スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

今日のシングルレビュー:2006年8月5日 

今日はちと簡潔めにレビュー。

本日のレビュー作品(以下すべて8月2日発売)
『believe/僕の毎日』 清木場俊介
『Feel』 faith
『サイクリング リサイクル』 きりん

belive/僕の毎日(DVD付)  

という事で、まずは清木場俊介のニューシングル『believe/僕の毎日』

EXILE正式脱退後初となる新作で、まず両A面の1曲目『believe』は、まるで彼自身が自分へと向けて歌っているかのような前向きなメッセージを含んだ歌詞が色んな意味で目を引くミッド・ロックナンバー

鈍重なロック・サウンドにストリングスをプラスする事によって、滑らかさとより情感溢れる楽曲へと仕上がっています。が、正直前作と曲調がだだ被りなので新鮮味はまったく感じられません。歌詞も相変わらず”!”多用でチープ感が拭えないし、内容や作風も陳腐で、ただただ暑苦しいという印象。まぁEXILE時代の音楽性との差別化が今年になって著しくなり、まだただ困惑してるだけかもしれないですけど、実際エグと並行してソロしてた時の楽曲はすんなり受け入れる楽曲が多かったので、何だかなぁ。

と言ってる内に、2曲目には初期のソロ楽曲を彷彿させる甘くストレートなラブソング『僕の毎日』が収録されており、俺は断然コチラをおすすめ。

総評 ★★★★★★☆☆☆☆
公式ページ

feel レコード会社公式ページ(試聴できます) 

続いてfaithのニューシングル『Feel』

今年2月発売の1stアルバムがヒットを記録した彼女らの新作は、今作もクラシカル・サウンドを全面的にフィーチャーした麗しいスローチューンになっており、濃厚で色彩豊かな世界を堪能する事が出来ます。また、WEEVAの溢れんばかりの品と趣を放つヴォーカルが、Hookの高音パートで力強くも美しく咲き誇ります。(*´д`*)ハァハァ

”Classic meets HIP HOP”という音楽性は、デビューから1年が経過した現在でも革新的に感じるし、これからもこの確固たるスタイルを貫徹してほしいなぁと切望しますが、ただ世間的な観点で物申させてもらうと、こういう要素って結構飽きられやすいかなぁとも思うんで、今後は持ち味のクラシック面にも勿論気を配りつつも、もっともっと捻りを利かせた曲作りに励んだ方が(・∀・)イイカモ!!

カップリングには、Rap担当のJamをフィーチャーしためちゃ(・∀・)カコイイ!!スリリング・チューン『Sparkle』と、今年1月発売のシングルの別ヴァージョン『2girls~in the sepiatone~(classical ver.)』を収録。

★★★★★★★★☆☆

サイクリングリサイクル
 『ケロロ軍曹』 ED映像(BGM:『サイクリング リサイクル』)

ラストはきりんのシングル『サイクリング リサイクル』

TK×吉本芸人のコラボの最新作となる今作では、川島明と田村裕からなる漫才コンビ・麒麟をヴォーカリストに迎えており、パンクを意識した豪快なデジロックに仕上がっています。ちなみにJKこと次長課長が主題歌を担当していたアニメ『ケロロ軍曹』の新テーマソングに起用されています。

作詞は麒麟自身が担当。田村の実体験を元に作られてたそうで、それを踏まえて聴くと尚奥深くて、そして妙な味わいも出始めるという、雑然としているようで、実はかなり凝った仕上がりになってますw 川島の超低音ボイスも、なかなか曲映えしてます^-^

カップリングには、7月発売のTKプロジェクトの秀作アルバム『ガチコラ!』収録の、日本人の主食・米について奇抜な視点で掘り下げた歌詞が超コミカルな『rice to life』、そして1曲目2曲目の楽曲を麒麟の二人自らがナレーションで解説する『DK(どうも、きりんです)』を収録。

★★★★★★★★☆☆


ブログランキングにも参加しています。よければクリックお願いします。(_ _(--;(_ _(--; ペコペコ

  
スポンサーサイト

今まではJamのほうが男っぽい格好の印象だったけど、
今回は逆なんですねww
faithはメジャーデビューしたときから聴いてるけど、やっぱり飽きやすいかもですね!
ラップも癖あるし・・・。
m-floとlovesでもしたらもっと人気でそうですね!
[ 2006/08/06 01:14 ] [ 編集 ]

あ、ガチコラがあまりにも売れなさ過ぎたせいで
麒麟のシングルが出ることすっかり忘れてた・・・(ノ∀`) アチャー

やっぱTKらしさを感じられるからいいね~。
吉本芸人ぐらいにしか曲を提供できないっていうのがもったいなさすぎ…。
[ 2006/08/06 04:14 ] [ 編集 ]

>>けんとさん

WEEVAの男気には品がありますよねぇ☆
ラップに関しては、フロウの仕方が若干AIと被るのでどうにかならないかなーとか思ってたりw
m-flo lovesは同事務所やし十分にあり得るでしょうね!m-flo独自のサウンドとfaithのクラシカルな音楽性がブレンドされるなんて、想像しただけで生唾ものですw
[ 2006/08/06 11:09 ] [ 編集 ]

>>ピタさん

あらまww
ほんまに予想外やったもんね('A`)

当初こそTKがパンクっぽいの作ってる事にビックリしてたんやけど、よくよく聴いたらちゃんとデジタルサウンド駆使してるよねw
[ 2006/08/06 11:11 ] [ 編集 ]

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://ondon.blog56.fc2.com/tb.php/435-fd17a587








上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。