スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

『What's goin'on A.I.』 AI 

What’s goin’on A.I.      

(着色している曲の見方は次のとおりです→赤色:注目曲、オレンジ色:シングルA面曲、ピンク色:シングルA面曲かつ注目曲、緑色:シングルカップリング曲、青色→シングルカップリング曲かつ注目曲)
1. Intro  2. MUSIC  3. What’s goin’ on pt. 1  4. I Wanna Know  5. go find your way  6. We gonna  7. What’s goin’ on pt.2  8. No Way  9. Believe  10. ooh  11. Beautiful feat. Trey Songz (Remix)  12. Too Much feat. Rain (Remix)  13. Famous feat. Shaggy and Yalin  14. 未来  15. Love is… 


今回は、AIのニューアルバム『What's goin'on A.I.』(9月27日発売)をレビュー。
昨年、シングル『Story』がメガ・ヒットを記録し、一躍トップ・アーティストの仲間入りを果たした彼女の、メジャー後通産4枚目となるオリジナル・アルバムです。その地球に向かい歌っているかのようなアートワークからも分かるように、今作では、我々が思わず伏目勝ちになってしまいそうな全人類共通の問題にも真っ向から対峙し、切々と不特定多数の人間=リスナーに訴えかけるメッセージ性の強い楽曲が多数収録されています。クリエイター/客演陣にもおなじみT.Kura①②⑮をはじめ、Trey Songz、Rain(ピ)、ICEDOWN⑭、D/R Period⑥、Shaggy、DJ WATARAI④ら国際色豊かな錚々たるメンツが参加しており、購入前からそそられまくり!


主な収録曲を追っていくと、
②へとリンクするプロローグ①『Intro』、音楽の存在・効力を皆にも知ってほしいとばかりに等身大のスタイルで歌い上げる、T.Kura率いるGiant Swing Productionsが手がけた爽やかなアッパー・チューン②『MUSIC』、ひさびさにスリリングでキレのあるフロア・トラックに挑み、社会派リリシストとしての手腕を振るいに振るった先行シングル④『I Wanna Know』、志した目標を目指すかけがえのない人(彼女の妹に宛てた歌なんだとか)を遠くで見守る・・・というちょっぴりほろ苦いリリックが後を引くアンニュイめなミッド⑤『go find your way』、ラッパー・AIの弾丸フロウが楽曲を盛り上げるストリート性に長けた⑥『We gonna』、世間の惨状をことごとく提示した上で、平和を高らかに掲げる勇ましい⑨カップリング⑧『No Way』、今回新たにイントロを若干長くし収録となった(PV Ver.)、ドラマ主題歌に起用され自己最高位の2位を記録した麗しきバラード⑨『Believe』、R&B好きにはたまらないムーディーなネタ使いが心地よすぎるミディアム・スロー⑩『ooh』、韓国のトップスターRain(ピ)をデュエット・シンガーに迎えた硬質フロア・チューンのRemix⑫『Too Much』、こちらはジャマイカ出身のダンスホーラー・Shaggyとトルコでは名の知れたYalinを迎えた洗練された作りのピースフルなダンスホール・ナンバー⑭『Famous』、ICEDOWNが大いに参与しそのポップな作風がよく反映されている⑭『未来』、そしてラストはT.Kuraらしからぬ悠々としたトラックと彼女のしっとり歌唱に陶酔必至の重厚バラード⑮『Love is...』まで、

相変わらずファルセットの使用を極力抑えた力強い歌唱で、多彩な楽曲に挑戦している快作です。表現力もグッと凄みを増して、終始圧倒されてました。『Story』や『Believe』といったバラード作を経て、色々吸収したかな?w リリックもこれまで以上に率直なものがほとんどなので、彼女の言いたい事・伝えたい事が手に取るように解せたような気がします。 ただちょっと残念だったのが、インストや既発曲の配置が若干偏ってて構成が散漫気味に感じた事と、T.Kura氏の手がけた楽曲が思った以上に少なかった事(´・ω・`)ショボーン まぁ後者に関しては個人的すぎる不満なので、特に気にはしないでくださいw

★★★★★★★★★☆
公式ページ(ほぼ全曲試聴できます)

