スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

『ファンキーモンキーベイビーズ』 FUNKY MONKEY BABYS & 『俺』 オレスカバンド 

これからが楽しみな2組!(以下でレビューしているCDはいずれも7月19日発売です。)

ファンキーモンキーベイビーズ
『ALWAYS』 PV
1. 恋の片道切符  2. そのまんま東へ  3. 西日と影法師  4. GO!GO!ライダー  5. ALWAYS  6. One  7. 笑顔  8. Oh my lady  9. ろくでなしCRUISE(album version)  10. オレオレRAP  11. 勝負パンツ  12. B・W・H  13. チェケラッチョ

という事でまずは、FUNKY MONKEY BABYSの1stアルバム『ファンキーモンキーベイビーズ』
ファンキー加藤(MC)、モン吉(MC)、DJケミカル(DJ)からなる3ピースHIP HOPグループで、過去に発売したシングル3作のジャケ・PVにそのまんま東、山田花子、ペナルティがそれぞれ登場し話題を博した彼らの1stアルバムです。 (ちなみに今回のジャケはメンバーのDJケミカル)

2nd『恋の片道切符』がプチヒットを記録し、今回のアルバムもそれなりに売り上げているようですが、果たして気になる内容は・・・。

てなわけで主な収録曲を追っていくと、
片思いをテーマにしたほろ苦いリリックと甘酸っぱいメロディーに胸が痞える哀愁系ミッド①『恋の片道切符』、そのまんま東のジャケがインパクト大だったポジティブなデビューソング②『そのまんま東へ』、サンバのリズムを取り入れた垢抜けたトラックが体を高揚させる④『GO!GO!ライダー』、キャッチーなバンドサウンドが勇ましいポップ・フレイヴァーを醸すパワフルな応援歌④『ALWAYS』、柔和で人間味のあるサウンドに身体が沈静する丸っこいポップソング⑦『笑顔』、ロックンロール風なアプローチが斬新だった痛快アップチューン⑧『Oh my lady』、デビュー前に参加していたコンピレーションアルバム『JOYRIDE』に収録されていた楽曲のアルバムVer.で、打ち込み色の強くなる10曲目以降を円滑に聴きやすくするための潤滑油的存在を担っているともいえる⑨『ろくでなしCRUISE(album version)』、複雑なドラムンベースのリズムに乗せて気随にフロウをかます⑩『オレオレRAP』、刺激的なリリックで魅せる2曲・エレポップな⑪『勝負パンツ』とお祭り囃子チックのビートが旬な感触の⑫『B.W.H』、そしてメンバーの詳しいプロフィールを絶妙な具合にライミングして紹介するラスト⑬『チェケラッチョ』まで、

表面的な要素から受ける印象とは裏腹に、HIP POPにしてはかなり凝った楽曲が軒を連ねているバラエティ豊かな1枚です。かつ、彼らのいい意味でちゃらけたフロウやトラックも非常に取っ付きやすいので、まず気軽な気持ちで聴くのには最適すぎるほどやし、恋人や家族とワイワイしながら聴いたりパーティーのBGMなんかにも打ってつけかと思います^-^

★★★★★★★★☆☆
公式ページ(試聴できます)

俺  
『ALWAYS』 PV
1. PANTIME  2. 花のスカダンス  3. ピノキオ  4. ナイフとフォーク  5. MONKEY MAN(MONKEY monkey MAN)  6. 少年S  7.??? 

続いて、オレスカバンドのデビューミニアルバム『俺』
いかす(Gui&Vo.)+とみ(Ba&Vo.)+リーダー(Tro)+サキ(Tru)+もりこ(Sax)+たえさん(Dr.)という関西出身の10代の女子6人で構成されるスカバンドのメジャーデビュー盤です。
平成生まれのメンバーも所属しているこのバンドは、これまで大阪を拠点に活動しており、その頃からのファンも決して少なくないんだとか。

気になる収録曲を追っていくと、
コテコテの関西弁が炸裂するOPチューン①『PANTIME』、CS放送・スペースシャワーのみでOAされたポッキーCMソングに起用され話題を呼んだ、和気藹々としたムードが立ち込める軽快アップ・チューン②『花のスカダンス』、超コケティッシュなホーンで魅了する、スカの醍醐味・裏打ちリズムが最大限に活かされた③『ピノキオ』、スカを語る上での重要アーティスト”The Specials”のカヴァーに挑戦したロッキッシュな⑤『MONKEY MAN(MNKEY monkey MAN)』、そしてツインヴォーカルらしい個性的なハーモニーが映えるスピード感溢れるラストナンバー⑥『少年S』などなど、

どの曲も10代が生産する音楽らしく、瑞々しさと威勢に満ちており、また『俺』というアルバムの表題が暗示しているように、逞しさや強引さといった男勝りな一面も随所で垣間見れた愉快な1枚に仕上がっています。リスナーを楽しませようという心意気も、楽曲に備わるひとつひとつの要素からひしひしと感じる事が出来ました。 また、彼女らのプロローグ&プロフィール的位置づけも出来る1枚なので、彼らに少しでも興味をもたれた方は、是非チェックしてみてください。価格も約1500円という事で、スカ入門盤としても薦められるリーズナブルなお値段です。
尚、今作にはボーナストラックが収録されており、地元・大阪府堺市のPRソングをメンバーがコミカルに歌い上げています^-^

★★★★★★★★☆☆
公式ページ(試聴できます)


ブログランキングにも参加しています。よければクリックお願いします。(_ _(--;(_ _(--; ペコペコ

  
スポンサーサイト

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://ondon.blog56.fc2.com/tb.php/416-d474a575








上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。