スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

本日のシングルレビュー:2006年9月17日 

本日のレビュー作品(いずれも9月13日発売)
『夏音』 GLAY
『SHOWTIME』 LISA

夏音/変な夢~THOUSAND DREAMS~       

まずはGLAYのニューシングル『夏音/変な夢~THOUSAND DREAMS~』
氷室京介とのコラボが話題となった前作『Answer』以来約1ヵ月ぶりとなる新作です。

両A面の前者は、どこか懐かしい風情のある彼らお得意の叙情バラードTBS系バラエティ『恋するハニカミ!』主題歌に起用されています。

風鈴と思われる清涼な音色から幕を開けるこの楽曲は、シンプルなバンド・サウンドにストリングスとピアノを絡ませた割りかしオーソドックスな構成。ただねぇ・・・これまで彼らはこういう王道系の名曲を多数世に送り出してきてはいるんやけど、全盛期の頃と比べたら、随分パワーダウンしたんちゃうかなぁ。発売前に各所で軽く聴き流す分にはそんなこと思わなかったんですけど、発売してからじっくり聴き込んでも、どうもピンとこないんですよねぇ全体的に。そもそも肝となるメロディーラインからしてびっくりするぐらいワンパターンで安直な印象。まぁこんな事言う事自体今更感あるけどw 歌詞のテーマとかは季節感があって結構惹かれたんですけどねぇ・・・

後者は、エネルギッシュにほとばしる熱気が最高に気持ちいいバリバリのロック・チューン
『ModemAmusement』CMソングに起用されています。 こちらは氷室コラボの前作『Answer』、そして前々作収録の『ROCK'NROLL SWINDLE』にも通ずる極大なまでのパワーをこれでもかというほどに体感する事が出来る爽快な1曲になってます。1曲目に比べたらこっちの方が生き生きとした新鮮なオーラを放っている気がするし、マンネリな印象も抱かなかったですねぇw 音の臨場感も十二分に漲っているこの曲の方が、俺は好みです(・∀・)ニヤニヤ

『夏音』 ★★★★★★☆☆☆☆
『変な夢~THOUSAND DREAMS~』 ★★★★★★★★★☆
公式ページ(試聴できます)


 SHOWTIME        

2枚目はLISAのニューシングル『SHOWTIME』
R&Bをコンセプトにしたアルバム『GOD SISTA』以来約半年振りとなる新作です。

タイトル曲は、パーカッシヴなトラックに、彼女のエッジの効いた巧みなヴォーカルが光る豪快なアッパー・チューン。時代の流れを積極的に汲んだ彼女なりのポップ・アプローチによって、独自のグルーヴが冴え渡る躍動感ある楽曲に仕上がっています。スタイリッシュなホーンを盛り込んだ大胆な音使いも大したもの。ただこのシングルには『GOD SISTA』同様、”R&Bへと原点回帰した作品”というような宣伝文句が付いているようなんですが、いざ聴いてみるとその辺で正直かなりの肩透かしを食らわされちゃいまして。というのも、これをR&Bとして見立てようとするとどうも中途半端に感じて、やきもきした感覚がどうしても拭えないんです。日本のR&B作品にしては頗る高品質な内容だった『GOD SISTA』後のリリースだっただけに、色々期待しすぎちゃってた部分も結構あるんですけど。まぁそういう捉え方さえしなければなかなかイカす楽曲ではあるんですがw

カップリングの『brilliant star』は音が繊細な粒子となってさんざめくキラキラ・ダンス・チューン。これ聴いて、迷わず昨年のm-floとのコラボ曲『tripod baby』を彷彿させられましたww LISAのカップリング曲は、毎回決して外してこないんですよねぇ(ノ´∀`*) 最後にジャケのアートワークやけど、びっくりするぐらい違和感ないよなww>リーゼント

★★★★★★★☆☆☆
公式ページ

スポンサーサイト

久々にw

最近は、昔ほどGLAY狂いではなくなってしまったので、スルーすることがほとんどだったのですが、木津健さんのレビューできいてみようかなと・・w まあ、バラードもいいですがやはりσ(・ω・オレ)は2曲目で(・∀・)ニヤニヤ

LISAに関しては、やはり『m-flo』に残ってて欲しかったと、未だにかなわぬ夢を抱いているのは、σ(・ω・オレ)だけでしょうかww (´ρ`)あぁ…勿体なっいす   
[ 2006/09/19 11:45 ] [ 編集 ]

>>shintaさん

おーおひさでーすw
GLAY好きだったんですかーなら今回の楽曲はどちらも結構気に入るんじゃないかなぁw
LISAはねぇ・・・ひさびさにm-floと3人で発表した『tripod baby』の衝撃が俺も忘れられないし、出来れば復活してほしいもんですよねぇ。。
[ 2006/09/19 22:10 ] [ 編集 ]

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://ondon.blog56.fc2.com/tb.php/499-9646329d








上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。