スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

本日のシングルレビュー:2006年9月12日 

本日のレビュー作品(いずれも9月13日発売)
『Thanks!』 GAM
『アイ ノ コトバ』 hitomi
『I wanna...』SE7EN

Thanks!       

まずはGAMのシングル『Thanks!』
Hello!Projectを牽引する主要メンバー・松浦亜弥と藤本美貴からなるスペシャルユニットで、ユニット名には『グレイト亜弥&美貴』の略称と『美脚(英語のスラング)』という2つの意味が込められているんだとか。

タイトル曲は、艶のあるキラキラトラックにキュートなボーカルが乗っかった王道ダンス・ポップチューン。あややが主演する映画『スケバン刑事 コードネーム=麻宮サキ』主題歌に決定しています。ボーカルパートの割り振りは、楽曲の約半分が2人のユニゾンになっているんですが、藤本の歌唱の方が線が太くてよく通るので、あややがちょいと食われ気味な印象w あと肝心のサウンド面の方も、イマイチピンとこないなぁ・・・。なんかこういうハロプロ系ユニットを作る度に、楽曲のクオリティが低下していってるような気がするw このコンビの目新しさも全然ないし。もうそろそろネタ切れなんじゃないかい?>つんく♂ ただユニットのコンセプトにも見合った色気のあるオーラ作りには成功しているので、雰囲気を堪能する分には十分な仕上がりではあるかな。

カップリングの『蜃気楼ロマンス』は、ブルージーなバンドサウンドが陽炎のようにゆらゆら揺らぐムーディーなミディアム・チューン。
更に10月18日には、2ndシングルの発売も決定しています。

★★★★★★★☆☆☆
詳細ページ

アイ ノ コトバ     

続いてhitomiのニューシングル『アイ ノ コトバ』
前作『GO MY WAY』以来約4ヵ月ぶりとなる新作です。

タイトル曲は、女独特の筆致で愛を高らかに謳う、アメリカン・ポップステイスト溢れる朗らかなアップ・チューン。サビとAメロの間に挟まっている『ッナッナーナッナッナー♪』のパートをはじめ、サビでうんと弾けるメロディーラインやエネルギッシュなバンド・サウンドなど、普遍的な愛という大衆的なテーマを掲げているだけあって、どんな人にも飲み込みやすいであろうキャッチー要素満載の1曲になっています。歌詞も『単純なんだけど』というフレーズが出てくるように、潔いくらいに直球な内容で好印象(ノ´∀`*) 
PVがこれまた凝ってて、彼女とすれ違うと、それまでいがみ合っていた人たち(動物含む)さえもが、みんな血迷ったかのように抱擁しキスし合うという何とも愛(?に溢れた変態(もちろんいい意味で)仕様になってて、食い入るように見ちゃいましたw ほんま最近のhitomiは外れが一切ないわwww

カップリングの『ありったけの愛』は、ハウスやボサノバ、サンバなど様々な音楽が融合した爽やかなポップ・チューン。シアターブルックというバンドのカバー曲だそうです。更に9月27日には、ひさびさとなるニューアルバム『LOVE CONCENT』のリリースも控えています。

★★★★★★★★★☆
公式ページ(試聴できます)

I wanna...      

ラストはSE7ENのニューシングル『I wanna...』
日本1stアルバム『FIRST SE7EN』以来約半年ぶりとなる新作は、彼の本流であるHIP HOP/R&Bを前面に押し出したスリリングな仕様のミッド・ダンスチューン。日本でのデビュー以来、こっちではポップを意識した爽やかな楽曲を歌う事がほとんどだった彼ですが、1stアルバムで一区切りがついたからか、今作では彼持ち前のスタイリッシュなダンス・パフォーマンスが最高に映える、グルーヴ感タップリの楽曲を仕掛けてきました。

作詞にはJ-R&Bシーンの代表格であるシンガーHI-D、そして作曲には海外在住で、日本のアーティストではこれまでPuffyやMAX、Wなどを手がけてきた敏腕プロデューサーJOEY CARBONEを起用。サウスのテイストに日本的な爽やかさをプラスしたようなシャープながらもドラマチックなトラックと、HI-Dお得意の説得力ある激励リリックが心に極大な刺激を与え、すぐさまその世界観の虜になってしまいます。

やはりHIP HOP/R&Bと言う事で、フェイクはあるし緻密な歌唱テクが問われるしで、確実にこれまでの楽曲とは比べ物にならないほど難易度の高い1曲ではあるんですが、こういう楽曲はメイン・フィールド・韓国で慣らしてるだけあって、とにかくスムーズ且つ的確な歌唱でこなしています。韓国での彼の活躍を、今作の発売以前はほとんど把握していなかっただけに、初めてこの曲を聴いたときは、その予想以上に洗練された本格的な仕上がりに衝撃が走りましたね。ダンスもカッコよすぎるし。

カップリングの『what u want?』は、1曲目に劣らぬ瑞々しいグルーヴが息づくアイドル・ダンスチューンです。

★★★★★★★★★☆
公式ページ(試聴できます)

スポンサーサイト

SE7EN人気になりましたよね?
今の韓国男性アーティストでは、Rainとかもいい勝負ですよね?
あとKとか・・・。
[ 2006/09/13 00:02 ] [ 編集 ]

GAMの曲を聴いて、改めて美貴帝はソロ向きだなと実感w
というか、久々にたくさん歌えるからギラギラしてるような気がするw
ソロ活動再開させてあげてほしいな~。
[ 2006/09/13 01:19 ] [ 編集 ]

>>M♪Boyさん

ですねー日本で活躍する韓国勢の中だとTOP3に入るぐらい好きかなw Rainも丁度今週アルバム出ましたけど、なかなかいい感じですw
[ 2006/09/13 11:23 ] [ 編集 ]

>>ピタくん

なんか個性が強い声よねww 性格m(ry
ソロでも十分いけるのに、なんで牛娘。に入れたんやろ・・・未だにその思惑が分かりかねる('A`)
[ 2006/09/13 11:25 ] [ 編集 ]

GAM、なんか80年代後半の歌謡曲っぽいな。
あんまり売れなさそry 以前はミニモニ初期にしろ
プッチモ二初期にしろ、変だけどバカうれしそうな
匂いがあったものだけど。というか、あややは
新曲出さないのかーーーー?結構好きなのにな~。
歌うまいのに、歌手としてはここまでなのかなぁ。
[ 2006/09/16 00:51 ] [ 編集 ]

>>hirocksさん

確かに全盛期は勢いが違いましたよねぇ。今思えば不思議でしょうがないw あややはソロではもう半年以上ブランク空いてますねぇ。個人的には一時期みたいな痛快でキャッチーなアップチューン歌ってほしいんやけど、スッカリ路線変更がなされてるので・・・もう聴くの無理かな('A`)
[ 2006/09/16 20:12 ] [ 編集 ]

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://ondon.blog56.fc2.com/tb.php/490-c1cc86d2








上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。