スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

『二人だけの世界』 あじさい 

二人だけの世界今回は、あじさいのニューシングル『二人だけの世界』(10月18日発売)をレビュー。 とんねるずの木梨憲武の主催するLIVEショー『NORITAKE GUIDE』から誕生したユニットで、メンバーは木梨のほか、R&BシンガーHI-Dや、坂本竜太 矢吹俊郎、大平勉、渡部格、渡部豊ら、数々の有名アーティストのバックバンドとして活動してきた協力な布陣が顔を揃えています。気になるタイトル曲は、音数を抑えた機械系カチカチトラックが印象的なR&Bチューン。木梨の抑揚の効いた男臭い歌唱に、HI-Dのスウィートなコーラスが折り重なる極上のラブ・ソングに仕上がっています。木梨は元々、とんねるずや野猿で歌手として活動していた時代から歌唱力に定評があったので、歌唱に関しては聴く前から何らかの懸念を抱いていませんでした。ただ上のアートワークからも窺えるように、全体的に悉く木梨メインの内容になっているので、必然と個人的に期待していたもう一人のVo.・HI-Dの存在が終始ぼんやりしたものになっているんですよね。ほとんどがコーラスでの参加で、完全に木梨の引き立て役に徹しちゃってて。そりゃあ木梨の発足したといっても過言ではないユニットではあるんやろうけど、まさかここまで”木梨絶対主義”な1枚になってるとは思ってもみずww もうちょっと均整のとれたものになっていると思ってたのになぁ。カップリングには、ムーディーなホーンが奥深い世界観を形成するミッド・ダンサー『ことばになんていらない』と、柔らかなポップ・アレンジとほろ苦い恋愛詞とのコントラストが余計に胸を締め付ける『alone』を収録。全曲のコンポーザーには、新鋭の作家・EQを起用しており、R&Bとポップを程よい塩梅で融合させた、革新的なサウンド・アプローチが特徴になっています。
★★★★★★★☆☆☆ 試聴ページ
スポンサーサイト

オリコンもかなり荒れてます。
相変わらず初登場も多いですよ。
野猿以来活動ないと思ったら、あじさいでデビューするんですね?
R&Bっていうぐらいだからちょっと聞いてみたいような・・。
[ 2006/10/18 23:07 ] [ 編集 ]

やっぱりおもったかw

おいらも、HI-Dがあそこまでぼんやりとは・・・でも、やっぱり声しゅてき(´ρ`) のりさんメインといってもまちがいないよな・・・でも、買おうとおもってるけどさ(●´C_,`●)ゞ つか、今日発売日だったな_| ̄|○ すっかり祭りボケでわすれてた_| ̄|○ これからあじさいの活動にはちょっとおぃら注目だな・・・HI-Dをこれからどうでてくるとか・・・やっぱりのりさん色強くなるのかとか・・・説明しずらいが・・楽しみでもある。
[ 2006/10/19 06:14 ] [ 編集 ]

>>M♪Boyさん

そうなんですよーしかも思った以上にR&Bしてらしたので、チェックする価値ありですよ(・∀・)ニヤニヤ
[ 2006/10/19 11:11 ] [ 編集 ]

>>ろんたそ

まさかここまでとは思ってもみず・・w
俺も買ったんやけど、正直HI-D目当てで買ったも同然やったから、買うほどのものやったかなぁーと考えてもうたわww 今後活動していくとなっても、また憲さん中心になりそ_| ̄|○
[ 2006/10/19 11:12 ] [ 編集 ]

ちょww
ジャケこれなの!??ww
おじーちゃんじゃんww
健ちゃんの好きなHi-Dサンってのはこの人か~って今日のめざましテレビを見ながら思ってたw
[ 2006/10/19 15:00 ] [ 編集 ]

>>ポニちゃん

おじいちゃんwww 素晴らしい表現だww
HI-DいいよHI-D(*´д`*)ハァハァ でもこの楽曲ではすっかり憲さんに食われてて_| ̄|○
[ 2006/10/19 18:42 ] [ 編集 ]

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://ondon.blog56.fc2.com/tb.php/543-6410bd0e








上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。