スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

『恋のつぼみ』 倖田來未 

12週は終わったけど、このまま勢いは衰えなさそうね。

恋のつぼみ (DVD付)


という事で、倖田來未のニューシングル『恋のつぼみ』(5月24日発売)。

前アルバム『BEST~Second Session~』以来2ヵ月半ぶりとなる新作、タイトル曲は、稲垣吾郎主演でおなじみのフジテレビ系ドラマ『ブスの瞳に恋してる』主題歌になっている、恋に没頭する一途な女性を等身大に綴った可愛らしいポップ・チューン

今やすっかり時の人となった彼女ですが、それを受けてわざわざ意図的に自分のスタンスを変えたりせず、今回も実にナチュラルな彼女が窺えます。こういう飾らないところが世間にウケてるんでしょうね。『めちゃくちゃ好きやっちゅうねん』や『誰にも負けへんのに』といった、普段の口調そのままの関西弁を炸裂させている事も相まって、”倖田來未”の本質的な部分をまざまざと見せ付けられる1曲です。
過去にはアルバム曲『LOVE HOLIC』にて関西弁を用いた経験があり、個人的には、楽曲に個性を押し付けすぎている気がして若干あざとく感じてたんですけど、今回はもう素直に楽曲の直向さと可愛らしさに負けましたねw 今回はそこまで気にならないし^-^ ただ歌詞に絵文字は、未だにNGですけど。 ぁ

『恋のつぼみ』 PV

カップリングには、しなやかなボッサ・サウンドで聴かせる同曲の『A Cup Of Milk Tea Bossa Nova Version』を収録。

★★★★★★★★★☆


倖田來未 公式ページ


ブログランキングにも参加しています。よければクリックお願いします。(_ _(--;(_ _(--; ペコペコ

  

スポンサーサイト

ですなw

確かに、関西弁の歌詞はなんかこうグッと来るものありますねえw 『飾らないところが』ってところは確かにミソなんですよね^^
[ 2006/05/24 18:56 ] [ 編集 ]

くうちゃん嫌いじゃないですよ。

でもね、確かに彼女の歌詞は・・・・曲はいいのもありますよねv-222
[ 2006/05/24 20:24 ] [ 編集 ]

お久しぶりです^-^
忙しくて、なか②来れなくってすみませんm(__)m
ホント、彼女は人気ですよね☆
今回は、飾らずに関西弁(というより京都弁なのかな?)の歌詞が可愛いな♪って思います^▽^
PVもエロかっこいいという彼女の代名詞よりも可愛さが前面に出ていて楽しめますしね(笑)

C/Wも聞いてみたいです♪
[ 2006/05/24 23:12 ] [ 編集 ]

>>shintaさん

そなんですよねー彼女の場合、包み隠さずなキャラクターが、うるさいかどうかは別にして、まず凄く好感持てるんですよねー。楽曲に嘘がないというか、そういう部分が実に魅力的に映りますねで^-^
[ 2006/05/25 00:01 ] [ 編集 ]

>>柴犬さん

確かに、彼女の歌詞はちょっと(時としてかなり)引っかかるところはあるんですが、柴犬さんのおっしゃるとおり曲のクオリティが高いので、最近は言うほど気にならなくなりました^-^
[ 2006/05/25 00:03 ] [ 編集 ]

>>はぬるさん

おひさしぶりです!
いえいえーコメしてくださっただけでも有難いです^-^
そうですねー今回はエロよりも『可愛らしさ』を前面に押し出してますよねー。こないだ『さんまのまんま』に出演した際に、その事でさんまタソからダメ出しくらってましたww やっぱり世間は彼女の”エロ”を支持してるってことなんですかね^-^;
PVはところどころエロい衣装で出てきますよね!
[ 2006/05/25 00:06 ] [ 編集 ]

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://ondon.blog56.fc2.com/tb.php/302-6918bf69


◆「恋のつぼみ」 倖田來未

 今日はくぅちゃんネタで~す。金スマ波瀾万丈 「倖田來未 歌姫物語2」と新曲「恋のつぼみ」 の話題をアップします。 まず金スマですが、今日はパート2で大ブレイクするまでの物語でした。 4年間つき合った彼氏と別れたり、いろんなことがあったんですね。観ていて感.
[2006/05/27 14:08] URL 日本の歌姫たち






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。