スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

『London Bridge』 & 『The Dutchess』 Fergie 

                           『London Bridge』 PV
The Dutchess       

(着色している曲の見方は次のとおりです→オレンジ色:シングル曲、赤色:注目曲、ピンク色:シングル曲かつ注目曲、緑色:シングルカップリング曲、青色→シングルカップリング曲かつ注目曲)
1. Fergalicious feat.Will.I.Am  2. Clumsy 
3. All That I Got (The Make Up Song) feat.Will.I.Am  4. London Bridge  5. Pedestal  6. Voodoo Doll  7. Glamorous feat.Ludacris  8. Here I Come  9. Velvet  10. Big Girls Don’t Cry  11. Mary Jane Shoes feat.Rita Marley & The I-Three’S  12. Losing My Ground  13. Finally  14. Get Your Hands Up feat.Black Eyed Peas  15. Wake Up 16. Paradise

今回は、全世界で人気のグループ・Black Eyed Peasの紅一点ヴォーカル・Fergieのソロデビューアルバム『The Dutchess』(日本盤/9月13日発売)をレビュー。

元アイドル・グループ出身だった彼女は、BEPに加入してからというもの大躍進を遂げ、今や時代を時めくセレブ・アーティストの地位を不動のものにしています。
アルバム曲のほとんどのプロデュースを、同じくBEPのメンバーのWill.I.Amが請け負っており、リリースも、彼の立ち上げたレーベル『will.i.am』からとなってます。ちなみに日本盤には『プリンセス・ファーギー』なる邦題がついてるんですが、なんかダサいので敢えて省かせてもらいましたw 

ではまずはこのアルバムからの1stカットシングルであり、アメリカのオリコン・ビルボードのHot100でも見事首位に輝いた『London Bridge』についてちぃと書きます。

『Oh Shit!』連呼のイントロから幕を開けるこの楽曲は、”ロンドゥロンドゥロンドゥン♪”というHookでの超強烈なフレーズの虜になる事請負なエロくて豪快なポップ・チューン。気だるく流れるトラックに沿うように、あくまで普段どおりのラフなスタイルでフロウするFegie嬢に確固たる女王の貫禄さえ垣間見れました。そして前述のとおり、リリックがかなり淫らなんですよー。訳詞見てビックリしたw 『あなたが寄ってくると 私の”ロンドン・ブリッジ”が我慢できなくなっちゃうの』ってちょww でも実際それを一切物怖じせず堂々と歌う彼女に、全然違和感などなかったりして('A`) そして本編が糸冬 了した後にWill.I.Amと思われる人物がFergieのモノマネか何かで例の”ロンドロンドロンドゥン♪”フレーズを口にするんですが、それがかなり可愛いらしくて、思わぬところで悩殺されちゃいましたwww 


ではその他の主な収録曲を追っていくと、
2ndカット曲に内定している、リズミックな16ビートが頭をぐるぐる回る洗脳型ポップ①『Fergalicious』、ピコピコした電子音とスイートなトラックが意外とマッチしているミッド・ナンバー②『Clumsy』、とろけそうなほどメロウなメロディーにヤラれるR&Bミッド③『All That I Got(The Make Up Song)』、④繋がりで『ロンドン橋落ちた』のメロフレーズを使用した、自分を誹謗中傷する者に対するパンチの効いたリリックが印象的な⑤『Pedestal』、Ludacris客演のウェットなお色気チューン⑦『Glamorous』、小悪魔ヴォーカルでしなやかに歌い上げるミッド⑨『Velvet』、切ないリリックに胸が痛むアコースティック風ポップ⑩『Big Girls Don't Cry』、大御所Bob Marleyの妻であるRita Marleyが客演に参加しているレゲエ~パンクへの流れが面白いピースフルなナンバー⑪『Mary Jane Shoes』、John Legendがピアノ&プロデュース等で大きく関わった悠々たるバラード⑫『Finally』、BEPメンツが客演参加したオーソドックスなフロア向けアゲアゲチューン⑭『Get Your Hands Up』、そして皇かなホーンとピアノがトロピカルな風情を醸す瑞々しいナンバー⑮『Paradise』などなど、

バラエティに富んだ楽曲が揃いに揃った隙のないポップ・アルバムです。
そのためか、いい意味で全体的に雑然としているので、何度で聴いても飽きが来ないんですよねぇ(ノ´∀`*) でも基本的にやってる音楽は、BEPの延長線上に位置づけできるものが多かったかなぁ。正直もうちょっと裏切ってくれるかなぁと思ってたんやけどねw まぁ聴きやすいし全然OKなんですがw

★★★★★★★★★☆
日本 紹介ページ

スポンサーサイト

これ歌もの多くない??
なんか買わなかった事を後悔…
ロンドン橋があんま好みじゃなかったからさー
出遅れたけどあとで買おうっと♪
[ 2006/09/17 08:27 ] [ 編集 ]

これヤフーの試聴コーナーでフル試聴したんですが、なかなか良かったですよ。
買いですね。
[ 2006/09/17 14:06 ] [ 編集 ]

>>ポニちゃん

そそー結構多かったよー。でも歌もの含む色んな楽曲に挑んでる割にはふり幅は小さいというか、BEPの音楽+αって印象の曲が多かったなぁ。なんせメンバーがプロデュースやってるからねぇw でもバラードとかはかなり新鮮やったなー。
[ 2006/09/17 20:25 ] [ 編集 ]

>>M♪Boyさん

いいですよね♪
結構誰にでもピッタリはまりそうな音楽かなーと聴きながら思いましたw
[ 2006/09/17 20:26 ] [ 編集 ]

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://ondon.blog56.fc2.com/tb.php/495-1704619b


Fergie 「The Dutchess」

人気HIP-HOPグループ"Black Eyed Peas"の紅一点、「猿でもイケるいい女(←失礼ww)」ことFergieのソロデビューアルバム、「The Dutchess」の感想でっす(・∀・)ノ「人気HIP-HOPグループ~」とか解説してるけどBEPの曲はマトモに聴いたことありませーんw無知だわ
[2006/10/30 23:55] URL ポニー♂ MUSIC DIARY






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。