スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

『Distance』 宇多田ヒカル 

今週から来週にかけて”宇多田ヒカル Special Week”と題してお送りしています。
今回は、2ndアルバム『Distance』(2001年3月28日発売)をレビュー。

1stアルバム『First Love』が超大ヒットを記録して、その後に発売されたシングルも軒並み大ヒット、更には2000年に行われた初のコンサートツアーも大盛況だった彼女。また、彼女がDJを務めるラジオ番組『宇多田ヒカルのトレビアン・ボヘミアン』というのが1999年から2000年にかけてレギュラー放送されていて、当時ラジオに耽っていた俺はよく聞いてました。 という彼女一色だったといっても過言ではない1999年後期~2000年を経てリリースされた2枚目のアルバムです。 

尚、今回は色々と検討した結果、やはり通常どおりのダイジェストレビュー形式を採られていただきますw・・・それでも長いけど。 ぁ

Distance 収録曲(シングルA面曲はオレンジ・カップリングは緑・注目曲は赤・シングルA面曲かつ注目曲はピンクで表示しています。)

1.Wait&See~リスク~
2.Can You Keep A Secret?
3.DISTANCE
4.サングラス
5.ドラマ
6.Eternally
7.Addicted To You(UP-IN-HEAVEN MIX)

8.For You
9.蹴っ飛ばせ!
10.Parody
11.タイム・リミット
12.言葉にならない気持ち
13.HAYATOCHI-REMIX

主な収録曲を追っていくと、
⑦に続き2枚連続でJam & Lewisがプロデュースを手がけた近未来的な趣のシングル曲①『Wait&See~リスク~』、ヒッキー本人もゲスト出演を果たした大ヒットドラマ『HERO』主題歌、繊細な乙女心を象ったような歌詞と切ないと旋律に心打たれる②『Can You Keep A Secret?』、これ以上ないというほどにクリアーなサウンドとストレートな言い回しで綴られる”君との距離”の展開が微笑ましい③『DISTANCE』、前アルバムの音楽性にもっとも近いアプローチといえるであろうディープなR&B④『サングラス』、⑪に続きGLAYのTAKUROとの共同制作楽曲で、彼女初となった荒々しいロック・チューン⑤『ドラマ』、穏和なトラックに陶酔必至の極上ラブ・バラード⑥『Eternally』、1stアルバム後初シングル・初となるCM出演・初動売上げでミリオン突破など数え切れないほどの話題を提供してくれた恋愛中毒ソング⑦『Addicted To You(UP-IN HEAVEN MIX)』、張り裂けそうなヴォーカルにやり切れなくなる⑧『For You』、パンキッシュでちょっぴりグロテスクな音楽性がむしろ気持ちいい⑨『蹴っ飛ばせ!』、作曲に久保琢郎名義でGLAYのTAKUROが参加しているソリッドなR&Bチューン⑪『タイム・リミット』、そして、前作『First Love』収録の『Interlude』の延長線上にあるといえる生活感に溢れたスローチューン⑫『言葉にならない気持ち』などなど、


1stアルバムですっかり消化しきったと思われていたR&Bに、今作でも並々ならぬ拘りを持ちつつも、同時にロックやジャズといった新しいアプローチも彼女なりの手法で次々と仕掛けており、まったく手落ちを感じさせない最高品質のポップアルバムになっております。今思えば、様々な音楽性が交錯している点から、彼女の今の音楽の”ルーツ”的ポジションに在るアルバムは、1stではなくこの2ndなんではないんかなーと思い直してます。

歌詞も、今のように若干風変わりなものに比べるとまだまだストレートで幼気で、若さからくるみずみずしさに溢れているものが多いような気がします。(②③⑥など) こういう等身大の可愛らしさも、このアルバムからはまざまざと感じ取れますよね。


宇多田ヒカル 公式ページ


ブログランキングにも参加しています。よければクリックお願いします。(_ _(--;(_ _(--; ペコペコ

  
スポンサーサイト

懐かしい。。。

このアルバム今聞いても色あせない名盤だと思いますね。
[ 2006/06/08 20:54 ] [ 編集 ]

当時、ヒッキーのDistanceが出た頃、自分も良い作品だったなあと思って聞いてましたよ。
売り上げは、デビューアルバムに比べれば落ち着きましたけど、この頃のヒッキーもとても好きでした。
[ 2006/06/08 23:27 ] [ 編集 ]

レビュー待ってました!
これもいいよねー!!
ジャンルも音使いも統一感があった1stよりも、ベースは変えずに、より幅が広がった作品になってるよね!
大ヒットの「Can you~」と「Weit&see~」は実はそれほど好きじゃなかったりするんだよねー。
たぶん原因はアレンジ。
ここまでトラックを作り込まないで、もっとシンプルの方が好きになったんじゃないかなー?って思うよ(^-^)
「DISTANCE」は文句なしの名曲だね!
歌詞も最高♪
ほかのアルバム曲だったら「サングラス」「Parody」なんかはカナリ好きだよ\(*^▽^*)/
シングルは「Adicted~」もかなりイイけど最高なのは「FOR YOU」と「タイムリミット」!!
シンプルなトラックに溢れるグルーヴ!!!
「Automatic」並みの名曲だと思ってるんだけど♪
このバリバリR&Bな「タイムリミット」のどこにPOP/ROCKのTAKUROの関与する余地があったのかが謎だけどねσ(^_^;
あまりにも思い入れがあるもんだから俺もレビューみたいになっちったよ(笑)
新作期待したいね♪
[ 2006/06/09 10:27 ] [ 編集 ]

>>柴犬さん

ですねーヒッキーの作品はどれもいつ聴いても、新しい感情を呼び覚ましてくれますよね。このアルバムも名盤すぎます。
[ 2006/06/09 16:22 ] [ 編集 ]

>>M♪Boyさん

そうですねーといっても400万枚以上も売り上げててそれでも十分凄まじいんですよねーw 1stから通して聴くと、いかにこの2枚目が際立った作品かがよく分かりますね。
[ 2006/06/09 16:23 ] [ 編集 ]

>>ポニちゃん

レビューみたいなコメントどうもありがと!w
そうそうー広がりがあるんよねー1stとは180度違った感情を次々と心に呼び起こしてくれたしw
あー確かに『Wait・・・』や『Can You・・・』はポップに作りこみすぎた気がする。でも結果的にそれが大成功しちゃったんよなぁw 
『DISTANCE』はあのちょっとつんけん気味の歌詞がたまらないw 
TAKUROの件は俺も激しくオモタよwww 『ドラマ』はともかく、『タイム・リミット』はもろR&B!ってな感じやしね。この作曲に関与してたんやと思うと、なんか不思議な心地になるわww
[ 2006/06/09 16:29 ] [ 編集 ]

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
[ 2007/09/02 03:18 ] [ 編集 ]

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://ondon.blog56.fc2.com/tb.php/338-c6582f21








上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。