スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

今日のシングルレビュー:2006年8月7日 

あーバイトだり・・・。('A`)←早速挫けかけてる

本日のレビュー作品(以下すべて8月2日発売)
『Answer』 GLAY feat.KYOSUKE HIMURO
『雷音』 ジン
『晴れわたる丘』 RYO the SKYWALKER
『SPLASH GOLD-夏の奇蹟-/Prism of Eyes』 MAX


ANSWER (DVD付)  

という事で、まずはGLAY feat.KYOSUKE HIMUROのシングル『Answer』
前作『G4』から1ヶ月にも満たない短スパンでの新作リリースです。
今回は昨年のGLAY×EXILEに続き、feat.アーティストとして元BOΦWYのヴォーカリスト・氷室京介を迎えており、J-ROCKファンにとっては堪らない珠玉の組み合わせが実現しています。

タイトル曲は、TAKURO作詞作曲の豪快かつ壮美なロックサウンドが炸裂するアクロバティックなアップチューン。サウンド面はやはりGLAYカラーが色濃く出たものになってはいるのですが、元々それぞれの音楽性の根底となっている部分が相似しているためか、どこか近寄りがたい重鎮オーラを醸すヒムロックとの相性はズバリ抜群で、GLAYのTERUとともにパンキッシュで痛快な掛け合いをこれでもかと我々リスナーに放ち撃ってくれます。TERUは高音パートで華やかさとキレのいい爽やかさを、そして氷室は低音パートで渋さと滑らかさをそれぞれ演出、楽曲に反映させるという役割分担が暗黙の上でキチッと割り振られていた点も評価出来ます。

ちなみに彼ら2組は、スペシャルコラボレーションLIVE『SWING ADDICTION』を8月5日、6日に行ったばかり。今回のシングルはこのLIVEと完全連動しており、臨場感と躍動感も十分考慮された魅惑の1枚(1曲)になっています。

★★★★★★★★★☆
特設ページ

雷音
『BLOOD+』OP映像(BGM:『雷音』) 

続いてジンの1stシングル『雷音』
今年5月にミニアルバム『言葉の樹』でメジャーデビューを飾った平均年齢19歳の4人組ロックバンドの記念すべきシングルデビュー作です。

タイトル曲は、スピード感溢れる刺々しいサウンドと女性ヴォーカル・ひぃたんの個性的な歌唱で今大注目のパンチの利いたロックチューンTBS系アニメ『BLOOD+』OPテーマに起用されています。静かに波打つイントロから一転、起伏の激しい著しく劇的な展開が我々を待ち構えます。

いやぁ『言葉の樹』を聴いた時点でもう身震いが幾度も起きてましたが、今回も最高の一言です!
サウンドも然ることながら、ひぃたんのハスキー・ヴォーカルが本当に素晴らしい。おそらく憎しみや感動、痛みや絶望など、彼女に共存する無数の感情を自身が巧みにコントロールしそれをヴォーカルに託すことにより、毎回ただの荒削りなものに終わらず、どんな曲調であれリスナーの心に真っ向から飛び込んでくる唯一無二のヴォーカルを生み出せてるんだと思います。悩ましいわぁ(ノ´∀`*)

カップリングには、生音テイスト溢れるミッドロック『四季彩彩』、表情豊かなVo.とストリングスを取り入れたもの哀しい『26』を収録。

★★★★★★★★★☆
公式ページ

晴れわたる丘  

続いて日本のダンスホール・レゲエシーンを率先して引っ張るRYO the SKYWALKERのニューシングル『晴れわたる丘』。rhythm zoneに移籍して初となる新作で、シングル作としては昨年の『Seize The Day』以来約1年3ヶ月ぶりとなります。いつの間に移籍してたんだ・・・。

タイトル曲は、タイトルどおりのどかなムードで愛を綴るゆるーいミッドチューン
今回はラガ臭をあまり感じさせないサッパリとした大衆的向けトラックに仕上がっており、彼の楽曲にしては斬新な聴き心地でした。ポワーン.。.:*・゚゚・(´ー`).。*・゚゚・*:.。. としたアンニュイな音の組み方が堪らないです(*´д`*)ハァハァ

そして、最近ではウイイレ企画『Ukatrats FC』の参加メンツの中でも一際目立っていたように、そのダミ声の圧倒的な存在感も依然健在。男臭くもありながら可愛さも時折垣間見せるその潔さが(・∀・)カコヨスギヤン!! ただラブソングという事ですが、リリックの題材が若干古臭いというか、まるでジジババの恋愛を描写しているようで、あんま共感出来なかったw

カップリングには、彼の人生観が悉く反映されたリズミカルなラガ・チューン『Marching For Freedom』ほかを収録。

★★★★★★★★☆☆
公式ページ

SPLASH GOLD-夏の奇蹟-/Prism of Eyes(DVD付)
 『SPLASH GOLD-夏の奇蹟-』 PV

ラストはMAXのニューシングル『SPLASH GOLD-夏の奇蹟-/Prism of Eyes』
前シングル『あなたを想うほど』以来約8ヶ月ぶりとなるシングル新作です。

まず両A面の1曲目『SPLASH GOLD-夏の奇蹟-』は、彼女らの地元・沖縄フレイヴァーをふんだんに盛り込んだ瑞々しいダンス・チューン。”SPLASH”表題についているとおり、サビの涼しげなメロディーとともに空気の粒子が熱を帯び勢いよくほとばしります!作曲と編曲には、最近では同じく沖縄出身の三浦大知に楽曲提供したことでも名が知られているSOYSOULのZOOCOとK-Mutoを迎えており、夏特有の煌びやかさに品ある艶やかをコーティングしたキラキラ感タップリのハウス・サウンドが展開します。歌唱も相変わらずみんなして安定おりGood!

一方の2曲目『Prism of Eyes』は、テレビ東京系特撮『魔弾戦記リュウゲンドー』EDテーマとなっている、疾走感溢れるナンバー。こちらは曲を聴く限り”如何にも特撮”的な無駄に格好つけた歌詞や曲調が印象的なわけですが、”特撮主題歌”という認識さえ取っ払ってしまえば、まぁ普通に聴き浸れる王道ダンス・ナンバーですw(若干サビがSPEEDの『季節がいく時』だよなぁ・・) ちなみにこの『Prism of Eyes』を1曲目にした↑のジャケとは違う別ジャケ盤も発売されているんですが、

↓↓↓

Prism of Eyes/SPLASH GOLD-夏の奇蹟-

こうなってしまた\(^o^)/wwww 哀しすぎるね・・・。('A`)

SPLASH GOLD-夏の奇蹟- ★★★★★★★★☆☆
Prism of Eyes ★★★★★★★☆☆☆
公式ページ


ブログランキングにも参加しています。よければクリックお願いします。(_ _(--;(_ _(--; ペコペコ

  

スポンサーサイト

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://ondon.blog56.fc2.com/tb.php/437-dc478c87








上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。