スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

『Princess ∞ Candy』 舞 

いよいよ悲壮感ムンムンになってきますた。

Princess ∞ Candy(DVD付)  

という事で、舞のニューシングル『Princess∞Candy』(8月16日発売)。
前作『Eyes』以来約4ヶ月ぶりとなる新作です。

タイトル曲は、レトロな感情を呼び起こすオルゴールで静かに幕を開けるどこか神秘的なアップチューンテレビ朝日系ドラマ『快感職人』テーマソングとして起用されています。

1stシングル『Reborn』を手がけたSiZKと再び手を組んだ今作は、前作のガチッと固められた本格派ダンス・チューンとは打って変わり、パーカッションのテイストが再びだいぶポップなものへと落ち着いたので、前作で肩が凝り敬遠気味になっていた人にも、比較的受け入れやすいものになっているんではないかなぁと思います。まぁ根本的な部分からの路線変更は図られていないので、相変わらずサウンドはド派手ですけどねww 

そんな、サウンドに広がりがあればあるほどヴォーカル映えする彼女は、今回も楽曲に上手く身を委ねて、まるで雲の中を泳ぐかのように浮遊感のある伸びやかな歌声を聴かせてくれます。

あと冒頭でもちょと語ってますが、このジャケ&PVね。まぁ痛々しいのは確かやけど、もうすっかり免疫が出来上がってるみたいで、そこまで衝撃的には映りませんでした。ただ、このレベルまで露出されると、逆に潔くて微笑ましく感じてしまったり?w

ちなみにこのおげれt・・・魅惑的で神聖なヌード路線の集大成ともいえるソロ初となるアルバム『MAISELF』のリリースが9月6日に決定しており、初回盤にはなんと、ピチカートファイブで御馴染みの野宮真貴プロデュースによるヌードボディペインティング写真集ブックレットが付属とのこと!!(;´∀`)・・・うわぁ・・・ ついにここまで来たのねぇ・・・。まぁ興味津々な俺がいますが何か?w 男の性ってやつかな(*´д`*)ハァハァ

カップリングには、恒例の切ないバラード曲『Moon Teats』を収録。重厚なストリングスが素敵な夜を演出してくれるはず(ノ´∀`*)

★★★★★★★★☆☆
公式ページ


ブログランキングにも参加しています。よければクリックお願いします。(_ _(--;(_ _(--; ペコペコ

  

スポンサーサイト

そうそう、エロかわいそうとか言ってるものの、
もう前2作で免疫できちゃってるんだよねw
だから、アルバムのジャケ見た時なんて
「やっと下着と靴下履かせてもらってよかったけど、
なんかフツーになっちゃったねw」って思っちゃったw
でも、動画だとやっぱ(´・ω・`)エロカワイソス

なんか売れなかったらこのままAVに転(ry
[ 2006/08/21 21:31 ] [ 編集 ]

お母ちゃん悲しいゎ・・・;
エイ○ックスさん・・・!どーかパンツくらい穿かせてあげて!!曲は結構イイと思うんだケドなw
[ 2006/08/22 00:13 ] [ 編集 ]

なにこれwww
なんで裸なの??www
乳を凝視してしまいましたw
[ 2006/08/22 02:00 ] [ 編集 ]

>>ピタくん

そうそうww むしろ物足りなくなってるっていうかねww まぁビジュアルはそれなりに整ってるから、AVでも軽々通用するんでしょうが、それこそエロカワイソス・・・。
[ 2006/08/22 14:04 ] [ 編集 ]

>>ラビちゃん

もう舞としては、ずっとこうやっていくのかねぇ。。
まぁもう慣れたから、正直どうにでもしてって感じかもw
[ 2006/08/22 14:09 ] [ 編集 ]

>>ポニちゃん

彼女はもうずっとこうなのよ・・・w
アルバムはもっと過激なことになりそうで(((((;' A `))))アワワワワ
[ 2006/08/22 14:12 ] [ 編集 ]

げるふ

うは、出遅れた。
舞に関してはマトモなファンが居るのか心配してしまうぐらい、
ファンサイトのBBSもmixiコミュも大荒れなんだけど、(苦笑)
この間の「Eyes」もこの曲も有線ではガンガン掛かってて、
いちおう支持はされてるのかな。会社のバックアップかもしれないですが。
SiZK曲やRAM RIDER曲なのは凄い好みなんで次からは服を着て引き続き頑張ってもらいたいです。

あ、映画「バックダンサーズ」ではちゃんと服着てますよ(笑)
[ 2006/08/23 20:04 ] [ 編集 ]

>>げるふさん

大荒れキタコレw まぁ分かるような気はするけどねぇw 楽曲自体のクオリティは確かに高いけど、それ以上にビジュアル面を前面に押し出して誇示してくるから、何だかなぁという感じですね。ひとまずアルバムがどんなものになってるのか、色んな意味で激しく興味がありますw
[ 2006/08/24 00:00 ] [ 編集 ]

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
[ 2007/09/01 21:39 ] [ 編集 ]

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://ondon.blog56.fc2.com/tb.php/452-9c1fbc7f








上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。