スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

本日のシングルレビュー:2006年9月14日 

本日のレビュー作品(いずれも9月13日発売)
『交差点days』 綾瀬はるか
『Around The World/GANDATA』 FLOW
『近距離恋愛』 GO!GO!7188


交差点days(初回限定盤)(DVD付)        

まずは綾瀬はるかのニューシングル『交差点days』
歌手デビュー作となった前作『ピリオド』以来約半年振りとなる新作です。

タイトル曲は、秋晴れの空を沸々とさせるうららかなメロディーラインが心地よいポップ・チューン。プロデュースは前作に続き小林武史が、そして作詞には、最近小林作品に引っ張りだこなシンガー・一青窈が起用されており、恋する無垢な女心を独自の筆致で可愛らしく描写しています。
綾瀬のヴォーカルにもだいぶ余裕が出来るようになってきたようで、前作よりもナチュラルさがよく垣間見れるようになりました。前作では高音部分を出すのが辛そうやなーとちょいと懸念もしてたんですが、それさえも逆手に取った小林Pの緻密な楽曲作りには頭が下がりますよほんま(*´д`*)

カップリングの『なんとなく、晴れ』は、彼女の搾り出すように発する切ないヴォーカルに不意にドキッとさせられた淡いミッド・チューン。1曲目とはまた違った風情の感じるラブ・ソングです。

★★★★★★★★☆☆
レコード会社紹介ページ(試聴できます)

Around the world/KANDATA        

続いてFLOWのニューシングル『Around The World/GANDATA』
前作『Re:member』以来約3ヵ月半ぶりとなる新作です。

両A面の前者は、清清しいメロディーと広がりのある大らかなバンド・サウンドが魅力のアッパー・チューンSUZUKI『SWIFT』CMソングとして現在O.A.されています。一緒に未来へ夢へ走り出そうと訴えかける歌詞は、サウンドの力と相まって、聴き手の童心をくすぐり、夢への行動力に拍車をかけてくれそうです。
後者は、絆の尊さを歌った力強いミッド・ナンバー。こういうしっとりとした楽曲は彼らにしては実に新鮮に感じます。
これまでラップパートを含んだミクスチャー楽曲を多く発表してきた彼らですが、今回はどちらも歌のみで構成された完全なる歌モノ。彼らなりのポップ・アプローチで仕掛ける、明解でエモーショナルな2曲ですヽ(´ー`)ノ

カップリングの『Shakys』は、元気一杯ホップするヴォーカルとギターサウンドに思わず体が乗り出す軽快チューン。更に11月8日には、次のシングル『COLORS』のリリースが控えています。

『Around The World』 ★★★★★★★★☆☆
『GANDATA』 ★★★★★★★★☆☆
公式ページ(試聴できます)


近距離恋愛        

ラストはGO!GO!7188のニューシングル『近距離恋愛』
シングルとしては『青い亀裂』以来実に2年ぶりとなる超待望の新作です。

気になるタイトル曲は、近距離恋愛=普遍的な恋愛をシニカルな視点で綴ったあっさりバンド・チューン。近距離だからこそ生じる葛藤を繊細なタッチで描く歌詞は、これまで代表曲『こいのうた』をはじめとする独特な世界観のラブ・ソングでファンを魅了してきた彼らだけあって、聴き(読み)応え十分の奥深い内容になってます。
そしてメロディーは相変わらず超変態ww サウンドは前述のとおり比較的シンプルでさっぱりとしたものなのにも関わらず、その予測不可能なメロディーラインと変幻自在なヴォーカルによって、毎秒毎秒新鮮な刺激が心へと舞い込み、時間をかけて身体全体へと行き渡っていきます。この狂気さえ覚醒しそうな不可解な感覚は、一度味わってしまうと、癖になってやめられなくなってしまいますww これぞ、麻薬の7188サイクル(' A `)

カップリングの『電話を取りたくない日』は、反復法を用いた歌詞に注目のアンニュイなナンバー。
更に10月18日には、シングルと同じく約2年ぶりとなるオリジナル・アルバム『パレード』の発売が決定しています。

★★★★★★★★★☆
公式ページ(試聴できます)
スポンサーサイト

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://ondon.blog56.fc2.com/tb.php/491-e143f73f








上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。