スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

本日のシングルレビュー:2006年9月25日 

ほんまはこの倍の数のCDをレビューしてたんですけど、あっけなく消えましたウワァァァンヽ(`Д´)ノ

君が最高!(初回限定盤)まずはパク・ヨンハのニューシングル『君が最高!』。2006年一発目となる新作は、驚くほどキラキラした瑞々しさを放つポップさが”最高!”なアップ・ナンバー。これまでバラード曲を多く歌ってきたイメージが強い彼だったんですが、今作ではそれが思い切り覆されてしまいました。でも弾けた曲も案外はまってますw というのも、作曲にポルノグラフィティの楽曲で知られる本間昭光を迎えているんですよねぇ。どうりで抵抗なく聴けてしまうわけだ(ノ´∀`*) 更にカップリングの『Ready Go Lady Go』ではロッキッシュな、『Distance』ではダンサブルな音構成のアップ・チューンに挑戦しており、彼の新たなポテンシャルを引き出す絶好の機会になったといえる1枚です。
★★★★★★★★★☆ 公式ページ


恋のPecori Lesson (通常盤)(DVD付)続いてGorie with Jasmine&Joannのニューシングル『恋のPecori Lesson』。ワンナイでもおなじみのキャラものソング第3弾は、映画”天使にラブ・ソングを”で一躍注目を浴びた『I Will Follow Him』が原曲のチア向けダンス・チューン。・・・っていっても、何せ当のGorieは毎回のごとく歌唱を放棄してるも同然やし(PVではそれなりに奮闘してるけど)、曲も正直レビューするほどの出来かなぁと考えたりもしたんですけど、これだけは言わせてください・・・うちの店で、全 然 売れてません('A`) そもそもあのハローキティとコラボまでしたのに、メディアにさえまともに取り上げてもらえてないですしねwww 元々興味なくてむしろウザいくらいだったので、その惨状を目の当たりにして、正直嬉しかった(ノ´∀`*) あ、でも店のためには売れて欲しいかな・・・ ぁ
★★★★★★☆☆☆☆


続いてnavy&ivoryのニューシングル『ねぇ』
シングル『指輪』をヒットさせたことでも知られる彼らの新作は、美麗すぎるメロディと健気で無垢な歌詞に心奪われるスローバラードナンバー。『ねぇ ねぇ』と絞りだすように発声するサビでは、その神聖なムードに感極まって泣き出しそうになってしまうほど。メロディー上で滑らかに流れていくヴォーカルも相変わらず味わい深いです。これまで彼らは数多くの名バラードを生み出してきており、今作も言わば真骨頂といえる楽曲ではあるんですが、これまで以上にシンプルでスタンダードなこの曲は、並々ならぬ感動を与えてくれるはずです!カップリングには、その繊細な世界観に吸い込まれそうになるピアノバラード『花束~Bouquet』と、片想いをしている男性の視点で描いた切ないミッドナンバー『それでもいいの?』を収録。 
★★★★★★★★★☆ 公式ページ


BRAND NEW DAYラストはFull Of Harmonyのニューシングル『BRAND NEW DAY』
今年初となる新作は、『So Sick』『Stay』などの名曲を生み出し、日本でもデビューアルバムがヒットしたUSのR&BシンガーNe-Yoをエグゼクティブ・プロデューサーに迎えた、お洒落でソフトなミッド・ナンバーになっています。FOHの希代の音楽センスをいとも自在にコントロールする、Ne-Yoの非凡ともいえる気張らず直向きな作風・プロダクション能力にはひたすら頭が下がりますわぁ。ただもっと本格的なR&Bを仕掛けてくるやろうと踏んでいたので、そのあまりにも控えめでポップな曲調に軽く肩透かしを食らいましたw あとヴォーカル・ディレクションの方も全面的にバックアップしてるんですけど、曲中『トゥ~ルットゥ~♪』というアドリブ・パートが頻繁に登場して、若干ウンザリ('A`) まぁ結果的には、FOHの今後の音楽活動へのいい刺激になった有意義なコラボになったとは思いますけどね^-^; カップリングの『KABUKI道』は、従来のFOH節が息づくガンガン系R&Bアッパーチューンです。
★★★★★★★☆☆☆ 公式ページ


『君が最高!』             『BRAND NEW DAY』

スポンサーサイト

FOHの新曲さすがはNe-Yoという具合にR&Bな楽曲になりましたねー。
まあちょっとテンポが遅いような感じがしたんですが、これからもっとこういう感じの楽曲が日本でも定着して欲しいですよ。
[ 2006/09/26 23:07 ] [ 編集 ]

>>M♪Boyさん

ほんまそうですよねー。まだまだこういう楽曲って日本ではウケが悪いし、もっと定着してほしいと願うばかりです。
[ 2006/09/27 00:55 ] [ 編集 ]

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://ondon.blog56.fc2.com/tb.php/510-38849847








上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。