スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

『24-twenty four-』 Sowelu 

                  

24-twenty four- (通常盤)     

収録曲
(シングルA面曲はオレンジ・カップリングは緑・注目曲は赤・シングルA面曲かつ注目曲はピンクで表示しています。)

01.Dear friend 02.Crazy for you 03.守るべきもの 04.Tomorrow 05.smile again 06.DANCE 07.Flyer 08.cry 09.Let's go faraway 10.君の気配 11.with out you 12.Pride 13.to YOU 


今回は、Soweluの3rdアルバム『24-twenty four-』(7月12日発売)をレビュー。前作『SWEET BRIDGE』より約1年7ヶ月ぶりとなる待望のニューアルバムで、先行シングル①を含む13曲が収録されています。しかし購入前に試聴した際、既に不満タラタラだったわけなんですが、果たして購入後、心変わりはあったのか・・・。 
                 

主な収録曲を追っていくと、
月9『トップ・キャスター』主題歌というこれ以上にない特大タイアップがついていたにも関わらず見事なまでに通常通りの売り上げに留まった軽快ポップ①『Dear friend』、LOVE PSYCHEDELICOチックの爽やかなグルーヴを纏った②『Crazy for you』、毎年恒例のポケモン映画の主題歌に抜擢された切なくやさしいスロー③『守るべきもの』、アコーディオン(?)の音色が気持ちいいゆるやかミッド⑤『smile again』、『ダーンスダーンス♪』と小気味良く唄うギターポップ⑥『DANCE』、透明感あるサビのメロディーラインに酔いしれる⑦『Flyer』、夏らしいキラキラ感タップリの⑨『Let's go  faraway』、彼女が心から敬愛する矢野真紀が楽曲提供をし、彼女の新たな一面を見出す事に成功したアコースティック・バラード⑩『君の気配』、失恋した女心をリアルに描写したラブソング⑪『with out you』、そして、大切な人へと向けた壮大なバラード⑬『to YOU』などなど、


このレビューでも分かるように、購入前に比べると、印象は格段によくなりました。 
っていうのも試聴した際、どの曲もそこらにありふれたチープなポップチューンばっかりに感じて、さすがに『これはヒドイ・・・』って非常に落胆してたんですよね。前作『Dear friend』で初ともいえるベタベタポップチューンに挑戦し、ファンの方は衝撃を受けたかと思うんですけど、今回もその流れを痛々しいほどにしっかり継承していて、従来までのSoweluの艶っぽいヴォーカルを生かしたR&Bテイストの楽曲はズバリ皆無。しかもアルバム曲の半数を『Dear friend』の作曲者・西尾芳彦が担当しており、前作の個性豊かなさまざまな作家陣の起用はなく、完全な西尾ワールドに仕立て上げ得るほどの作家陣のタイプの極端な偏りが目立ちます。事実これによってアルバムが一気にポップへと染め上げられてしまい、R&B系楽曲の入る余地がなくなってしまってるんですよ。特に序盤の新曲勢は、当初は時間を経るにつれて苛立ちが鬱積されてじっと聴いていられなかったですからねw 『Get Over』が入らなかったのも、おそらくその所為でしょうね。まぁ今思えば、アルバムのバランスが保てなくなりそうなので、入れなくて正解かなとも思ってしまえるけど。

でも仕事場でずっと聴いてたからか、元々Soweluというアーティスト自体に魅力を感じているからか知らないですけど、徐々に楽曲1曲1曲に愛着が湧き始めて、今では大半の楽曲にそれぞれの魅力を感じる事が出来るようになりました。言い方を変えると、聴いている内にこの1枚をれっきとした”ポップ・アルバム”としてしっかり捉える事が出来るようになったのかなぁと。もうこういう風に仕上がってしまったんやから、後はリスナーまたはファンが、このアルバムとどう向き合うかっていう事しか術は残されてないと思うんですよ実際。今更あれこれあがいたって、状態がどうかなるわけじゃないし・・・ってな風に開き直ったら、なんか聴きやすくなりましたわwww

そうは言っても、いくら作りこまれているのは確かでも、正直”アーティストを無視して商業的に作りこまれた”アルバムなんていい加減ウンザリなんで、次回はもっと彼女と均衡がとれているか、または見合う見込みのある斬新さのある楽曲・アルバムを切願します。一般ウケが難しいと思われてた1stも2ndも、結果的にそれなりに売れたわけやからさ。

長文すません。

★★★★★★☆☆☆☆
Sowelu 公式ページ(全曲試聴できます)


