』に収録されていた同楽曲のニュー・ヴァージョン。その名のとおりピアノを前面に押し出した柔軟なアレンジが、また新たな感覚を起こします。

★★★★★★★☆☆☆
所属事務所 公式ページ

スポンサーサイト

『2girls~in the sepiatone~』でちょっと人気になってから、無難な曲歌ってますね。
Jamさんはだんだん華やかになっていきますね(笑)
シングルに飽きてもアレなんで、アルバムだけチェックします。
確かにシングル聞かないと『Feel』と区別つかなくなっちゃいます(^^;)
[ 2006/11/14 19:05 ] [ 編集 ]

>>けんとさん

カップリングの方はなかなか聴き応えありましたよ!>『Seraphic』
ALいつ出るんやろぉ・・・マンネリ化がとまらない彼女らですけど、何だかんだでよく聴いてるんですww
[ 2006/11/14 20:27 ] [ 編集 ]

前作ぐらいからWEEVAのオノヨーコ化がちょっと気になります (。・x・)ゝ
[ 2006/11/14 21:29 ] [ 編集 ]

>>りんぶーさん

オノヨーコww 的確かつ素晴らしい表現ですww
なんか古臭いですよね(;´Д`)
[ 2006/11/14 22:07 ] [ 編集 ]

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://ondon.blog56.fc2.com/tb.php/579-d1b1c45c








上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。