スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

『BEST of UETOAYA-Single Collection-』 上戸彩 

                     『下北以上 原宿未満』 PV
 BEST of AYA UETO-Single Collection-COLLECTOR’S EDITION(DVD付)       

(着色している曲の見方は次のとおりです→赤色:注目曲、緑色:シングルカップリング曲、青色→シングルカップリング曲かつ注目曲)
1. Pureness  2. kizuna  3. Hello  4. MESSAGE  5. PERSONAL  6. 感傷  7. MERMAID  8. 微熱  9. 愛のために。  10. 風  11. 贈る言葉~シングルバージョン~  12. あふれそうな愛、抱いて  13. 涙をふいて~o.s.c.mix~  14. ウソツキ  15. 夢のチカラ  16. 風をうけて  17. 笑顔のままで  18. 下北以上 原宿未満

Pureness  (CCCD)Hello (通常)微熱          (CCCD)あふれそうな愛、抱いて (CCCD) 風をうけて笑顔のままで

今回は、歌手のみならず女優としても活躍する人気ティーン・アイドル上戸彩の初ベスト盤『BEST of UETOAYA-Single Collection-』(9月20日発売)をレビュー。

そのタイトルのとおり、Z-1(彼女がセンターを務めていたチャイドルグループ)解散後、彼女がソロ名義で発売したシングルA面曲が網羅され、更に藤井フミヤが担当した主演ドラマ『下北サンデーズ』の主題歌『下北以上 原宿未満』のカバーまでもが収録された、かなりボリュームのある1枚になってます。彼女自身の歌唱力は、正直中の下といったところですが、楽曲はどれもすこぶるキャッチーで、毎回のように琴線をくすぐられていたので、普段この手のベスト盤はスルー気味な俺も、割とすんなり購入に踏み切れましたw

主な収録曲を追っていくと、
T2yaが手がけた記念すべきソロデビュー曲①『Pureness』、ちゃちぃ家庭用カラオケ機器のCMソングだったのが今でも非常に印象深いシリアス・ポップ②『kizuna』、卒業をテーマにしんみりと歌い上げるスローバラード③『Hello』、HALが手がけた爽やかなサウンドが初夏を彩った④『MESSAGE』、アニメ”金色のガッシュベル”EDテーマだった④との両A面曲⑤『PERSONAL』、彼女が初主演した超低視聴率ドラマ『ひと夏のパパへ』主題歌だった愁いあるミッドナンバー⑥『感傷』、巨匠・伊秩弘将が手がけた際どい歌詞がスリリングな曲調や線の細い彼女のヴォーカルとびっくりするぐらいよく絡む⑧『微熱』、こちらもベテラン・織田哲郎が手がけた、超がつくほどマンネリなサビメロがやけに鼻につく主演ドラマ『エースをねらえ!』主題歌⑨『愛のために』、沖縄フレイヴァー溢れるサウンドが心穏やかにする⑩『風』、言わずと知れた卒業シーズンの名曲をレトロな風情漂うアコースティック・アレンジでカバーした⑪『贈る言葉』、爽快感タップリのサビに彼女の不安定ヴォーカルが乗っかった⑫『あふれそうな愛、抱いて』、THE ALFEEの高見沢俊彦が手がけた、シチュエーションによっては聴いているだけで見る見る闘志が滾りそうな主演ドラマ『アタックNo.1』主題歌⑮『夢のチカラ』、彼女が愛聴するアーティスト・ケツメイシのRyojiプロデュースの軽やかなホーンが清清しいポップ・チューン⑯『風をうけて』、同じくRyojiプロデュースの春めいた最新シングル曲⑰『笑顔のままで』、そしてジャジーな裏打ちサウンドがとびきりキュートな前述のカバー曲⑱『下北以上 原宿未満』まで、

これまでの彼女の”歌軌跡”をとくと堪能出来る、スタンダードな仕様のベストです。 
曲順は発売時系列で羅列されているので、最初から最後まで通して聴くと、曲調やヴォーカルの微妙な移り変わりも楽しむ事が出来るかと思います。クレジットされているプロデューサー/作家陣も豪華絢爛で、楽曲もなかなかの粒揃い。誰しもがベスト盤に抱く概念を決して裏切らない、聴き応え十分な1枚です(・∀・)ニヤニヤ

★★★★★★★★★☆
公式ページ

スポンサーサイト

何故か歌手デビューした当時から、
「コイツのCDはベストアルバムが出るまで1枚も買わない!!」って決意があったから
よっ!待ってました!!って感じで、密林から届くのを楽しみに待ってるよ♪
『ひと夏のパパへ』って超低視聴率だったわりに、
ウチのバイト先にはいまだにビデオが置いてあるんだけどw
「感傷」は♪あなた誰なの~ ってフレーズが強烈に残ってるw
[ 2006/09/20 00:54 ] [ 編集 ]

>>ピタくん

なんだその決意はぁwwww
ベストが発売されるまでの間約4年やから、ようやく!って感じかw 『ひと夏のパパへ』は脚本も悪いしキャスティングも酷いしで途中脱落したけど、主題歌の『感傷』だけは当時ハマったなぁ。レンタルビデオ屋って、そういうあんまパッとしなかったドラマのビデオとかも置いてる事多いから(・∀・)イイネ!!w
[ 2006/09/20 01:33 ] [ 編集 ]

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://ondon.blog56.fc2.com/tb.php/501-e7275d32








上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。