スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

『4 hot wave』 倖田來未 

やはり写真集と一緒に購入していく人が多かった!

4 hot wave(人魚姫/With your smile/I'll be there/JUICY)(DVD付)

『人魚姫』 PV

『I'll be there』 PV

『JUICY』 PV

『With your smile』 PV

という事で、倖田來未のニューシングル『4 hot wave』(7月26日発売)。
前作『恋のつぼみ』以来約2ヶ月ぶりとなる新作です。

今回はタイアップのついたA面扱いの新曲4曲を収録し、更にインストも3曲収録された、シングルというよりかはミニ・アルバム、またはコンセプト・アルバムのような特殊仕様になっています。
①『INTRODUCTION~I'll be there~』、④『INTERLUDE~JUICY・人魚姫~』、⑦『OUTRODUCTION~With your smile~』については、今回収録の歌モノの新曲をサンプリングしたインスト曲のため、レビューを控えさせていただきます。)

まず②『人魚姫』は、鋭角的なロックサウンドと荒削りなヴォーカルとが反応し合い、相当大きい衝撃を生み出している彼女の新境地開拓となった1曲。 初っ端から早速こういうパンチを食らわせてくるっていうのは、戦略としてはかなり面白いなーというか面食らいました。でもそれはあくまでも表面的な部分のみから受けた印象で、PVの演出や歌詞の作風は、異常なまでに某浜崎さんの二番煎じ感がします。気味の悪い格好の人間がPVに登場したり、否定的かつ自虐的な歌詞なんかはあからさまな劣化コピーぽくて何だかなぁです。まるで意図的に彼女の個性の存在感を打ち消しているのかと疑ってしまうほどに。なかなか魅力的な要素が揃っている楽曲だけに、惜しい1曲かな。

続く③『I'll be there』は、『SEA BREEZE』のCMソングとして随分前からオンエアされていた、ソフトタッチのアコギのストロークが空間的な瑞々しさを醸す透明感あるミッド・チューン。『海に映った月の上を裸足で渡ろう』と言ったような現実離れした表現を駆使して、実に普遍的な恋愛観を綴りあげた歌詞は、誰しもの心に潜在する時めきのツボを刺激してくれる事かと思います。ナチュラルな歌いっぷりもそれを助長させる働きをしていて◎。

続く⑤『JUICY』は、サウスチックなバウンシービートに乗っけて妖艶なヴォーカルが炸裂するR&Bチューン。作曲兼トラックメイカーは、ARIA・COLORをはじめとするRhythm Zone所属のアーティストの作品を多く手がけてきたSTY、作詞はその彼と息の合った仕事ぶりを見せるタイラヨオというDigz,inc groupの2人を起用しており、本場USのブラック・フレイヴァーを余すことなく汲んだ本格派ネットリソングです。コーラスの入れ方・重ね方が秀逸で、切迫感のある展開が楽しめます。ただ散々あちこちで言及されてますけど、倖田の英語の発音が(ry なため、かなり玉に瑕なわけですよ。チープとまでは言わないですけど、もうちょっと一工夫するとか出来んのかなぁ。常に発音が一定な希ガス。

歌モノラストとなる⑥『With your smile』は、万人ウケの良さそうな清涼ポップチューン日テレ系『PRIDE&SPIRIT 日本プロ野球2006』テーマソングになっています。んー歌詞・曲調・ヴォーカル・・・どの要素も可も不可もなく、といった感ところでしょうか。安定感をあまりにも念頭に置き過ぎたのか、面白みに欠けるんですよねぇ。彼女の昨今の楽曲は、良曲もそれなりに生産されている反面、こういうやっつけ仕事的な有り触れた楽曲も多く放出されているのが現状なんですよね。まぁこういう楽曲唯一の強みともいえるキャッチーさに関しては優越しているので、メロディー面だけで支持する人も少なくなさそうです。


という事で総評としては、思った以上に良作だったかなぁといったところですね。でも全体を通して聴くと締まりが足らないんよなぁ。とりあえずインスト3曲は収録しなかった方が正解だったかも。 ジックリ聴くほど凝った作りでもないし、かと言って楽曲間の橋渡し的な役割も担いきれてないしで中途半端。何か客寄せのために急遽収録曲数稼ぎましたよみたいな臭いがひしひしとww
それで構成が散漫になっちったのかもね。

ちなみに今回も12週連続リリースの頃同様、4曲の新曲すべてのPVが制作されており、そのすべてが一連のストーリーになるようにPVのラストが次の楽曲のPVにリンクする構成になっています。ストーリーとして捉えたいなら、『JUICY』→『With your smile』→『I'll be there』→『人魚姫』の順でご覧くださいー。

人魚姫 ★★★★★★★☆☆☆
I'll be there ★★★★★★★☆☆☆
JUICY ★★★★★★★★☆☆
With your smile ★★★★★★☆☆☆☆

公式ページ


ブログランキングにも参加しています。よければクリックお願いします。(_ _(--;(_ _(--; ペコペコ

  

スポンサーサイト

デイリーチャートが更新されたのですが、
倖田來未が、1位にアップしてました。
Kinkiは1位を水曜と木曜の二日間しかキープできず。
もし、このまま順位が変わらなければ、Kinkiの記録は
倖田來未に止められてしまいますねぇ~。
[ 2006/07/28 19:10 ] [ 編集 ]

>>LiGhtさん

そなんですよねーうちの店でもKinKiより倖田來未の方が圧倒的に売れてるんですよー。なのでもしかしたらもしかする??みたいに俺も思ったんですけど水木はKinKiが1位を奪取してるので、週間1位は難しいかなぁ。。でも初動はかなりいきそう!!
[ 2006/07/28 21:42 ] [ 編集 ]

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://ondon.blog56.fc2.com/tb.php/418-e02ff7af








上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。