スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

『Paula DeAnda』 Paula Deanda 

時期も時期って事で、これから洋楽をレビューする機会も増える・・・・・・・・・かもね。
(今日は疲れが限界まできてるのでこれで寝ます。詳しくは”オドヌラ”の日記をご参照のこと。他の記事にコメントくださった方には、明日起きて一番にお返事したいと思います。m(_ _)m  この記事はあらかじめ書き溜めていたものです。)

Paula DeAnda      
(着色している曲の見方は次のとおりです→オレンジ色:シングル曲、赤色:注目曲、ピンク色:シングル曲かつ注目曲。尚、カッコで囲っているのは、その楽曲に関与したプロデューサーです)
1. Doing Too Much feat.Baby Bash  2. Walk Away (Remember Me) feat.The Dey  3. Easy feat.Lil' Wayne  4. When It Was Me 5. Overloved  6. So Cold  7. Good Girl  8. Wanna Be with You feat.V Nice  9. Make 'Em Clap To This feat.Ak'Sent  10. Breathe  11. Let's Go Out Tonight feat.P.B.  12. I'll Be Down For You  13. Footprints On My Heart 


という事で、Paula Deandaのデビューアルバム『Paula DeAnda』(輸入盤/8月29日発売)。
彼女は現在16歳の現役高校生DIVAで、オーディション後僅か24時間で契約を結んでしまったというシンデレラガール。このアルバムからの1stシングル『Doing Too Much』がUSにて既にヒット中です。当初は9月の大量出費を見越して買うかどうか迷ってたんですが、気付いたら買ってた。 ぁ

主な収録曲を追っていくと、
前述のとおり1stシングルで、『どぅ~ぃんとぅ~まっち♪』というキャッチーなフックがクセになる哀愁系ミッド①『Doing Too Much』をはじめ、Ne-YoやStargate、更にはChristina Milianまでもが関与し完成した最強の1曲で、2ndシングルにも決定済の甘~いポップR&B②『Walk Away』、バネのようにホップするシンセが面白いクラップ系パーティーチューン③『Easy』、重厚なコーラス使いが幻想的なしなやかミッドチューン④『When It Was Me』、ブリちゃんことBritney Spearsの”Everytime”にビートでメリハリをつけたような印象のポップなラブ・バラード⑤『Overloved』、繊細ながらエッジの効いたヴォーカルで魅せる味わい深いR&B⑦『Good Girl』、自身もラティーノ・シンガーとして活躍するFrankie Jの手がけたキュートで淡いポップ・ソング⑧『Wanna Be With You』、”ジンジギザンザ”でお馴染みAk'Sentの力を借りた、曲全体から凄まじい意気を感じるバキバキHIP HOP⑨『Make 'Em Clap To This』、爽やかなピアノの音色が彼女の歌声と共にゆっくり流れていく甘酸っぱいナンバー⑪『Let's Go Out Tonight』、高級感あるオーラを纏ったグルーヴィー・ミッド⑫『I'll Be Down For You』、そしてラストはNe-Yoの『So Sick』ソックリのHookに若干('A`)となった王道バラード⑬『Footprints On My Heart』などなど、

ほとんどが割と薄味のアイドルR&Bという、なんともポップな構成でした。
歌唱は個性こそあまり感じさせないものの安定感が頗るあるので、どの曲も手落ちを感じさせない滑らかで高品質なものに仕上がっていますよ(・∀・)ニヤニヤ まぁそれは、Ne-Yo・Frankie J・Ak'Sent・Stargateらを初めとする錚々たる制作・客演陣の力が大きいかとは思うんですけどねww 気張らずに聴ける観賞用に最適な1枚かな。 尚10月25日には、BMGより日本盤のリリースも決定してるようです。今回のジャケはあんまり好かないので、もしジャケが変わるようなら日本盤(σ・∀・)σゲッツ!!しよっと。

★★★★★★★★☆☆
公式ページ(1曲目~3曲目試聴できます)
スポンサーサイト

大御所は日本先行発売してくれると嬉しいけど、新人さんはこーやって輸入盤が先に発売してくれると嬉しいね♪
レビュー見て吟味できるしw
「So Sick」ソックリ曲ってのが気になるから今度試聴してみよーっとww
[ 2006/09/08 00:52 ] [ 編集 ]

>>ポニちゃん

なるほろーそういう見方もあるわけかぁww確かに色んな人の意見聞きたいもんねー。
⑬はねー『So Sick』をテンポダウンしてキー1個上げた感じ・・・('A`)
[ 2006/09/08 13:35 ] [ 編集 ]

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://ondon.blog56.fc2.com/tb.php/477-566ac109


Doin' Too Much/Paula DeAnda feat.Baby Bash

Arista(アリスタ)レコードよりデビュー、16歳のPaula DeAnda。...
[2006/09/26 06:24] URL Music Addict

Paula DeAnda 「Paula DeAnda」

Clive DavisにHook Upされた、テキサス州出身の現役女子高生シンガー"Paula DeAnda"のデビューアルバム、「Paula DeAnda」の感想文です(・∀・)ノ制作にはNe-YoやChristina Milian、Danja、Timbaland、Stargate
[2006/12/07 00:13] URL PONY♂ ENTERTAINMENT INC.






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。