スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

『Silence whispers』 TRF & 『忘れな草』 COOLON 

なんか最近夜、寒いくらいなんですけど(' A `)

Silence whispers(DVD付)      

という事でまずは、TRFのニューシングル『Silence whispers』(8月30日発売)。
先日行われたツアーも大盛況だったという彼らの、復帰1作目アルバム『Lif-e-Motions』以来約半年ぶりに放たれた新作です。

タイトル曲は、超王道サウンドでガンガン攻め立てる陰のあるダンス・アッパー
現在放送中のアニメ『ブラック・ジャック21』のEDテーマに起用されています。
微細な振動を起こす切迫感あるハイパーサウンド、文学的な筆致の歌詞、そして緻密に計算されたコーラス・構成まで、そのすべてが彼らの築いた輝かしい全盛期を彷彿とさせると同時に、その時代をも遥かに凌駕する新感覚の刺激も随所に見受けられ、聴き手をその矛盾という名の快感へと一気に引きずり込みます。麻薬ですねまったく。YUKIの張り上げ系ヴォーカルも前シングル『Where to begin』以上にパワフルでエモーショナル!39歳という年齢など一切感じさせません。LIVEではもっと凄いんでしょうね・・・ww

今年初頭の久々の新作『Where to begin』が明るくキャッチーに弾けていたのに対し、その真逆ともいえるポジショニングが出来る楽曲になっているので、両曲を聴き比べてそのコントラストを楽しむのも(・∀・)イイ!!かと思われますw

カップリングには、これまた昔からのファンには嬉しい名曲のニューアレンジVer.『GOING 2 DANCE'06』のほか、タイトル曲のダンス系リミックスを多数収録。

★★★★★★★★★☆
公式ページ(試聴できます)



忘れな草     

続いて4人組グループCOOLONのニューシングル『忘れな草』(8月30日発売)。
90年代の名曲をサンプリングし話題になった前作『Shangri-La~Poison ポワゾン~』以来約3ヶ月ぶりの新作になります。

タイトル曲は、これまでとはガラッと趣を変えてきたメロウでしっとりとしたスローナンバー
今回はメジャーデビューシングル『KAGEROU』以来久々となる歌唱メインの構成になっており、サウンドのほとんどを哀愁漂うピアノが受け持ってるというシンプルさ。そこにR&Bチックのスムージーなビートと、元々からVo.担当だったOkiとAkiraの端正なツイン・ヴォーカルが重なり、ゆっくりと時間をかけて波紋を広げていきます。

ちなみに忘れな草は実在する花の名前で、『わたしを忘れないで・真実の愛』という花言葉の示すとおり、終わってしまった恋の相手に向けて『今度は真実の愛を見つけてくれ』と言わんばかりの潔い別れを告げる、やりきれないようで妙にスッキリとした後味のラブソングに仕上がっております。

彼らはこれまで朗らかなHIP POPチューンを多数発表してきたのですっかりそのイメージが定着していたんですが、さすが『NO STEREOTYPE=なんでもアリ』をポリシーとして掲げているだけあって、こういう楽曲も得意としてるんですねーこの意外性だけでも十分楽しめました(・∀・)ニヤニヤ

カップリングには、デジロックで前のめりなアプローチを仕掛けるミクスチャー・チューン『ALL★STAR feat.Lio,NoBuNaGa』を収録。更に10月4日にはメジャー後初となるフルアルバム『NO STEREOTYPE』の発売も決定しています。

★★★★★★★★☆☆
公式ページ(試聴できます)

スポンサーサイト

LIVEでもちゃんと生歌で、
高音で張り上げるところもよく声が出てたよ!>YU-KI姐さん
年齢を考えるとさらに凄さが増すよねw
[ 2006/09/03 01:52 ] [ 編集 ]

>>ピタくん

やっぱそなんや??何か恐ろしいww
今回の曲結構メロの起伏が激しくて生歌大変そうやけど、姐さんなら大丈夫なんやろねw(ノ´∀`*)
[ 2006/09/03 11:38 ] [ 編集 ]

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
[ 2007/09/02 16:05 ] [ 編集 ]

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://ondon.blog56.fc2.com/tb.php/472-f2dfe0e1








上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。