スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

『Delicious Way』 倉木麻衣 

今回は倉木麻衣の1stアルバム『Delicious Way』(2000年6月28日発売)をレビュー。

デビューシングル②がいきなりのミリオン・ヒット。その後も立て続けにヒットを記録し、日本中に一大センセーションを巻き起こした彼女のこのアルバムは、約350万枚ものビッグ・セールスを記録し、モンスター・アルバムの称号を欲しいままにしました。

delicious way 収録曲(シングルA面曲はオレンジ・カップリングは緑・注目曲は赤・シングルA面曲かつ注目曲はピンクで表示しています。)
1.Delicious Way
2.Love,Day After Tomorrow
3.Secret of my heart
4.Stepping∞Out
5.Baby Tonight~You&Me~
6.Can’t get enough~gimme your love~
7.NEVER GONNA GIVE YOU UP
8.Stay by my side
9.Everything’s All Right
10.happy days
11.君との時間

 
主な収録曲を追っていくと、
アルバム曲ながらも、ファンの間では根強い人気を誇る前向き志向のポップ・ナンバー①『Delicious Way』、ヒッキーの『Automatic』とPVが酷似していると、当時物議を醸し出した衝撃のデビューシングル②『Love,Day After Tomorrow』、コナン主題歌で大ヒットした耳馴染みのいいミディアム・チューン③『Secret of  my heart』、彼女に多くの楽曲を提供しているYOKO Black.Stoneによる本格R&B④『Stepping∞Out』、こちらはYOKO自身の楽曲のカヴァー⑥『Can't get enough~gimme your love~』、M.Africkを迎えた洋楽色の強いグルーヴィーチューン⑦『NEVER GONNA GIVE YOU UP』ピュアな恋心を唄い、自身初の1位を記録した⑧『Stay by my side』、Hookの英詞パートが滑らかで気持ちいいアップ・ナンバー⑨『Everything's All Right』、そして、大切な友人について唄った切ない⑩『happy days』などなど、

R&B特有のビートをベースに、落ち着いたものからアッパーまでソツなく軒を連ね、彼女の魅力を余すことなく味わう事の出来る傑作アルバムです。特に⑤や⑩など、ミディアム・ナンバーはシングルのみならず、アルバム曲も名曲揃いです。

今やポップスに傾倒してしまっている彼女の音楽ですが、このアルバムを聴く度に、つくづく勿体無い事してるなぁと思いますね。あと欲を言うなら、もっと曲数を多くしてほしかったなぁ。(ノ´∀`*)

★★★★★★★★★☆


倉木麻衣 公式ページ


ブログランキングにも参加しています。よければクリックお願いします。(_ _(--;(_ _(--; ペコペコ

  

スポンサーサイト

やばい

懐かしいっ!!
なんか当時をめっちゃ思い出すよ~夏に聴くのがまた良かったねぇ。

そうだよね、今じゃすっかりポップな麻衣ちゃんになってる・・イメージがある。
なんかやきもきする

このアルバムはほんと、全体的に好きだったけど、しいて言うと「Stepping∞Out」が衝撃的だった・・♪
わたし的に、通じるタイプは、BoAの「SOME DAY ONE DAY feat.VERBAL 」なんだよねぇ!
あれと似た感覚で好き。笑
ごめん意味わからんくて。苦

最近の滴草由実ちゃんに対しても、わりと麻衣ちゃんと同じように思うんだよなぁ~ 
ポップ!
[ 2006/05/06 20:45 ] [ 編集 ]

このアルバム懐かしいですね。
僕もよく聞いていました。
デビュー曲や最初の頃のヒット曲は、特に好きです。
[ 2006/05/06 22:11 ] [ 編集 ]

懐かしいなぁ。
昔は好きだったんですけどね、
ベストアルバム以降は聴けなくなりました(笑)
俺は3rdアルバムが一番好きだったなぁ。
でも1stでも『Delicious Way』が特に好きだった!
・・・全て過去形です(笑)
[ 2006/05/06 22:32 ] [ 編集 ]

これは名盤ですよね。
特にNEVER GONNA GIVE YOU UPが
好きですね。あのラップ部分。
かっこよすぎます。それに比べると
今のMai-Kは…。別人ですかって感じ
(汗)。一応昨年のアルバムまでは
買ってるけど、このままだとサヨナラの予感(笑)。スタッフもあの頃を思い出せって感じですよね。
[ 2006/05/07 00:16 ] [ 編集 ]

>>ちえりさん

そうそう!これからの時期聴くと、格段にいいんよねぇ。
『Stepping∞Out』俺も大好き!実は、発売当時は『何これ?』って感じであんま興味示してなかってんけど、R&Bに興味出始めてからすっかり考え方が変わってもう最高っすよw

そやねー滴草も倉木もYOKO が手掛けた楽曲が黒さムンムンで段違いにいいから、彼女が手掛けてないと、自然に普通のポップスに感じてまうというか。二人とも最近ご無沙汰やから、ひさびさにYOKO作のパンチの強い1曲聴きたいわー。
[ 2006/05/07 12:48 ] [ 編集 ]

>>M♪Boyさん

おーM♪Boyさんもですかwいいですよねー。初期の頃のシングルはどれも秀作でしたよねぇ(ノ´∀`*)
[ 2006/05/07 12:49 ] [ 編集 ]

>>けんとさん

うん、3rdも大好きです!
昨日ひさびさ聴いてみたらやっぱり(・∀・)イイ!!w 確かに『聴かなく』という表現より『聴けなくなった』という方がしっくりくるなぁ・・。なんか近年のは面白みがないんですよね。当たり障りもないし^-^;
[ 2006/05/07 12:51 ] [ 編集 ]

>>hirocksさん

俺もサヨナラの予感・・・いや、もうとっくにしてるかww
ネバゴナは名曲ですよねー。当時ずっとミディアム・テンポのキャッチーなシングル曲が続いてたので、この曲でガラッと印象を変えてきて衝撃的でした。
[ 2006/05/07 12:52 ] [ 編集 ]

なっつかしいね♪
やっぱMai.Kの曲でもSeacret of my heartが一番好きだな~♪
おそらく洋楽聴かない日本人はキライと思われる「Never gonna give you up」が大好物です(^^)
[ 2006/05/07 18:36 ] [ 編集 ]

>>ポニーさん

なついよねーてかもう6年も前っていうのがなんか信じられんなぁ。
ネバゴナ俺も大好きw 案外大好物な人多そうやねw
[ 2006/05/08 00:07 ] [ 編集 ]

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://ondon.blog56.fc2.com/tb.php/263-69296f56








上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。