スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

先週のニューリリース:2006年8月第4週 

今回はひさびさに、先週分発売CDのレビューをまとめてやってみたいと思いまーす。今回は各CDに見出しもつけてみますた(ノ´∀`*) ではどぞー。(全7作品/すべて8月23日発売)




Speed(DVD付)彼のスピードについてこれるか!?
まずはL'Arc~en~Cielのギタリスト・Kenのソロデビューシングル『Speed』。このKenのソロデビューで、ラルクのメンバー全員が個々でCDリリースをした事になりました。タイトル曲は、悠々と流れるギターサウンドが聴き手を洗脳の渦へと巻き込む狂気の潜むミッド・ロックチューン。勿論Ken自身が歌唱も務めているんですが、これが意外に上手くてビックリw ヴィジュアル系の典型ともいえるうねるような歌い方ながら、高音もしっかり出ているし、でもって凄くパワフル。初めて聴いたときは圧倒されちゃいましたね。タイプ的にはhydeの歌唱に似てますけど、あくまでも似て非なるものです。ソロになってますますパワーアップした彼の今後に注目! ★★★★★★★★☆☆  公式ページ(試聴できます)



東京チャランス夏はまだまだ終わらない!
続いてまえけん♂トランス.pjのシングル『東京チャランス 夏祭り~ジャンプ!~TOY BOY』。ご存知前田健のトランスプロジェクト2作目となる今作は、2000年にWhiteberryがカヴァーしヒットしたJITTERIN'JINNのヒット曲『夏祭り』をはじめ、トランスのヒット曲をメドレー形式で1曲にまとめたお得感タップリのアゲアゲトランスナンバー。選曲はもちろん、曲と曲の繋ぎの部分も文句なしで、誰もが無心になって楽しめるキャッチーな1曲になっています。てか前作に続きマエケンが歌唱も担当してるんですが、前作以上に女になってますww 多分知らんで聴いたら区別つきませんよw 夏という季節はもうすぐ終わってしまいますが、この1枚でまだまだ堪能出来るはず! ★★★★★★★★☆☆  公式ページ(試聴できます)



それぞれの夢/君だけを話題のCM曲!
続いてMiのニューシングル『それぞれの夢/君だけを・・・』。今年2作目となるシングルは、以前から『レオパレス21』のCMソングとして流れていた楽曲『それぞれの夢』のMi Ver.と、新曲『君だけを・・・』の両A面。ただ『それぞれ・・・』の方は、サビ以外のパートは如何にもとってつけたような薄っぺらい構成で納得いかないですね。こんな事だったらリリースしなかった方がよかった気がする(' A `) 一方の『君だけを・・・』はアニメ『僕等がいた』主題歌になっているポップなアッパーロックチューンですが、やはり1曲目の後って事で、どうしてもチープに聴こえてしょうがないw ジャケもなんか適当やしさぁ(' A `) てかこの子目鼻立ちが前よりもクッキリしたような気がするけど整○かな。 総評★★★★★☆☆☆☆☆  公式ページ



チェリー・ザ・ダストマン夢コラボ第3弾のゲストは・・・
続いて勝手にしやがれ+オダギリジョーのシングル『チェリー・ザ・ダストマン』。ジャズ・パンクバンド勝手にしやがれと他アーティストとのコラボ企画第3弾となる今作は、なんと俳優オダギリジョーをゲストヴォーカルに迎え、男臭いファンクロックチューンに仕上がっています。ミステリアスなホーンが楽曲に何とも艶っぽい影を立ち込めさせており、ダーティーなサウンドなのに非常にムーディー。 オダジョーのVo.も、型にはまってない荒削りで豪快な歌いっぷりで好感触でした!十分アーティストとしてもやっていけるじゃまいかw 男なら、きっとクセになる1曲かと思われますw ★★★★★★★★★☆  公式ページ(試聴できます)



シンデレラ今週のノーマーク☆
続いて3人組バンド・ANATAKIKOUのメジャーデビューシングル『シンデレラ』。『CDTV』EDテーマとしても起用されているタイトル曲は、若干不気味なサウンドに乗せて、なんとも味わい深い哀愁系メロディーが流れていくミッド・チューンになっています。いやぁ彼らの音楽に本格的に触れたのは今作が初となるんですが、なかなか面白いバンドじゃないですかー。北條のVo.が持つアンニュイさがまずインパクト大やし、サウンドも”ソフトな鋭さ”という矛盾した要素を持ってて奥深いし、何より歌詞のセンスに脱帽しましたね。まぁ今回はスペースの関係もあって軽い紹介程度にしときますが、カップリングの『かくれんぼう』もこれまた絶品!こんな紹介文ですが、気になった方は是非チェックを(・∀・)ニヤニヤ ★★★★★★★★★☆  CD紹介ページ(試聴できます)


ゼロの気持ち
GIZAなんだけどGIZAじゃない。
続いてGIZAにしては希少な存在ともいえるバンド・doaのニューシングル『ゼロの気持ち』。タイトル曲は、潔いトリッキーサウンドが気持ちよすぎる痛快アッパーチューン。テンポ重視のメロディーラインがいいアクセントとなって、楽曲のスピード感、そしてそれに伴う聴き手の高揚感を一気に加速させます。いなせなコーラスワークも相変わらずよく通ってるし、爽やかですw GIZA臭も、今回はあんまり感じさせませんでした。 ★★★★★★★★☆☆  公式ページ(試聴できます)




さようなら ありがとう~天の風~コブクロ小渕作&ポップな1曲
ラストは夏川りみのニューシングル『さようなら ありがとう~天の風~/未来』。まず1曲目『さようなら・・・』の方は、昨年発売のアルバム『彩風の音』収録だったナンバーをリアレンジしたニューヴァージョンで収録。作詞作曲はコブクロの小渕健太郎で、彼女らしい素朴なぬくもりが息づくしなやかなバラードに仕上がっています。レトロな印象も受ける感動的な歌詞にも注目。一方の2曲目『未来』は、彼女が歌っているとは思えないほどにポップ志向なミディアムナンバー。これほんま仰天しましたね。曲調から歌唱法まで1曲目からガラッと変えてきましたから。でもこういうのも似合ってるんちゃうかなー(ノ´∀`*) 何より聴きやすいしねw 総評 ★★★★★★★★☆☆  公式ページ(試聴できます)




ブログランキングにも参加しています。よければクリックお願いします。(_ _(--;(_ _(--; ペコペコ

  
スポンサーサイト

で、でたw
doawww
大学の友達大喜びだからw
GIZAなのにGIZAっぽくないんだー
なんか気になるようなならないような。。
そいえばブログのデザイン戻しちゃったね(・∀・)ニヤニヤ
[ 2006/08/30 21:33 ] [ 編集 ]

>>ポニちゃん

doaねぇwwww そういや友達ヲタやったんやなwwGIZAっぽくは確かにないんやけど、GIZA好きじゃなかったら興味は持たなさそうな(゚∀゚)ヨカーン・・・w
スキンはねーシンプルでいいかなーと思ってんけど、やっぱシンプルなりに色々不便やったからね、戻してもたww
[ 2006/08/30 23:34 ] [ 編集 ]

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://ondon.blog56.fc2.com/tb.php/465-b74954ed








上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。