スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

『恋は無期限』 仲間由紀恵 with ダウンローズ 

か、解散かよ・・・。



という事で、仲間由紀恵 with ダウンローズの配信限定ラストシングル『恋は無期限』

『恋のダウンロード』で華々しく(?)デビューを飾ったスペシャルユニットですが、今回のシングルでまさかの解散宣言。CD化の予定はなく、配信のみでの発売となっています。(後に前作同様、CD化しそうな臭いはめちゃめちゃするけどね・・・。)既に7月21日からau他の着うたサイトでフルヴァージョンがダウンロード出来るようになっており、PC配信の方も、明日8月1日からいくつかの配信サービスでスタートするそうです。

そんな表題曲は、不意に物悲しさのこみ上げた哀愁系ポップアレンジがフィナーレ感を活写するダンス・ナンバー。勿論、『au』CMソングに現在起用されています。

プロデューサー・作詞には前作に続き松尾”KC”潔を起用しており、彼お得意のR&B/ポップテイストが色濃く出たスムージーなAメロ&Bメロから、キュンと弾けるサビへの劇的な展開が大きな注目点です。ただこの展開、普段から松尾氏の手がけるアーティスト(CHEMISTRY、平井堅、DOUBLEなど)の楽曲をよく聴く方にとってはかなりベタベタ感が強くて、既聴感がどうしても拭えないかと思います。と言いつつ聴いた当初は、普段CMでよく流れてるパートから受ける印象とのギャップを大きく感じて、結構刺激的やったけどねw

歌詞の骨組みは前作とほぼ変わらず、コミカルとシリアスをブレンドした可もなければ不可もない印象。ただ大サビ前のセリフ『さよならぁ~~っ!』には、前作の『好きな人・・・それは君だ!』『悔しいけれど・・・認めます!』に匹敵する( ゚Д゚)ポカーンを覚えました。どう聴いてもトリックの山田奈緒子です。本当にありがとうございました。

作曲はその松尾氏との絶妙なコンビネーションでこれまで数多くの名曲を送り出した川口大輔が担当。メロディーにこれでもかと繊細な表情を割り振り、決して安易にキャッチー路線に走っていない点が好印象でした。

そして・・・うん、まぁ、仲間さんは下手ですよ、相変わらず。(ノ´∀`*)
今回は前作以上に露骨に音痴っぷりをさらけ出しているので、楽曲がそれなりのクオリティな分、非常にやるせなくなりました。でも不思議なもんやね、聴いてる内に感覚麻痺しちゃった\(^o^)/
ほんまはこの事について一番語りたかってんけど、この1曲のレビューにこれ以上時間と労力を割くのも何だなと思い自粛w まぁ下手っすww

アーティスト云々よりメロが気に入った方、流行に敏感な方、もの好きな方、山田奈緒子ファンの方は是非ダウソロードしてみてくださいw

★★★★★★★☆☆☆
公式ページ(試聴できます)


ブログランキングにも参加しています。よければクリックお願いします。(_ _(--;(_ _(--; ペコペコ

  

スポンサーサイト

人気のある女優さんですもんね^^;
解散で話題になって今年の紅白で解散舞台とか^^;

下手ですよね。
あ、いまTVでCMが流れた♪
[ 2006/07/31 22:35 ] [ 編集 ]

>>ちゃめさん

紅白かーww
でもあんな音痴をわざわざ大衆の見てる番組で晒すっていうのはさすがにしないかもですねw^-^;
[ 2006/08/01 15:55 ] [ 編集 ]

仲間 由紀恵ダイスキな私としては
下手宣言はキツイ。
そんなに連呼しなくてもさ。
[ 2006/08/29 00:32 ] [ 編集 ]

>>名無しさん

んーまぁ人それぞれって事で。誰かに何かを言われて意見を曲げる気はさらさらないので、すみませんがm(_ _)m こういう見解もあるんだなーという風に捉えてくれたら幸いですはい。
[ 2006/08/29 17:50 ] [ 編集 ]

仲間由紀恵withダウンローズファンのうちにとってちゃめのはきつい。最低、最悪、どっかいって。気持ち悪い。
[ 2006/12/15 20:56 ] [ 編集 ]

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://ondon.blog56.fc2.com/tb.php/424-f2bcd682








上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。