スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

『Dear WOMAN』 SMAP 

( ゚д゚)ポカーン・・・

Dear WOMAN


という事で、SMAPのニューシングル『Dear WOMAN』(4月19日発売)。

前作『Triangle』より約5ヶ月ぶりとなる新作。'04年にはCDリリース数がゼロだった彼らでしたが、”音楽活動の方を精力的に行いたい”と宣言した'05年はシングル3枚・アルバム1枚と、近年でも珍しい比較的短いスパンで新作を届けてくれています。で、今作は今年1枚目。

タイトル曲は、清涼感あるポップ・グルーヴが楽曲中で溢れ返す、すべての女性へ向けた応援・激励歌仲間由紀恵・竹内結子・観月ありさ・広末涼子・上原多香子・田中麗奈ら今をときめ・・・かない方もちらほらいますが、華やかな女優陣が出演している資生堂シャンプー『TSUBAKI』CMシングでお馴染みかと思います。

ビートの刻み方や、Aメロのキーなんかから真っ先に『Shake』を彷彿させられました。
程よいスピード感と、すぐさま脳裏に染みこんでいくキャッチーなメロディーを持ち合わせており、まさに大衆に受け入れられやすそうな”アイドル・サウンド”の極み、と言える楽曲だと思います。

ただ、皆さんの中にも俺と同じような思いをお持ちの方が多いかと思いますが、今回は歌詞があざとすぎる
女性へ向けた楽曲というのはまずタイトルの時点で重々伝わっているのに、歌詞にも『美しい』『君こそ我が誇り』といったような褒め称えるフレーズが絶え間なく登場して、本心から女性を応援・激励しているというよりかは、”ただお世辞で煽てて一時的に女性を意欲的にさせようとしている”みたいにとれてしまって、胡散臭く感じてしまってます。まあそれで、女性が前向きになれるなら結果オーライなのかもしれないですけど・・・。当方男なので、そこらへんの感情に関しては今ひとつ理解し兼ねてます。^-^;

そして彼らのヴォーカルに関してはもう言わずもがな。

カップリングの『buzzer beater』も、クリアーに響き渡るサウンドが心地よいアップ・ナンバーですが、こっちの方が全然好きだったりしますw
でも中居・・・・・。 この2曲目では特にヤバス。 ちなみにテレビ朝日系列のスポーツテーマソングになってます。

★★★★★★★☆☆☆


ブログランキングにも参加しています。よければクリックお願いします。(_ _(--;(_ _(--; ペコペコ

  
スポンサーサイト

この曲CMで聴いた限りでは結構好き!
4つ打ちビートがいい感じ♪
俺的には中居くんよりも草なぎ君の方がヤバく感じる…
ってかみんな下手だけどね(^^)★
[ 2006/04/20 17:46 ] [ 編集 ]

>>ポニーさん

だねー楽曲は俺も結構お気に!
そうそう草なぎもヤバス・・・てかキムタクが上手いと言われるのが理解出来ないんよねwカッコつけてるだけで錯覚だとオモフ^-^;

[ 2006/04/20 18:21 ] [ 編集 ]

「♪ようこそ日本へ」
つい歌っちゃいますよ。^^;
女性の応援ソングに対して男性応援ソングの方も聴いてみたいですね。
[ 2006/04/20 22:34 ] [ 編集 ]

これは曲よりも歌詞カードを開いたときが一番おぉっ!となるかも。
[ 2006/04/20 22:57 ] [ 編集 ]

>>M♪Boyさん

ですねw
エンターテインメントのプロフェッショナルが結集した彼らなら、男性Verもやりかねないかもしれないですね^-^; 
[ 2006/04/21 00:18 ] [ 編集 ]

>>ぽさん

あら、なんかあったっけ?
俺見たけどなんも感じなかったな・・・見落としてるかも!(`・ω・´)
[ 2006/04/21 00:19 ] [ 編集 ]

拓哉

v-12v-12カッコつけてるだけ・・・

だけど、カッコイイから許してやってクダサイな。
[ 2006/04/21 14:47 ] [ 編集 ]

>>ミサトさん

あは^-^;まだ神経質になるほど鼻にはついてないのでご安心を(ノ´∀`*)

[ 2006/04/21 17:28 ] [ 編集 ]

なんだかねー。サウンドはいいんだけど、この、意味もなく
女性賛歌なところがやらしくて
やだな。タイアップの絡みがあるんだろうけどね。最近は「Triangle」もそうだけど、テーマが無意味に大きめでどうもダメです。「夜空ノムコウ」とか「Shake!」とか大好きなのにな…。
[ 2006/04/23 00:08 ] [ 編集 ]

>>hirocksさん

そうそうー俺もそこがやったらと鼻に付いちゃって。90年代後期のスタンスだとそういう事もなく、素直に彼らの音楽と向き合う事が出来ますよね。
[ 2006/04/23 16:07 ] [ 編集 ]

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://ondon.blog56.fc2.com/tb.php/225-3246f740








上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。