スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

『Harvest』 TOKIO 

                         『宙船』
初回盤ジャケット      

(着色している曲の見方は次のとおりです→赤色:注目曲、オレンジ色:シングルA面曲、ピンク色:シングルA面曲かつ注目曲、緑色:シングルカップリング曲、青色:シングルカップリング曲かつ注目曲、下線付き+太字:シングルレビューのリンク有)
1. Cadence  2. 明日を目指して!  3. Get Your Dream  4. 宙船(そらふね)  5. undid  6. The one to me  7. YOUR ANSWER  8. 僕の恋愛事情と台所事情  9. HAPPY BIRTHDAY  10. Mr.Traveling Man  11. うたにしちゃいました  12. グルメファイター!  13. No More Bet  14. Starving Man  15. SONIC DRIVE!  16. do! do! do!  17. イメージ 

今回は、TOKIOのニューアルバム『Harvest』(10月18日発売)をレビュー。
今年8月に発売したシングル『宙船(そらふね)』が久々にパンチのあるヒットを記録した彼らの、記念すべき通算10枚目となるオリジナル・フルアルバムです。今作には、各メンバーがクリエイターとして関わった楽曲が目白押しで、よりアーティスティックに進化した彼らの音楽性が堪能出来る1枚になっております。

主な収録曲を追っていくと、
彼ら御用達の作家・HIKARIが手がけたファルセットを多用をしたエッジーなOPロックチューン①『Cadence』、『進研ゼミ』CMソングとして今尚O.A.中のスケール感あるポジティブ・ソング②『明日を目指して!』、フェス気分のホーンが活躍する小気味よいアッパー③『Get Your Dream』、長瀬主演のドラマ”マイ★ボス マイ★ヒーロー”主題歌としてロングランヒットを記録した、中島みゆき提供の勇壮な新境地開拓曲④『宙船(そらふね』、城島が作詞を、国分が作曲をそれぞれ手がけた清涼感タップリのポップ・チューン⑤『undid』、冷ややかなシンセから幕を開ける荒々しい疾走チューン⑦『YOUR ANSWER』、昨年DVDシングルとして発売された、顔文字満載の歌詞が苦笑ものの普遍的なラブ・ソング⑧『僕の恋愛事情と台所事情』、松岡主演のドラマ”夜王"主題歌だった覇気あるナンバー⑩『Mr.Traveling Man』、国分が作詞から編曲まですべてを担当した男臭い直球ソング⑪『うたにしちゃいました』、豪快にクラッシュするギターサウンドが爽快な山口作のパンク調ロック⑭『Starving Man』、そしてサビでの哀愁を帯びた張り上げが並々ならぬ余韻を残す約6分に及ぶ長瀬作ミッド・チューン⑰『イメージ』などなど、

全17曲・75分にも及ぶかなりボリュームのある1枚に仕上がっています。
ただ中盤中だるみが何回かあったのが気になったかなぁ。ただでさえ”75分”という収録時間なので、よっぽどのファンでない限りは、一回で通して聴こうとすると途中で疲れてしまうかもw メンバー作の楽曲は、彼らそれぞれのカラーを出しきったオリジナリティ溢れるものがほとんどで、個別に聴くとなかなか楽しむ事が出来ましたw ちなみに通常盤には別Discが付属しており、シングル⑩④の別Ver.が収録されています。

★★★★★★★☆☆☆
公式ページ

スポンサーサイト

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
[ 2007/09/01 20:54 ] [ 編集 ]

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://ondon.blog56.fc2.com/tb.php/545-ef7ac9bf








上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。