スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

『恋愛スピリッツ』 チャットモンチー 

好きな人が、出来ました。 (某映画より

恋愛スピリッツ


という事で、チャットモンチーのニューシングル『恋愛スピリッツ』(6月7日発売)。

1stシングル『恋の煙』より約3ヶ月ぶりとなる新作です。
タイトル曲は、痛烈なまでの叫びを体中で体感する事が出来るミディアム・ロックチューン
Vo.の橋本の素朴なアカペラで曲の幕が開け、それに続きすぐさま鈍重なロック・サウンドが、轟々と唸りをあげます。

”或る人に恋焦がれる”というテーマは前作と何ら変わりありませんが、今作は歌詞の表現法がうんとソフトになって、世界観も単純明快で比較的楽に飲み込めるようになっています。ですが何回か聴いているとやはりその奥深さに気づき、無性に胸が痛くなるんですよね。彼女らの放つ楽曲のパワーって、やっぱり計り知れないほどデカいと思う。

『恋愛スピリッツ』 PV



ただカップリングの『手の中の残り日』、そして『Y氏の夕方』ともに緩やかなロックで、前作のような溌剌ロックを期待していた俺としてはちょっと物足りないところがあったかな。1曲だけでも違う趣の曲があれば、それがアクセントとなって全体・1曲から感じ取るものも大きく変わってたかも。

7月5日には、初フルアルバムとなる『耳鳴り』のリリースが控えており、このアルバムでも爆発してくれる事を、今から楽しみにしています^-^

★★★★★★★☆☆☆


チャットモンチー 公式ページ


ブログランキングにも参加しています。よければクリックお願いします。(_ _(--;(_ _(--; ペコペコ

  
スポンサーサイト

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://ondon.blog56.fc2.com/tb.php/344-755d5bc3








上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。