スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

『Secret Code』 上木彩矢 

                  
Secret Code - 上木彩矢

Secret Code






収録曲(シングルA面曲はオレンジ・カップリングは緑・注目曲は赤・シングルA面曲かつ注目曲はピンクで表示しています。)


1.Communication Break
2.ピエロ
3.もう君だけを離したりはしない
4.Secret Code
5.Bounce,Bounce,Bounce
6.プライド オブ プレイス
7.夏のある日
8.I Sing This Song For You
9.傷だらけでも抱きしめて
10.Believe in YOU
11.Can’t stop fallin’ in LOVE
12.Changing The World
13.フレンズ

今回は、上木彩矢のメジャー1stアルバム『Secret Code』(7月12日発売)をレビュー。
今年3月にシングル『Communication Break』でメジャーデビューを飾った彼女。端整な顔立ち=ビジュアルだけではなく圧倒的な歌唱力も併せ持ち、GIZAにしては孤高な存在の正統派逸材で、今後が非常に楽しみなアーティストの一人です。
                 

主な収録曲を追っていくと、
リアルに波打つロックサウンドと何よりも彼女の堂々たる歌唱力に圧倒されたデビュー曲①『Communication Break』、B'zの同日発売だった同名曲のカヴァーで、TOP10ヒットを記録した②『ピエロ』、GIZA節が楽曲の随所で炸裂する3rdシングル③『もう君だけを離したりはしない』、GIZA専属作家・大野愛果作曲の荒々しいアルバムタイトルチューン④『Secret Code』、これまでの曲調を払拭してみせた清涼感あるポップ・ロック⑤『Bounce,Bounce,Bounce』、フラフラとおぼつかないメロディーと、彼女のイメージからかけ離れた強烈なチープ臭を放つ歌詞の融合でインパクト大のミッド⑦『夏のある日』、中ノ森BANDチックなお茶目な音使いに驚いたポップ⑧『I Sing This Song For You』、タイトルから迷わず某globeの楽曲を彷彿させた、身体を揺さぶる彼女の高音フックが炸裂する⑪『Can't stop fallin' in LOVE』、彼女の真骨頂とも言えるシリアス×ヘビーなロック⑫『Changing The World』、そしてタイトルどおり親友の事について唄っておりハッピーに大団円を迎える⑬『フレンズ』などなど、

現代の女性ロッカーとしての頭角を現す絶好のチャンスとなる1枚だよなーと半ばワクワクしつつ聴いてたんですが、意外にポップ傾向の楽曲が多くてかなりの肩透かしを食らっちゃいました。
この大きな要因には、やはりGIZA色に染まりすぎちゃってるなぁというのが挙げられるかと思います。GIZA色に染め上げる行為自体は否定しませんけど、ロック=彼女という概念からリスナーをあからさまに逸らせて奇をてらおうとしている極端な楽曲ばかりが目に付いて、これじゃその意外性を面白く感じる前に、彼女の本質がなかなか堪能出来ずにやきもきしてしまってしょうがないっすよ。 これは彼女に限った事ではないですけど、アルバム曲だからってあれこれ何でも詰め込むんじゃなくて、もうちょっとアーティストの性質を踏まえた上で慎重な楽曲作りをしてください。>GIZAさん

と、ひさびさ毒づいてみた(´<_` * )

★★★★★★★☆☆☆
上木彩矢 公式ページ(数曲試聴できます)


ブログランキングにも参加しています。よければクリックお願いします。(_ _(--;(_ _(--; ペコペコ

  
スポンサーサイト

なるほど・・・肩透かしですか・・・まだ聞いてないんですが、シングルだけでいっか・・・(-。-) ボソッ 

確かに歌唱力は、インパクトありますよねぇ・・・しかもそれに負けないくらいの顔立ちのよさw(好みの問題かな!?)

今後の活動に期待ってところなんでしょうねw
[ 2006/07/12 09:06 ] [ 編集 ]

北海道札幌市では地元出身歌手ということで大々プッシュをしておりまーす。
むしろヒトミトイを推せよ。とか思うのですが(ぇ

ピエロ歌ったときはそろそろ衰えてきたB'zの後継者がついに現れた!と思ったモンですが、そっちの方向に行く気はないみたいですね。松本さんも全面プロデュースって訳でないようですし…

クラシックの素養があるらしいですし、R&Bシンガー久里夢としての黒歴史(禁句)があったりするので、割と生粋のロッカーには収まりたくないのかも。

彼女のチョイワルで近寄りがたいオーラは他のGIZAシンガーと一線を画す所ですから、友達然としたガールズポップ路線なんかにひよらず、硬派にキメて欲しいところですけどねぇ。
[ 2006/07/12 18:08 ] [ 編集 ]

>>shintaさん

いやいやー是非アルバムも聴いてみてくださいw 俺のはただの戯言なのでw ぇ
ほんま綺麗ですよねー見とれてしまいますw
[ 2006/07/12 21:45 ] [ 編集 ]

>>げるふさん

一十三十一はなかなか勢い出ませんねぇw でもコアなファンがいるのが強み(´<_` * )

久里夢のもちらっと聴いたんですが、基本的な声質だとかはなんら今と変わりなかったですw そう思うと、やはりロッカーって枠に簡単に収まりたくないのかもなぁ。でも今回のアルバムには明らかに首をかしげる楽曲もあったので、せめてもうちょっとだけ方向性を明確にしてほしいんですけどねぇ・・・。
[ 2006/07/12 21:48 ] [ 編集 ]

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://ondon.blog56.fc2.com/tb.php/398-e0b5eaa0


■「Secret Code」上木彩矢

 メジャー・デビューから4ヶ月、上木彩矢さん待望のメジャー1st Album「Secret Code」を紹介します。 B'zの楽曲カヴァーで話題を呼んだ 「ピエロ」、3nd Single 「もう君だけを離したりはしない」など、全13曲を収録したアルバムになっています。 今作は B'zをはじめ、大
[2006/07/17 13:55] URL 日本の歌姫たち






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。