スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

『Alright,Still』 Lily Allen 

オーライ・スティル       

(着色している曲の見方は次のとおりです→赤色:注目曲、オレンジ色:シングルA面曲、ピンク色:シングルA面曲かつ注目曲、緑色:シングルカップリング曲、青色:シングルカップリング曲かつ注目曲、下線付き+太字:シングルレビューのリンク有)
1. Smile [Explicit Version] 2. Knock 'Em Out 3. LDN 4. Everything's Just Wonderful [Explicit Version] 5. Not Big 6. Friday Night 7. Shame for You  8. Littlest Things 9. Take What You Take [Explicit Version] 10. Friend of Mine [Explicit Version] 11. Alfie [Explicit Version] 12. Cheryl Tweedy 13. Absolutely Nothing

今回は、洋楽好きならご存知であろうコミュニティ・スペース”MySpace”から火がついた、21歳のUK歌姫・Lily Allenのデビューアルバム『Alright,Still』(日本盤/10月4日発売)をレビュー。
UKチャート1位を記録したシングル曲『Smile』も収録されたこの1枚は、当初7月に輸入盤を購入、それで十分満足してはいたんですが、ボートラが収録されるという事で、思わず国内盤も買っちゃいましたw ただ元々金銭面的にピンチだったことを受けて、購入後すぐさま後悔の念が生じまして。『まぁ自分の店で買ったんやから返品できるやろうー』とか『でも対訳見てぇなぁー』とか思いをあれこれ巡らせている内に、結局パッケージの開封に至るまでジャスト1日かかっちゃったっていう(ノ´∀`*)さすが、関西一の優柔不断なだけあるわwww ちなみに開封の決め手となったのは、やはり対訳w とにかくリリックが強烈です。

主な収録曲を追っていくと、
『あなたの泣き顔は あたしの笑顔』という、そのタイトルからイメージするものとは全くの裏腹なリリックに度肝を抜かれたアンニュイ風情のヒットシングル①『Smile』(陰険な女を演じてるLilyが最高なPVも↑でどうぞww)、小気味よくラップするファンキーチューン②『Knock'Em Out』、程よくホーンの効いたラテン・フレイヴァー溢れるのどかなトラックに病み付きになる1stシングル③『LDN』、日本でいうピチカート・ファイブが織り成すようなレトロな感触の音がむしろ新鮮な④『Everything's Just Wonderful』、元彼の(・∀・)チン●ー!!の事をけなす破廉恥なリリックと怪しげなトラックとの相性抜群のポップ⑤『Not Big』、ブルージーさが滲むギター音が何とも渋い王道スカ・チューン⑥『Friday Night』、哀感漂うピアノの冴えるネタ使いが(・∀・)イイ!!このアルバムでは数少ないおとなしめのミッド・チューン⑧『Littlest Things』、自惚れている友達に向かって容赦なく吐き捨てるリリックに貫禄さえ感じた、Future Cutの手がけたスムージーな裏打ちミッド⑩『Friend of Mine』、実弟Alfieの壮絶ヒッキーライフを大暴露したお遊戯調のメルヘンな1曲⑪『Alfie』、そしてボーナストラックとして収録の、陽炎のようにゆらめくトラックに彼女のウィスパー・ヴォーカルが優しく絡み合う陶酔曲⑫『Cheryl Tweedy』などなど、

スカ・ポップを基調とした、何ともカラフルで(*´ -`)(´- `*)マターリした1枚です。
サンプリングのネタ使いが妙にチープなんですが、それがむしろ全体に瑞々しいオーラを発散し、音の細部までうんと堪能する事が出来ました。あと冒頭でも話したリリックですけど、女の子特有の毒、とでもいうんかな。落ち着いて聴けるかといったら決してそうではないあろうギスギスしてて、かつパンチの効いた内容のものが多いんですが、その潔いまでにSっぷりを遺憾なく発揮したドぎつい筆致は、黙読しているだけでも相当痛快ですw それに元々から奔放で辛口気味だというプロフィールを考慮すれば、どれも彼女の等身大なままのスタイルが顕著に反映されている”嘘のない内容”だといえるんでしょうねぇ。

日本盤に付属している解説も結構見ごたえあったので、今思えば開封した甲斐あったなとww
新人にしてはやけに肝が据わっていたりと、(つか顔からしてすんげぇ性悪&高飛車オーラムンムンなんですがwww) これまでのポップ・アイコン勢の中にはなかなかいないタイプの子だっただけに、今後とも注目したいアーティストの1人です(・∀・)ニヤニヤ

★★★★★★★★★☆
Lily Allen特集ページ(日本/試聴できます)

スポンサーサイト

私も7月にチェックして、ちょっとUAっぽいと思いました。
日本盤がリリースされたので、ラジオでよく聴くんですね。
木津健さんのレビューを読んでると、日本盤も欲しくなってきますね(・∀・)
[ 2006/10/07 12:11 ] [ 編集 ]

>>りんぶーさん

UAっぽいっていうの分かるかも!!w
気だるげな音とかそんな印象ですよねぇ。Lilyは今あちこちでPUSHされてるので、色んなところで耳にするでしょうねぇ。
[ 2006/10/07 19:37 ] [ 編集 ]

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://ondon.blog56.fc2.com/tb.php/523-9bd40d51








上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。