スポンサーサイト

早速レビューしてますね。
僕も早く購入しようかというところです。
良い曲もたくさん入ってそうですね。
CMソングになってる曲が個人的に好みです。
[ 2006/09/28 01:08 ] [ 編集 ]

ヤバイよ

前作よりぜんぜんいいよ!!(私の好みだけどww)
前作あんまスキじゃなかったからってのもあるかもだけど、
今回のは相当ヤバイ!!2曲目からやられたもんねー♪(。→∀←。)♡


あ、質問なんだけど、クリエイター/客演陣とかって、なんで知ってんの??何曲目が誰が関わってるとかってなんで知ってるのー?すごいなぁと思って☆
[ 2006/09/28 03:57 ] [ 編集 ]

先行シングルはカッコいいなーって思うんだけど、日本語でメッセージ性の強い歌詞ってどーもクサく感じちゃうんだよね(;´Д`)
メッセージの内容自体はすばらしいものだと思うんだけど、邦楽ってここまで率直な歌詞ってあんまないっしょ?
英語で同じ内容だったらさらっと聞き流せるんだけど、日本語だと恥ずかしくなっちゃうポニー♂でしたw
でもそれをやってのけるAIはすごいね!
[ 2006/09/28 08:42 ] [ 編集 ]

メッセージ性の強さは好みが分かれそうだけど、
音はものすごくカッコイイから今回も大満足♪
インストはLIVEのつなぎとして使われる画が自然と浮かんできたよ。
「Believe」はPV Ver.になってるんだ!
シングルと同じだと思ってiTunesに取り込まなかったから情報サンキュー(・∀・)
[ 2006/09/28 12:11 ] [ 編集 ]

>>M♪Boyさん

名曲揃いですよーw
是非一刻も早くゲットしちゃってください(ノ´∀`*)
[ 2006/09/28 22:57 ] [ 編集 ]

>>姉さん

あ、そっかー俺は前作の方が好きかなぁ。音も洗練されてたし。制作陣は歌詞カードの最後の方にクレジットで記載されてるよーw 
[ 2006/09/28 22:58 ] [ 編集 ]

>>ポニちゃん

あーなんか分かるかも。
彼女の場合はまだましやけど、ひどいのはほんまに赤面&失笑の連続やしねww
でも個人的には洋楽の方がダメかもww 表現法とか語彙とかが日本語に比べて何かと限られてくるし、何より対訳がヒドい場合が多いからなかなか共感出来んくてさぁ。ポニちゃんみたいに英語能力がある程度あったら、英語詞も楽しみ甲斐があるんやろうねぇ。俺単語はまだ分かるねんけど、文法解読がすんげぇ苦手w('A`)
[ 2006/09/28 23:03 ] [ 編集 ]

>>ピタくん

音ヤッバいよなww 骨太すぎて卒倒しそうよww
(*´д`*)ハァハァ BelieveはPVのまんまやねー。 でもPV観た時からこういう入り方もありよなーってずっと思ってたから、実際収録されたところで全然抵抗なかったww
[ 2006/09/28 23:05 ] [ 編集 ]

前作は

そういえば健ちゃん、ちゃんと聞き出したらよくなったっていってたねw
私はその前に聞くのをやめてしまったんだ(>_<)
詩はあんまってか全く読んでないから音のみの判断だけど。。
今回のは初めから最後まで普通に聞ける♪(^-^)
AIのライブいきたぁぁーーーい!!!
[ 2006/09/29 11:41 ] [ 編集 ]

>>姉さん

そっそww 音は両方とも(・∀・)カコイイ!!けどねw
ライブ行きたいねぇ。ひさびさにハッスルしたいわぁww
[ 2006/09/29 19:24 ] [ 編集 ]

こんにちは!

AIのアルバムが発売されているのを、すっかり忘れていました。レビューを拝見しましたが、今回もなかなかの仕上がりのようで楽しみです♪参考になりました。ありがとうございます。
[ 2006/10/03 18:49 ] [ 編集 ]

>>ワールダーさん

どうもーw
アルバム曲はなかなか粒揃いで、聴き応えがありましたよ音符 是非チェックしてみてください!
[ 2006/10/03 22:29 ] [ 編集 ]

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://ondon.blog56.fc2.com/tb.php/514-4cf5302a








上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。