ブログランキングにも参加しています。よければクリックお願いします。(_ _(--;(_ _(--; ペコペコ

  
スポンサーサイト

Sowelu

たしかに艶っぽいヴォーカルはチト薄かったですね・・・やっぱSoweluはポップチューンよりR&B系かな

しか~し!!これからもSoweluを応援していきま~す(´Д`)ノ~♪
[ 2006/07/13 21:11 ] [ 編集 ]

「Heads or Tails?」がR&Bや課外活動の集大成のアルバムだったように、
今回はpopがコンセプトのアルバムなんだと思って納得してます。
Soweluが歌うからいいと思う部分があるけど、
絢香っぽいなと思うのがあってちょっとそれはイヤです。
後半ではイイ感じですね。
でもやっぱぶっちゃけ
Get Overやto YOUのカップリングのほうがアルバムの曲より好きです(^^;)
うーんファンとして受け入れることはできるけど
本音はR&B歌って欲しいですw
[ 2006/07/13 21:54 ] [ 編集 ]

なんかね、今回のアルバムについての評をあちこちで見るとね、
前のSoweluが好きだった人が書いてるせいもあるけど、やっぱりみんな不満多くて、
なんだかんだ言ってもR&B寄りPOP歌手Soweluとして支持してきた人は多かったんだな、
と安心と勿体なさが入り交じった気持ち(^-^;
てかUhとかGetOverで見せてたエロエロな感じでも結構キツイ意見多かったと記憶してるけど、
「今の感じよりはまだあっちのほうが好き」って人は多いのかな?
[ 2006/07/13 22:37 ] [ 編集 ]

今回は、今までの感じと違いますよねー。
今までと違う方向にチャレンジして、アコースティックなものからポップなものまで取り入れてみたかったなんてこないだのイベントのときに言ってましたよ。^^
まあでも、僕もR&B寄りのSoweluの方が好きです。
[ 2006/07/13 23:10 ] [ 編集 ]

「SWEET BRIDGE」が最高だったから期待してたんだけど・・・;Soweluの新しい一面がっていうよりはただSoweluっぽくないな~って思ったよぉ;

やっぱり「Dear friend」引きずりすぎだよね;まぁ
「Soweluは」好きだから頑張って欲しいw
[ 2006/07/14 00:04 ] [ 編集 ]

>>yopiyukiさん

ですねーそれが非常に惜しいんですけど、俺もSowelu自体は好きなので、あらためてこれからに期待したいと思います^-^
[ 2006/07/14 13:39 ] [ 編集 ]

>>けんとさん

ですよねぇ。まぁ割り切りは俺も出来たんで、もう特に気にならなくなった、かなw 絢香っぽく聴こえるのは、彼女が所属事務所の妹分的存在だっていう所為もあるやろうけど、やはり絢香も西尾作曲の曲を唄っているからなんでしょうね。でも絢香×西尾の楽曲はシックリきてるし、アーと作家の相性はほんまに大事やなぁと痛感しましたよ。^-^;
[ 2006/07/14 13:45 ] [ 編集 ]

>>げるふさん

やっぱりそうなんですよねー。まだまだR&Bアーティスト・Soweluへの期待を失っていない分次回作が今からものすごく気になってます。
俺はエロエロの方が全然いいですよw あれはまだR&Bと隣り合わせともいえるダンスホールだったりレゲエだったりの楽曲でサウンド面での違和感がまずなかったし、何より彼女の持ち味の艶っぽいヴォーカルがすごく活きてましたからね。確かに露出が多くて痛々しいだの色々言われてたけど、あれはあれでSoweluの良さが滲み出ていたと思います。

[ 2006/07/14 13:55 ] [ 編集 ]

>>M♪Boyさん

そなんですよねーだから一応”Sowelu自身がPOPを志願した”みたいな事になってますけど、実際ビミョーですよね・・・w しかもその発言って、かつての倖田來未の発言と内容がほぼ一緒なんですよねぇ・・・これからどうなるのやら^-^;
[ 2006/07/14 13:58 ] [ 編集 ]

>>らびちゃん

まさにそれよねww まぁ『君の気配』ではこれまでとは少し違った歌唱法を垣間見せてくれたりで新しい感情が芽生えたけど、他は基本的には甘ったるいポップ曲ばっかやったしね^-^; これからどうなるんやろうなぁ・・・。
[ 2006/07/14 14:05 ] [ 編集 ]

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://ondon.blog56.fc2.com/tb.php/400-60355416


★「24-twenty four-」 Sowelu

 Soweluさん、待望の3rd Album 「24-twenty four-」をレンタルしてきました。2004年6月にリリースされた「Let's go faraway」から、大ヒットシングル「Dear friend」 「to YOU」を含む全13曲を収録しています。 タイトルの “24-twenty four-” は、素のままの自分、Sowel
[2006/07/30 22:16] URL 日本の歌姫たち






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。